GUESTBOOK

現在、55 件の書き込みがあります

Icon 2月7日<土>19時37分:「アウトドアで人づくり・まちづくり」さん
http://www.tvo-event.com/04of/semi.htm
大阪アウトドアフェスティバル実行委員会の渡邉と申します。

私どもは関西圏において大規模なアウトドア産業展を主催し、11年を迎えます。
このたび、アウトドア産業が地域の“人づくり”、“まちづくり”に貢献できる
可能性について、各種の取り組みをご紹介するとともに意見交換を目的として
==================================================
教育関係者・自治体関係者対象フォーラム
「アウトドアで人づくり・まちづくり」
〜野外教育・自然体験からまちづくりへの発展にむけて〜
http://www.tvo-event.com/04of/semi.htm
●とき:3月6日(土)、7日(日)
●会場:インテックス大阪(大阪市住之江区)
==================================================
を開催する運びとなりました。
兵庫県教育委員会をはじめ各地の教育委員会による後援もいただいております。
対象は教育関係者・自治体関係者で両日とも定員100名。
聴講無料となっております。

教育活動を支援できる良質な野外教育・自然体験とはどのようなものなのか
先生方、教育委員会の皆様方に情報共有と議論の場を提供します。
公式ホームページをご高覧の上、ご聴講される方々を募集しております。

ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。
********************************************************
業界最大規模で開催!【第11回大阪アウトドアフェスティバル2004】
2004/3/6(土)、7(日) http://www.tvo-event.com/04of/index.html
========================================================
□□□□□大阪アウトドアフェスティバル実行委員会
■■■■■有限会社ピューパ 渡邉 隆
■■■■■〒531-0073大阪市北区本庄西2丁目18-22
■■■■■TEL 06-6292-4345 FAX 06-6292-4346


Icon 2月5日<木>17時15分:NPO法人21世紀教育研究所さん
http://www.edu21c.net/charterseminar2004.html
============================== 
★チャータースクールで学ぶ生徒が初来日!★
★チャータースクールの運営支援NPO「エドビジョン」の代表も来日★
==ミネソタ・ニュー・カントリースクールとプロジェクト学習==
===============================
主催:特定非営利活動法人21世紀教育研究所
後援:文部科学省ほか

1991年にアメリカで誕生したチャータースクール「公設民営型の公立学校」は、
この10年間で全米38州、2400校にまで広がり、約60万人の子どもが学んでい
ます。そして今、日本においては、「教育特区」の議論の中、チャータースクー
ルの取り組みが各地で注目されています。

ミネソタ・ニュー・カントリー・スクールでは7年生から12年生、日本でいう中学
校1年生から高校3年生の、およそ約130人の学生が通学しています。生徒は関心の
あるテーマを自ら選択し、テーマに基づいて学習内容を決め、個人または小さな
グループ単位でプロジェクト学習に取り組んでいます。また教師たちは1日中、
生徒たちの間を動き回りながらアドバイスをし、彼らのプロジェクトを助け
ています。

生徒は年間10テーマを選択してプロジェクト学習に取り組み、年に3回、保
護者や地域の方々も参加する形で「プレゼンテーション(学習報告会)」を行
ないます。今回のセミナーにおいては、このプレゼンテーションを生徒のみな
さんに行なっていただきます。(同時通訳あり)

【日 時】 2月15日(日) 14:00〜16:30(受付13:30)
【会 場】 日本アムウェイ株式会社 地下1階・オーディトリウム
【定 員】 350名 ※先着申込順・定員に達し次第締切
【参加費】 一般:2,500円 大学生/21C会員:2,000円
       ※当日参加は500円増・高校生以下は無料
【問合せ・申込先】 
 NPO法人21世紀教育研究所   TEL/FAX 03-5919-3155
  E-mail info@edu21c.net  Web http://www.edu21c.net/


Icon 1月21日<水>21時19分:亀岡市立大井小学校さん
http://www.el.city.kameoka.kyoto.jp/ohi/
理科教育研究発表会の御案内

<日時> 平成16年2月6日(金)
<会場> 京都府亀岡市立大井小学校
     〒621−0013
 京都府亀岡市大井町並河1−3−1
<内 容> 理科における習熟の程度に応じた課題別学習
<参加申込> メールにてお知らせください。
<その他> 詳しくはホームページを御覧ください。


Icon 12月16日<火>17時47分:仲村さん
http://www.seien-c.ed.jp/houkokukai/houkokukai.htm
浜松市学校インターネット事業報告会

◆午前の部(受付開始8:30,開会9:00):北小学校研究表,授業公開(国語・算数・図工・総合=情報活用・I T活用等)
◆午後の部(受付開始12:30,開会13:00):開会式,指定校研究発表(15小学校,7中学校,1高校),パネルディスカッション(東京工業大学教授・赤堀侃司,小中高校代表,保護者等),閉会式

※参加申込はWebページからお願いします。


Icon 12月16日<火>15時54分:野たまご野外学校さん
お世話になります。講習会のご案内をさせて頂きます。

○ 環境教育プログラム「プロジェクト・ワイルド」指導者養成講習

開催日:2004年2月11日(水、祝日)
会場:奈良県文化会館(奈良市)
時間:9時30分〜19時30分
対象:一般(18歳以上、学生可)
講師:後藤清史
参加費:9000円(プログラム費、保険、教本代4000円含む)

この講習は「プロジェクト・ワイルド」日本事務局認定の指導者養成講習です。
プログラム体験と受講者相互での指導を体験します。修了者は一般指導者に認定され、事務局より修了証が発行され登録が行われます。プロジェクト・ワイルドは体験学習法に基づいて開発され、集団活動や調査、作詞や役割劇など様々な活動で構成されています。

申し込み方法:主催者宛に、講習名・氏名(ふりがな)・年齢・性別・住所・電話番号・参加動機を明記し、メールORファクスでお申し込みしてください。主催者HPからも申し込みできます。

詳細は下記ホームページでご覧になれます。

主催者:野の塾 工房たまご(野たまご野外学校)
    Email tamagono@oct.zaq.ne.jp
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~notamago/
    〒546−0044 
    大阪市東住吉区北田辺3−5−5 後藤方
    fax 06−6719−8848

以上、宜しくお願いします。


Icon 12月11日<木>11時16分:(株)Tooさん
http://www.too.com/Tooweb/news/2003/n5prp90000000vw0.html
コミック関連教育機関及び講師の皆様に向けて第3回マンガ教育研究セミナー」を2、003年12月18日(木)及び19日(金)の2日間、Tooセミナールームにて開催します。

