« 平成29年度「地域情報化アドバイザー」派遣申請の受付が始まっています | トップページへ

学校給食における国産食材の使用割合は75.2%~文部科学省 (2017年07月10日)

negi170710.jpg

文部科学省が、平成28年度学校給食の栄養についての調査結果を公表しました。

完全給食を実施する公立の小学校、中学校、夜間定時制高等学校及び共同調理場、435校(場)を対象に調査を実施しています。なお、平成28年度は、熊本地震の影響を考慮し、熊本県は調査対象より除いています。

地場産物(都道府県内の食材)および国産食材の使用割合をみると、単独調理場では、地場産物は24.1%、国産食材は75.2%、共同調理場では、地場産物は29.4%、国産食材は75.2%、全国平均は地場産物は25.8%、国産食材は75.2%でした。

食材別の使用割合は一覧で掲載されています。あさつき、ししとうなどは地場産物・国産食材の割合が100%、アイスクリーム類、雑穀、すいか、メロンなどは国産食材100%でした。一方、アーモンド、カシューナッツ、バナナなどは地場産物・国産食材の割合が0%となっており、輸入食材であることがわかります。地場産物でなくても、国産食材の割合が高い食材もあります。子どもたちにとって安全で安心な食材を使用した学校給食の提供が求められます。


平成28年度学校給食栄養報告 | 文部科学省



« 平成29年度「地域情報化アドバイザー」派遣申請の受付が始まっています | トップページへ

最新記事一覧

投稿者 kksblog : 2017年07月10日 18:08


コメント
ブログ内検索
昔の記事を読む
メルマガ・RSSで読む
毎週木曜日、1週間分のニュースをまとめてお送りします(無料)。
<サンプルはこちら>

【購読はこちら】
ネタを提供する
教育に関するネタ大歓迎。お気軽にどうぞ!!



KKSブログ for mobile
mobileaccess.gif

最新15記事をご覧いただけます。


KKS Web News 教育家庭新聞(C) KKS ブログトップ