12月18日(木)は、デジタルマンガ協会事務局長・立野康一氏による「デジタルマンガの現状と将来」、マンガ教育研究家・稲葉哲ノ介氏による「マンガ制作のデジタル化について フォトショップvsコミックスタジオ」など、デジタルマンガの可能性と、関連ソフトウェアでのマンガ制作の進め方を中心に紹介します。

12月19日(金)は、複雑かつ高度化する日本のマンガ界において、今後、マンガ作家をどう育成していけばいいのか、マンガ家でありマンガ教育研究家の稲葉哲ノ介氏が、デビューだけで終わることなく、マンガ作家として活躍できる人材の育成法について解説します。

■主催 有限会社マンガヴィジョン

■後援 株式会社Too

■日時 1日目 2003年12月18日(木)13時30分〜17時(開場:13時)
           2日目 2003年12月19日(金)10時〜14時30分(開場:9時30分)

■会場 株式会社Too セミナールーム
     東京都世田谷区桜新町1-34-25
     (http://www.too.com/map/index.html)
     ※長谷川町子美術館より徒歩1分

■参加費 1日目/10,000円(1名様につき)
     2日目/12,000円(1名様につき/テキスト代含む)
     2日間/20,000円(1名様につき)
     ※表示価格は税込価格です。


■セミナー内容

●1日目
○「デジタルマンガの現状と将来」
 講師:デジタルマンガ協会事務局長 立野康一氏
○「マンガ制作のデジタル化について フォトショップvsコミックスタジオ」
 講師:マンガ教育研究家 稲葉哲ノ介氏
○「マンガ投稿サイト マンガ市場ドットコムとは」
 講師:株式会社アジャスト CEO 渡邊多嘉志氏
○パネルディスカッション
 パネラー:立野康一氏
      稲葉哲ノ介氏
      御嶽亜由美(アジャスト コンテンツ事業部「マンガ市場ドットコム」
            プロジェクトリーダー)
○デジタルマンガ科カリキュラムの概案と
 テキスト「マンガメイク デジタル編」の提案
 提案者:稲葉哲ノ介氏(「マンガメイク フィクション編」執筆者)

●2日目
稲葉哲ノ介氏が、マンガ家として活躍できる人材の育成法をテキストをもとに解説します。
○マンガ界の問題点とマンガ作家の育成
○マンガ制作の変化とマンガ作家を育てるための基礎知識
○マンガ制作の工程
○デビューさせるためのコツ

※稲葉哲ノ介氏プロフィール:
東京工芸大学卒。週刊/月刊少年チャンピオンにて連載。
タイ人マンガ家及び東京財団の委嘱によりUCLA(アメリカ)学生にマンガの描き方指導ほか。


■お申し込み方法
E-MailまたはFAXにて、「学校名・担当部署・役職・参加者名・参加日」をご記入のうえ、下記までお申し込み下さい。
また、あわせて、12月15日(月)までに参加費を下記口座にお振り込み下さい。
●お申し込み先
有限会社マンガヴィジョン 担当:清水郁郎 
 E-Mail shi3zu@d3.dion.ne.jp
 FAX 03-3389-8126
●お振り込み先
東京三菱銀行 中野駅前支店 普通 1549503 有限会社マンガヴィジョン


■同件に関するお客様からのお問い合わせ先
有限会社マンガヴィジョン
 E-Mail shi3zu@d3.dion.ne.jp
 TEL 03-3389-8186 FAX 03-3389-8126
 〒164-0002 東京都中野区上高田2-3-30-203 


Icon 12月11日<木>11時3分:目黒区立下目黒小学校さん
http://academic2.plala.or.jp/mesmmgeh/
目黒区立下目黒小学校 教育開発校研究発表会

テーマ・主な内容 学ぶ力と豊かな心〜各教科等の指導とコンピュータ活用を通して育てる〜:全11学級授業公開(生活科、総合的な学習の時間)、研究発表、分科会発表


Icon 12月10日<水>16時8分:三本木町立三本木小学校さん
http://sanbon-e.myswan.ne.jp/
学力向上フロンティアスクール公開研究会
テーマ:確かな学力をもち,自ら学び自ら考える児童の育成日 時:平成15年10月22日(金)9:00〜
内 容:授業公開,全体会,分科会


Icon 12月10日<水>12時7分:品川区立上神明小学校さん
http://www1.cts.ne.jp/~kamishin/
 文部科学省 研究開発学校3年次報告会
テーマ:教科の再編と小・中の一体的接続
内 容:研究開発学校3年次として、特に小学校5・6年生、中学校1年生のつながりを意識した系の学習実践を公開し、小中学校9年間を通した「系の学習指導要領」を提案します。


Icon 12月7日<日>9時31分:畠山忠さん
http://www12.tok2.com/home/keiei/
札幌市学級経営研究会「冬の研修会」
主催 札幌市学級経営研究会
後援 札幌市教育委員会 札幌市教育研究協議会
日時 1月15日(木) 10時より
場所 札幌市立真駒内南小学校
参加費 1000円
内容  学級経営パワーアップ!3学期につながる実技研修・実践    交流
    学級経営パワーアップ講座
    学級経営実践交流
    授業作り講座
    模擬授業 など


Icon 11月8日<土>18時28分:桃崎剛寿さん
http://www2.infobears.ne.jp/athome/momochan/
★第16回道徳授業改革セミナーin熊本★
「道徳授業の真髄を求めて」
【講 師】佐藤幸司(山形)・土作彰(奈良)・宮崎より名人・鹿児島長崎宮崎より模擬授業3名・桃崎剛寿(熊本)
【後 援】熊本県教育委員会 熊本市教育委員会
【日 時】平成16年1月24日(土)09:40〜16:40
【会 場】熊本市国際交流会館 6F・7Fホール


Icon 11月7日<金>12時0分:同志社大学司書課程HCD実行委員会さん
http://www1.doshisha.ac.jp/~shisho/dlf2003.html
「インフォメーション・パワー」への招待―同志社ライブラリアンズ・フォーラム2003
主催 同志社大学司書課程HCD実行委員会
日時 11月24日(月・振替休日) 午前10時から午後5時まで
場所 同志社大学 今出川キャンパス 明徳館1F(M1教室)
参加費 無料
参加申込 不要
テーマ インフォメーション・パワー 
<内容>
基調講演 渡辺信一氏(同志社大学文学研究科教授)
解説 インフォメーション・パワーと情報活用能力 
平井むつみ氏(京都女子大学非常勤講師)ほか
パネルディスカッション 1.日本のインフォメーション・パワーを検証する
2.生涯学習社会における情報リテラシー

問い合わせ先
〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6 京都外国語大学 枝元益祐 infopower@mix.ne.jp (同志社大学司書課程HCD実行委員会)


Icon 11月1日<土>22時46分:北埼玉地区社会科研究会さん
http://www.geocities.co.jp/NeverLand-Homeroom/6832/
北埼玉地区社会科研究会の井上です。12月6日に研究会を開催いたします。詳細は、本会ホームページをご覧ください。


Icon 11月1日<土>18時27分:国連世界食糧計画(WFP)イベントスタッフさん
http://www.wfp.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━国際連合世界食糧計画(WFP)
「世界の学校給食写真展」オープニングセミナー
2003年11月6日(木) 於 国連大学内 開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現在8億人いる飢餓人口のうち3億人が子どもであり、その半分は学校に通っていません。飢えは、子どもから勉学に対する意欲や能力を奪うだけでなく、精神的、肉体的な成長を阻害し後遺症を残す場合もあります。WFPでは、学校で給食および家庭に持ち帰る食糧を提供することによって、子どもの就学率と学習能力を高める成果をあげており、これはその地域が将来生産的な社会へ移行していく上で必要な人的資源の育成にも役立っています。現在では、世界60カ国以上、年間約1500万人を対象に学校給食を実施しています。

■■「世界の学校給食写真展」オープニングセミナー■■
日時: 2003年11月6日(木)午後14時〜16時半
(開場 午後13時半)
会場: UNハウス(国連大学)3階 ウ・タント会議場
*日英同時通訳あり
東京都渋谷区神宮前5-53-70
電話: 03-5467-1711
交通: 表参道下車徒歩7分/渋谷駅下車徒歩13分
参加費: 無料
定員: 300名(定員に達し次第締め切らせて頂きますので
ご了承下さい。お申し込みはお早めに)

お申込方法: 「11月6日学校給食セミナー参加希望」と明記の上、御芳名、御所属(企業・団体名・学校名、部署・学部名まで記載願います)、御住所、電話番号、ファックス番号、Eメールアドレスを記載しご連絡ください。返信先は以下の通りです。
Eメール event@wfp.or.jp 
FAX  03-5766-5212

尚、詳細は詳細はこちらのWFP日本事務所のホームページ上でもご覧になれます
http://www.wfp.or.jp/06/event/e031106b.html

プログラム:
1400-1410 ご挨拶 WFP日本事務所代表 玉村 美保子
1410-1420 日本政府関係者ご挨拶 外務省国際社会協力部長  石川 薫
1420-1440 WFPの学校給食について シーラ・シズル
WFP事務局次長(政策・渉外担当)
1440-1600 パネルディスカッション:世界の学校給食
ファシリテーター:小谷真生子 キャスター
パネリスト:シーラ・シズルWFP事務局次長
金田雅代 文部科学省スポーツ・青少年局  学校健康教育課学校給食調査官
カンベンガ・マリールイーズ 
NPO法人「ルワンダの教育を
考える会」副理事長
他1名調整中
1615-1700 レセプションおよび世界の学校給食試食会

イベントに関するお問い合わせ
担当:簗井/立石 電話:03-3499-3262

報道関係者からのお問い合わせ
広報官:高山美和  電話:045-221-2510


Icon 10月27日<月>22時51分:河村卓丸さん
http://www.kamakurasho.edhs.ynu.ac.jp/
16年1月29日(木)・30日(金)・2月5日(木)・2月6日(金)の4日間の日程で、本校の全教官が公開授業を行います。授業をもとに、明日の教育について語り合いましょう。詳細は、本校Webサイトをご覧下さい。


Icon 10月27日<月>22時49分:河村卓丸さん


Icon 10月24日<金>14時57分:むさしの自由学校さん
<暉峻淑子(てるおかいつこ)先生 講演会のお誘い>
テーマ:不安な社会に生きる子どもたち
 −いま社会と教育に何が求められているのか−

開催日時:2003年12月7日(日)
  PM2:00〜4:00 (受付1:30〜)

場  所:武蔵野芸能劇場 小劇場
☆JR三鷹駅北口駅前徒歩1分(線路沿い)

参加費 : 予約1000円/当日1200円

主 催 :むさしの自由学校
協 力 :NPO東京シュタイナーシューレ

お問合せ・お申し込み:tel&fax:0422-51-7173(上野)or 0422-41-3392(豊田)
E-MAIL:jiyugakkou@yahoo.co.jp

<講演者プロフィール>
1928年大阪府生まれ。法政大学大学院博士課程を修了し、現在は埼玉大学名誉教授。
専攻は生活経済学。バブル絶頂期の日本社会に警笛を鳴らした著書『豊かさとは何か』(岩波新書)はベストセラーに。
近著『豊かさの条件』(岩波新書)では、閉塞している日本社会の向かうべき方向性について改めて問い直している。

<講演概要>
昨今、若年層の自殺・ひきこもり・不登校児の増加に加え、少年犯罪の低年齢化が大きな社会問題となっています。
今年7月には、わずか12歳の少年による幼児の殺人事件、そして同じく12歳の少女達の監禁事件など、幼い子ども達が犯罪の主役となるショッキングな事件が立て続けにおこりました。彼らが加害者であれ、被害者であれ、実際にはこれらの事件にかかわったすべての人々が歪んだ現代日本社会の被害者であると言えるのではないでしょうか。
いま、教育基本法の改正をはじめとし、教育についての見直しの必要性がさかんに叫ばれています。しかしながら、子どもたちは、学校においてのみ生きているのではなく、まさに社会そのものの中で生きているのです。市場万能社会の限界の中で、教育システムの表面だけを変えてみたところで、真に豊かな教育が実現することはないでしょう。社会全体が変化していかない限り、教育にも明るい未来は見えてきません。本当に豊かな社会とは何なのか、そのような社会を実現する道はあるのか、そしてこの「不安な社会に生きる子どもたち」のために、どのような社会と教育を私達は用意することが出来るのか・・。その可能性について考えてみたいと思います


Icon 10月9日<木>21時33分:IT Education Initiative 情報教育研究会事務局 山内眞理さん
http://www.it-ei.net/study/issue/issue_enq.html
教科「情報」アンケートのご協力をお願いしております。高等学校の教科「情報」の先生方、「情報」を半年実施されての様子をぜひお聞かせください(上のURLをクリック)!!!
当情報教育研究会はIT教育について考え、さまざまな分野や立場の方(小学校、中学校、高校、高専、専門学校、短大、大学、企業、一般人etc.)がつどい、情報交換できる場を提供することを目的に運営しております。8月に実施しましたシンポジウムの様子や面白い情報教育を実施されている学校のインタビューなどを掲載しております。ぜひ一度お立ち寄りください。
http://www.it-ei.net/


Icon 10月1日<水>12時21分:コズミックカレッジ事務局さん

★コズミックカレッジ・エデュケータコース新潟★

宇宙をテーマにした科学教育普及のための指導者向けプログラムです。総合学習や選択理科、実験教室などの情報収集の場としてお気軽にご参加ください。

日時:10月18日(土) 10:00〜16:00
場所:新潟県立自然科学館
対象:学校教諭、青少年団体指導者など
費用:無料(昼食支給)

内容:○講演
    ・日本の宇宙科学の最新の成果と今後の活動につい     て、現場の研究者からご紹介します。
    ・科学教育の新しい考え方としての「宇宙教育」に     ついてご紹介します。
   ○教材演習 
    ・宇宙を取り上げた実験プログラムの演示と実習を     行います。

申込方法:下記事務局に氏名(フリガナ)、住所、電話番号、
     所属団体名(学校名やサークル名など)をご連絡     ください。

★「コズミックカレッジ」についてくわしく知りたい方は、http://spaceboy.nasda.go.jp/spacef/cosmic/index_cosmic.html をご覧ください。

<申込・問合せ>
 (財)日本宇宙少年団 コズミックカレッジ事務局
 Email cosmic@yac-j.or.jp
 〒104-0043 東京都中央区湊2-2-8 CKビル5F
 TEL.03-5542-3253 FAX.03-3551-4870
 URL  http://www.yac-j.or.jp/
*会場の方へも直接お申込いただけます。( nsm@coral.ocn.ne.jp )

<主催>宇宙航空研究開発機構(JAXA)、(財)日本宇宙少年団(YAC)
<共催>新潟県立自然科学館
<後援>文部科学省(予定)


Icon 9月18日<木>11時46分:野たまご野外学校(野の塾 工房たまご)さん
http://www5e.biglobe.ne.jp/~notamago/
○ 環境教育プログラム「プロジェクト・ワイルド」指導者養成講習

開催日:12月7日(日)
会場:奈良県文化会館(奈良市)
時間:9時30分〜19時30分
対象:一般(18歳以上、学生可)
講師:後藤清史(プロジェクト・ワイルド上級指導者)
参加費:9000円(プログラム費、保険、教本代4000円含む)

この講習は「プロジェクト・ワイルド」日本事務局認定の指導者養成講習です。
プログラム体験と受講者相互での指導を体験します。修了者は一般指導者に認定され、事務局より修了証が発行され登録が行われます。プロジェクト・ワイルドは体験学習法に基づいて開発され、集団活動や調査、作詞や役割劇など様々な活動で構成されています。
野外活動等の指導者や先生方の習得により総合的な学習の時間にも活用されています。

申し込み方法:主催者宛に、講習名・氏名(ふりがな)・年齢・性別・住所・電話番号・参加動機を明記し、メールORファクスでお申し込みしてください。

詳細は下記主催者のホームページでご覧になれます。


主催者:野の塾 工房たまご(野たまご野外学校)
    Email tamagono@oct.zaq.ne.jp
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~notamago/
    〒546−0044 
    大阪市東住吉区北田辺3−5−5 後藤方
    fax 06−6719−8848


Icon 9月16日<火>16時28分:インテル情報教育教員支援フォーラム事務局さん
http://www.intel.co.jp/jp/education/1129.htm
インテル(R)情報教育教員支援フォーラム
           
教育の現場において、最新のテクノロジを利用した効果的な授業の実現をめざし
開発された Intel(R) Teach to the Future。その受講者の皆さまをはじめ、広く
小・中・高の教員の方々を対象にした「インテル(R) 情報教育教員支援フォーラム」
を今年も大阪で開催いたします。
(受講者の方のみならず、教員の方、教育委員会関係者の方々にご参加いただけます。)
今回は i モードの生みの親であり、「日経ウーマン誌」主催の「ウーマン・オブ・ザ・
イヤー 2000」にも選ばれた松永氏をゲストスピーカーとしてお迎えいたします。
また、海外からも情報教育の分野で現在ご活躍の先生をお招きし、教育現場の現状、
また授業の実践事例などについてご紹介いただきます
(海外からの講演者には、同時通訳をご用意いたしております)。

是非ご参加いただき、交流、情報交換の場としていただければ幸いです。

・日時、会場:
 11月29日 (土) 受付10:30〜 開始11:00〜終了17:00
 大阪コロナホテル 別館
 大阪市東淀川区西淡路1丁目3番21号

・フォーラム参加費 : 無料(軽食のご用意をしております)

・フォーラムについての詳細は
 http://www.intel.co.jp/jp/education/1129.htm
 をご覧下さい。

・フォーラムに関するお問い合わせ
 情報教育教員支援フォーラム事務局 担当:浅井
 〒543-0021
 大阪市天王寺区東高津町4-1
 TEL:06-6768-2349
 E-mail:forum@lab-warp.ne.jp

※「インテル(R) 情報教育教員支援フォーラム事務局」
(TEL:06-6768-2349)の業務は、
「インテル株式会社」の依頼により、
「株式会社キャリアリンク」が行なっています。


Icon 8月28日<木>11時29分:新潟大学教育人間科学部附属新潟中学校さん
http://jhs.niigata.ed.niigata-u.ac.jp/
○ 大会名 平成15年度中学校教育研究発表会
○ 期日  平成15年11月7日(金)
○ 会場  新潟大学教育人間科学部附属新潟中学校
○ 研究主題 「学びを自覚していく授業」(第2年次)
○ 内容
  ー業公開
     自己評価活動を通して自ら学習を進める生徒の姿を,全必修教科で公開  
 ◆仝Φ羔┻腸
  講演会
    「学びの自覚を育てる学習指導と評価〜その考え方・在り方を探る〜」
   講師:愛知教育大学 教授 魚住忠久様
○ 問い合わせ,申込先
  名称:新潟大学教育人間科学部附属新潟中学校
  住所:〒951−8535 新潟市西大畑町5214番地
  電話等:TEL 025(223)8341
       FAX 025(223)8351
       URL http://jhs.niigata.ed.niigata-u.ac.jp/


Icon 8月8日<金>21時11分:住田さん
http://www.honcho-es.city.yokohama.jp/
11月21日(金)
会 場 横浜市立本町小学校(神奈川県横浜市中区花咲町3-86 tel:045-231-0141)
テーマ 学ぶ楽しさを味わい、自ら学びを高める子の育成
    〜個をみつめ、個を生かす授業づくり〜
内 容 公開授業・研究会
●講師 市川伸一(東京大学教授) 額田順二(横浜国立大学助教授)横浜市教育委員会指導主事
連絡先 ●申し込み 横浜市立本町小学校 校長 大平 力
FAX:045-262-5065
その他 ●CDロム販売(教育課程・研究紀要等)


Icon 7月21日<月>23時34分:上西 好悦さん
http://uenty.cside1.com/teacher/index.html
この夏に  (といっても、もうすぐですが)
京都で教育フォーラムを開催します。

告知が遅れて、焦っている状況です。

今回特に、まぐまぐの大川社長に参加していただくのが目玉となっています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

『2003年 京都サマーフォーラム』のお知らせ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 この夏に「教師のスキルアップ」を図りましょう!

松下一世さんの人権講座
 まぐまぐの大川社長を迎えてのパネル
 その他にも、すぐに役立つ講座を用意しています。

■ フォーラムの趣旨   テーマ「教師のスキルアップ」

  教師の真のスキルアップは、自主的な行動からこそ図れると思いませんか。
  京都サマーフォーラムでは、現場教師にスグ役立つ講座を用意しました。
  このフォーラムのちょっとしたネタが、
  きっと明日からの教育活動に生かされるハズです。

  もうひとつの魅力は全国の仲間と出会いの場であること。
  仲間ができる、交流できる、そして視野を広げることができる。
  京都サマーフォーラムは「出会い」もコーディネートします。

  この夏、自身のスキルアップは自らの行動=参加申し込み、から (^_^)v。
  みなさんの参加をお待ちしています。


■ 期日 2003年8月8日(金)
■ 会場 京都リサーチパーク 4Fサイエンスホール
    〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
○京都駅よりJR山陰線(嵯峨野線)に乗車、丹波口駅下車 西へ徒歩5分
○京都駅よりタクシー 約10分

■ 参加対象 全国の小・中・高等学校の教職員および教育委員会職員など、
       教育関係者の方ならどなたでもご参加いただけます。

※今回は、まぐまぐの大川社長をお迎えしてのパネルディスカッションを
   企画しています。この講座は一般の方・学生の方の参加も大歓迎です。

■ 参加費  2000円
     (当日、会場にて)
■ 主催
  ★ ML「ちょっと教育を語ろう」  
      代表 上西 好悦
             京都教育大学教育学部 附属京都中学校
  ★「京都サマーフォーラム」事務局  
  
■ 協賛   アントレプレナーシップ開発センター
       帝国書院
       JR四国コミュニケーションウェア

■ 日程 8月8日 (金曜)
 9:30 開場
10:15 開会行事
10:20 講座1 コンピュータの授業やちょっと役立つ事例交流
11:30 講座2 授業実践「ふるさと学習」について
12:30 昼食  昼休み
13:30 講座3 松下一世さんの人権講座    
15:00 講座4 大川社長を迎えてのパネルディスカッション     
16:30 閉会行事

■このフォーラム受講希望の方は下記の項目を明記の上、
   上西宛にメールでお申し込みください。 uenishi@mxt.mesh.ne.jp
    Webからの申し込みも可能です。
              http://uenty.cside1.com/teacher/index.html  
※ 当日の参加も大歓迎です。

   ▼参加申し込みのメールフォーム
     ●件名 「京都サマーフォーラム参加希望」
       □ 氏名
       □ 所属先名
       □ 連絡・電話 (必ずではありません)

■ 発行責任者
    ML「ちょっと教育を語ろう」
 京都サマーフォーラム事務局
代 表 上 西  好 悦 uenishi@mxt.mesh.ne.jp
            http://uenty.cside1.com/teacher/index.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
以上





Icon 7月16日<水>15時38分:(社)青少年交友協会さん
文部科学省補助事業
「日中野外文化教育指導者交流」 参加者募集
(第23回北京かち歩き大会と 第1回 日中共同野外生活体験)

主催 (社)青少年交友協会
共催 北京市青年連合会、北京市学生連合会、北京市壊柔県政府、北京師範大学
後援 文部科学省、在中国日本国大使館、中華全国青年連合会
協賛 株式会社リコー

 今日の国際社会は、ますます相互依存の関係を深め、政治・経済面のみならず、社会・文化の分野においてもより一層相互の理解と協力が必要となっています。
 そこで、日本と中国の野外文化教育指導者が「21km北京かち歩き大会」「野外生活体験」等の具体的な共同体験により交流を図り、国際親善と指導者の資質向上を目的として実施します。

<日時> 平成15年9月12日(金)〜19日(金) 7泊8日
<内容> 第23回 北京かち歩き大会    平成15年9月14日(日)
       第 1回 日中共同野外生活体験 平成15年9月16日(火)〜18日(木)
       (本事業修了者には修了証授与)
<募集人員> 20名
<参加費>  9万5千円(補助金対象者:16〜30才)
   12万5千円(一般:31才以上)       
* 成田―北京の往復渡航費、滞在費、食費を含みます。
* 但し、査証代・懇親会代は別途になります。
<応募資格>日本国籍を有し、16才以上で、心身ともに健康で団体生活ができる方
<申込締切り>定員になり次第締切り

日程(予定)
月日 内容 宿泊場所
9月12日(金) 午前:成田発           午後:北京着 新北緯飯店
9月13日(土) 北京市郊外見学 同上
9月14日(日) 第23回 北京かち歩き大会北京市壊柔市センターを出発し、慕田峪を到着点とする21kmのコースを耐久徒歩夜:人民大会堂にて懇親会 同上
9月15日(月) 北京市内見学 同上
9月16日(火) 第1回 日中共同野外生活体験 野外泊
9月17日(水) 同上 同上
9月18日(木) 同上 新北緯飯店
9月19日(金) 午前:北京発           午後:成田着

問い合わせ先
社団法人 青少年交友協会
事務局 〒102-0083
東京都千代田区麹町4-5第七麹町4-5
第七麹町ビル56号
TEL 03-3262-7471
FAX 03-3262-7472
http://www.din.or.jp/~kouyuu E-mail: kouyuu@din.or.jp


Icon 7月16日<水>13時32分:IC3センターさん
http://ic3.odyssey-com.co.jp/

◆◇◆ 学校関係者向け IC3説明会  (参加費無料) ◆◇◆ 

弊社オデッセイ コミュニケーションズでは、昨年11月より、コンピュータや
インターネットの基礎的な知識とスキルを測定できる世界共通の認定試験
「IC3(アイシースリー)」を日本でスタートいたしました。
IC3は、現在、世界78か国で実施され、米国大手派遣会社やイタリア内務省など、
さまざまな分野で導入されています。中でも教育分野においては、アメリカを
はじめ各国で導入が進んでおり、日本でも高校、専門学校や短期大学、
また大学を中心にして、IC3を正規カリキュラムとして、またはエクステンション
プログラムのメニューとして組み込む事例が増えてまいりました。
この度、「学校関係者向けIC3説明会」を下記の通り実施いたしますので、
ぜひ、ご参加いただけますようお願い申し上げます。

■ 日 時 ■------------------------------------------------------
大阪 : 2003年7月26日(土) 13:30〜15:00
東京 : 2003年8月2日(土) 13:30〜15:00

■ 場 所 ■------------------------------------------------------
大阪 : 富士通マイゼミナール ツイン会場
(大阪府大阪市中央区城見2-1-61 TWIN21 MIDタワー5階)
東京 : オデッセイ テスティング センター
(東京都千代田区丸の内3-3-1新東京ビル)

■ 内 容 ■------------------------------------------------------
IC3の概要および導入事例のご紹介、デモンストレーション、質疑応答など

■ お申込み方法 ■------------------------------------------------
IC3公式サイト IC3説明会専用フォームからのお申込み
* 現在、お申込み受付中です。
http://ic3.odyssey-com.co.jp/briefing.html

■ お申込締切日 ■------------------------------------------------
2003年7月18日(金)
* 定員になり次第、受付を終了いたします。

■ お問い合わせ ■------------------------------------------------
(株)オデッセイ コミュニケーションズ テスティング・サービス部 IC3センター
TEL : 03-5293-1890


Icon 6月20日<金>11時31分:(社)日本乳業協会さん
奈良県牛乳・乳製品セミナー(参加費無料)
日時:7月25日13:00〜16:00
場所:橿原市文化ホール(かしはら万葉ホール)5階レセプションホール
   橿原市小房町11番5号
対象:家庭科教諭・養護教諭・学校栄養職員・栄養士
内容:「健康な一生をおくるために」
      ―成長期の運動と健康づくり―
    講師 京都大学大学院教授 学術博士 森谷 敏夫先生
    ◎ご専門は応用生理学とスポーツ医学。骨形成と運動の効果やカルシウム不足と健康の関係について研究されています。また、運動不足病といわれる生活習慣病における運動の重要性を説かれ、有酸素運動を推奨されておられます。

 尚、10:00〜12:30骨密度測定を行います
 希望者(先着100名)当日受付(5階特別室)

お申し込み
締め切り:7月7日 定員250になり次第締め切らせていただきます。
お名前、ご住所、勤務先、整理券送付先を明記の上お申し込み下さい。


お問い合わせ・申し込み先      
(社)日本乳業協会 関西消費者相談室
TEL06−6350−3664 FAX06−6350−3665
〒532−0004 大阪市淀川区西宮原1-8-33日宝新大阪第2ビル404
  


   




Icon 6月18日<水>17時24分:畠山忠さん
http://www12.tok2.com/home/keiei/
札幌市学級経営研究会 夏の研修会
7月28日(月)10時から
場所 札幌市立新川小学校
内容 学級経営パワーアップ講座
   模擬授業
   学級経営交流会
   実践交流会
講師 札幌市学級経営研究会会員
参加費 1000円


Icon 6月18日<水>13時25分:(社)日本乳業協会さん
新潟で食育に関するセミナーを開催します。

*****************************
 牛乳・乳製品セミナー (参加費 無料)

日時 6月27日(金)13:00〜15:30(開場12:30)
会場 新潟市民芸術文化会館(りゅ〜とぴあ)
    新潟県新潟市一番堀通町3(白山公園内)
々岷蕁 峽鮃な一生をおくるために」
   〜ライフスタイルと食育を考える〜
 講師 女子栄養大学助教授
     栄養学博士 上西 一弘先生
  ◎ご専門は栄養生理学。「人におけるカルシウムの吸収・利   用を研究。また、中・高校生の「食」と「健康」について3年   間にわたり調査し、若者の牛乳摂取と身体状況について発   表されています。
▲咼妊「学校給食用牛乳パックとリサイクル」

 お問い合わせ・お申し込み
(社)日本乳業協会 消費者相談室
 TEL 03−3261−8821
 FAX 03−3261−9175
〒102-0073 東京都千代田区九段北1−14−19乳業会館4F

※定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申 し込みください。お名前、ご住所をお知らせください。折り返 し、入場券をお送りいたします。


Icon 6月5日<木>17時29分:渡辺幸重さん
http://www.it-seminar.org/
 学校の教職員、学校経営者、教育行政担当者のための
「情報教育研究大会『学校でのIT人材育成を考える』」
・2003年7月1日12:30開場、13:30〜講演、事例、17:00〜交流会・教材体験
・会場/東京・アルカディア市ヶ谷(私学会館)5階穂高の間
・主催/「情報教育研究大会」実行委員会
・後援/文科省(予定)、都教委、JAPET、CEC、私情協など
・協賛/サン・マイクロシステムズ、シスコシステムズ、マクロメディア、インテル
・講演/北川正恭・前三重県知事、標玉・文科省課長、教員、協賛企業
・申込み/氏名、学校名、役職、連絡先、交流会参加の有無などを記入の上、seminar@it-semina.org またはFAX03-5226-5257へ。問合せは03-3263-8966


Icon 5月23日<金>12時21分:(社)青少年交友協会さん
http://www.din.or.jp/~kouyuu
2003年夏休み      日本・アセアン交流年2003記念事業

日本・アセアン 子ども遊び大会
(ベトナム ハノイ・ タイ バンコク)
7月26日(土)~8月2日(土)
派遣団員募集
主催 社団法人 青少年交友協会
後援 文部科学省・国際交流基金・在ベトナム日本国大使館・在タイ日本国大使館
協賛 日本万国博覧会記念協会

2003年、ベトナム・タイなどアセアン諸国で日本をもっと知ってもらうために日本・アセアン交流年として記念行事が行われます。当協会ではこれまでの英国、韓国に続き、ベトナム・タイで現地の青少年とお互いの野外伝承遊びを披露し合う「日本・アセアン子ども遊び大会」への派遣団員を募集しています。

☆ 期  日 平成15年7月26日(土)~8月2日(土) 7泊8日
☆ 場  所 ベトナム・ハノイ、タイ・バンコク
☆ 応募資格 小学5年生以上〜高校生以下(補助対象者)と一般
☆ 参 加 費(予価) 125,000円(補助対象者)、180,000円(一般)
☆ 定  員 補助対象者30名、一般10名
☆ 内  容 ハノイとバンコクで日本の野外伝承遊び(竹とんぼ、こま、お手玉など)を当協会の野外文化活動指導員が指導し実技披露し、ベトナム・タイの野外伝承遊びを現地の共催団体の専門指導者より各国の子どもたちと一緒に習いながら国際交流を図ります。
☆ 日  程 
日 時 発着・   滞在地       日 時     発着・   滞在地
1 7/26(土) 成田発  ハノイ着      5 30(水)  バンコク子ども遊び大会
2 27(日) ハノイ子ども遊び大会      6 31(木)  バンコク子ども遊び大会
3 28(月) ハノイ子ども遊び大会      7 8/1(金)  市内見学(バンコク近郊)
4 29(火) ハノイ発バンコク着      8 8/2(土)  バンコク発   成田着


詳細日程は一部変更もあります。
ベトナム共催団体: ベトナム民俗博物館
タイ共催団体: 王立ラジャブハタ大学ペチュブリウイタヤロンコーン
詳細、申込み先:(社)青少年交友協会
住所 〒102−0083 東京都千代田区麹町4−5 第7麹町ビル56
TEL03-3262-7471 FAX03-3262-7472 URL http://www.din.or.jp/~kouyuu
E-mail kouyuu@din.or.jp

2003年夏休み                     日本・アセアン交流年2003記念事業
日本・アセアン 子ども遊び大会 申込用紙
(ベトナム ハノイ・ タイ バンコク)
7月26日(土)~8月2日(土)
派 遣 団 員 応 募

ファックス番号 03−3262−7472
(社)青少年交友協会 御中

「日本・アセアン子ども遊び大会」参 加 申 込 書
氏   名 〒  住        所 性別 生年月日 



保護者氏名 電  話 ・ ファックス メールアドレス


この事業をどこで知りましたか?:新聞・ホームページ・友達 その他
日本の遊びであなたが得意とするのは何ですか?:竹とんぼ・こま・お手玉・石当て・石蹴り
これまでに海外に出かけた事がありますか?:ない・ある(北米・アジア・欧州・その他)


Icon 5月15日<木>22時32分:momoさん
はじめまして。講座のご案内をさせてください。
******************************************************
 講演会『思春期の性』
 講師 和田 由香氏
(医師、つくぱ国際短期大学講師、上級思春期保健相談員他)

思春期の子どもをお持ちの方、またはこれから迎えられる方、「性」について子どもに何を教えるべきか考えてみませんか?

 日時 2003年6月6日(金) 10:00〜12:00
 場所 かながわ県民活動サポートセンター 711号室
 募集人数 50人
 参加費 1000円
 ☆定員になり次第締め切らせていただきます。お問い合わせください。
〈お申し込み&お問い合わせ〉
 ゆう事務局 t/f 045-742-7906


Icon 4月21日<月>19時20分:MOUS運営事務局さん
http://mous.odyssey-com.co.jp/
企業・教育機関向けMOUS試験説明会のご案内

マイクロソフトが主催する、Microsoft Office製品の各アプリケーションソフトの利用能力を判定する世界共通の資格認定制度、MOUS試験。最近では、研修・教育における活用や、業務効率化のための取得推奨など、企業におけるMOUS試験の採用が増えてきております。
この度、弊社オデッセイ コミュニケーションズでは、企業内のIT化と人材採用・育成についてのプレゼンテーションを交え、「企業・教育機関向けMOUS試験説明会」を下記の通り実施いたします。
その他、MOUS試験のデモンストレーションをご覧いただけるブースやMOUS試験に関するご相談コーナーなどもご用意しております。ぜひご参加を賜ります様よろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------
【日 時】 2003年5月15日(木) 14:00〜16:00
【場 所】 梅田スカイビル タワーウエスト22階 会議室 A
住 所: 大阪市北区大淀中1-1-88 
【対象】  MOUS試験の採用をご検討されている企業・教育機関のご担当者
【定員】  80名   (参加費無料)
【予定プログラム】
●MOUS試験概要と導入事例のご紹介
●「人材派遣とMOUS試験との相関関係について」 
株式会社パソナ 関西営業統括部 梅田支店 
ソリューション営業担当マネージャー 宮田 健二 様

【お申込み期間】  2003年4月8日(火)〜
   ※定員になり次第受付を終了いたします。
【お申込み方法】  下記いずれかの方法でお申込みください。
●MOUS試験公式サイト(http://mous.odyssey-com.co.jp)専用フォームからのお申込み
●MOUS運営事務局(03-5293-1881)までの電話にてお申込み

-------------------------------------------------------


Icon 4月21日<月>19時12分:MOUSさん


Icon 4月12日<土>19時58分:横浜女性フォーラム 事業課さん
http://www.women.city.yokohama.jp/cgi-bin/evntdetail.cgi?evnt=1329
★)怒りをとき放つ!非暴力アクションワークショップ 4/19

世界各地でいじめや暴力の本質を訴え続ける,アンディ・ヒクソン氏による,演劇などの手法を使い,暴力に頼らずに,怒りの感情に対処する方法を学ぶワークショップです。
◎とき
 4月19日(土)
◎ところ
 横浜女性フォーラム(JR・市営地下鉄戸塚駅より徒歩7分)
◎講師
 アンディ・ヒクソン
 (インターナショナル創作芸術家・映画製作者・作家)
◎参加費
 5,000円
◎募集人数
 35名
◎申込締切
 先着順
◎保育
 あり 予約制(1歳半〜未就学児 有料)
◎問合せ・申込先
 横浜市戸塚区上倉田町435-1
 TEL: 045-862-5052


Icon 3月17日<月>13時37分:suzukenn1@hotmail.comさん
写真を並べて、オーダーメードでビデオを作っております。 7分迄1万円。 
結婚式のプロフィールビデオや同窓会等の集まりの記念ビデオ等に御利用下さいま
せ。
御連絡、詳細についての質問は、suzukenn1@hotmail.comまで。

尚、紹介して下さった方には、どなたでも、1件につき、2000円差し上げます。

また、5000円を得られる料金プランもございますので、是非、メール下さい。


Icon 2月13日<木>22時53分:野たまご野外学校さん
http://www5e.biglobe.ne.jp/~notamago/
○プロジェクト・ワイルド指導者フォローアップ講習
「ティーチバックを使って経験を増やす。」

開催日:3月30日
会場:奈良県文化会館(奈良市)
時間:10時〜16時
対象:P・W指導者(ファシリテーター参加可能)
参加費:3000円
講師:後藤清史(野の塾 工房たまご代表)
内容: プロジェクト・ワイルド指導者対象の補助講習。
受講者の要望を取り入れつつ指導技術の向上と再度の指導実践による経験プログラム数の増加を目的に行います。指導経験に関わらず参加可能です。


○ 環境教育プログラム「プロジェクト・ワイルド」指導者養成講習

開催日:4月6日
会場:奈良県文化会館(奈良市)
時間:9時30分〜19時30分
対象:一般(18歳以上、学生可)
講師:後藤清史
参加費:5000円(教本代4000円別途必要)
この講習は「プロジェクト・ワイルド」日本事務局認定の指導者養成講習です。
プログラム体験と受講者相互での指導を体験します。修了者は一般指導者に認定され、事務局より修了証が発行され登録が行われます。プロジェクト・ワイルドは体験学習法に基づいて開発され、集団活動や調査、作詞や役割劇など様々な活動で構成されています。

申し込み方法:主催者宛に、講習名・氏名(ふりがな)・年齢・性別・住所・電話番号・参加動機を明記し、メールORファクスでお申し込みしてください。

詳細は下記ホームページでご覧になれます。


主催者:野の塾 工房たまご(野たまご野外学校)
    Email tamagono@oct.zaq.ne.jp
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~notamago/
    〒546−0044 
    大阪市東住吉区北田辺3−5−5 後藤方
    fax 06−6719−8848


Icon 2月12日<水>16時7分:国際教育シンポジウム事務局さん
http://www.jeric.gr.jp/sympo2003/sympo2003.html
ご担当者各位

こちらは国際教育シンポジウム事務局でございます。

このたび「21世紀のe-education 日米の展望」をテーマに、下記の通り、
国際教育シンポジウムを開催いたします。

本日より受付開始となっておりますので、ご多忙の折とは存じますが、
小学校、中学校の先生方をはじめ、広く教育関係者の皆様にご参加
頂きたく、何卒よろしくお願いいたします。
http://www.jeric.gr.jp/sympo2003/sympo2003.html

また、ぜひとも本テーマにご関心のある方やメーリングリスト等へご周知
いただきたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。


◇以下転載可
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 国際教育シンポジウム:「21世紀のe-education 日米の展望」  
 http://www.jeric.gr.jp/sympo2003/sympo2003.html
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

日米の第一線で活躍されている先生方を講師としてお迎えし、
e-educationの実践を報告して頂きます。その後、パネルディス
カッションで、日米のe-educationの特徴と相違点を比較検討し、
会場の参加者からの質疑応答も交え、今後の展望を探ります。 

【主  催】 早稲田大学、早稲田大学IT教育研究所
【共  催】 東京アメリカン・センター、関西アメリカン・センター、
       米国大使館商務部、メディア教育開発センター、
       財団法人 製品輸入促進協会
 
【対 象】 教育関係者、一般
【参加費】 無料  [資料代:1,000円] 
 
■東京会場■
【日  時】 平成15年3月9日(日) 9:30〜17:30
【場  所】 早稲田大学国際会議場「井深大記念ホール」
 
■京都会場■
【日  時】 平成15年3月11日(火) 9:30〜16:30
【場  所】 京都リサーチパーク(KRP)


【プログラム内容】----------------------------------------
 会場により、プログラム構成、講演者が若干異なります。
 *全講演とも通訳あり

◆特別講演
 (1)「米国の教育におけるテクノロジーについて」
 (2)「日本の教育の動向について」

◆講演&ワークショップ
 ・米国: Office of Educational Technology, Office of the Secretary,
              U.S. Dept of Education    Ray Myers先生
 ・米国: Irving Unified School District Irving Texas. 
                           Jennifer Anderson先生
 ・日本: 愛知県半田市立亀崎小学校      教諭 丹波信夫先生
 ・日本: (東京)墨田区立墨田中学校      教諭 三橋秋彦先生
 ・日本: (京都)同志社国際中学校・高等学校 教諭 中川好幸先生 

◆パネルディスカッション
 ・東京コーディネータ: 静岡大学    助教授 堀田龍也先生
 ・京都コーディネータ: 大阪教育大学 助教授 田中博之先生
 ・パネリスト: 上記講演者、企業教育事業担当者 他

◆コミュニケーションワークショップ
  会食をしながらの意見・情報交換会および交流会 
 
★企業による展示あり。

■参加申し込み■----------------------------------------
 本日より、WEBでの参加申込受付中です。
 http://www.jeric.gr.jp/sympo2003/sympo2003.html よりお申込みください。

■お問い合わせ■----------------------------------------
  国際教育シンポジウム事務局 (担当:東井・麻生)
  TEL: 03-5286-3988/FAX: 03-5292-5258
  E-mail: sympo2003@jeric.gr.jp

※プログラム内容については、上記より若干変更する場合が
  ございますが、あらかじめご承知おきくださいませ。

--------------------------------------------------------
以上


Icon 2月4日<火>11時47分:大阪アウトドアフェスティバル実行委員会 渡邉 隆さん
http://www.tvo-event.com/03of/03semi.htm
大阪アウトドアフェスティバル実行委員会の渡邉 隆と申します。
このたび大阪府ほか材阪5府県の教育委員会ならびに(財)大阪府青少年活動財団などのご後援をいただき、
中学、高校教職員を対象とした無料のセミナーを3月1(土)、
大阪市住之江区にて実施する運びとなりました。
セミナーは「自然を生かした“学び”の発見」
〜アウトドア体験学習による授業・教育旅行の可能性〜というもので、
教育活動を支援できる良質な野外活動、アウトドア産業界が提供できる
先端の野外教育プログラムなどの事例報告、利用提案などです。
定員は100名(教育関係者に限る)で募集締切は2月15日(土)、参加費は無料です。
自然を生かした野外教育にご関心ある方のご参加をお持ちしております。
くわしくは公式サイト
http://www.tvo-event.com/03of/03semi.htm
をご参照ください。


Icon 12月17日<火>23時19分:野たまご野外学校さん
http://www5e.biglobe.ne.jp/~notamago/
環境教育プログラム指導者養成講習
講習会をお知らせ致します。

 鹿で名高い奈良市にて環境教育プログラム「プロジェクトワイルド」の指導者養成講習を開催します。プロジェクト・ワイルドは米国で開発された環境教育のプログラムで,「なにを考えるか」でなく「どのように考えるか」を体験を通して学ぶワークショップ形式のプログラムで、今までに野外教育や環境教育に関心の有る一般の方や総合学習などの授業に取り入れたい教員の方、環境の視点を取り入れたいスカウト活動等の青少年活動のリーダーなどが養成講習を受講し修了証とともにゲーム的な活動や作詩や創作、調査、自然観察など様々な事例の載ったテキストを手にされています。
各活動はワークショップ(参加型学習)形式で行われる為、この指導者養成講習もプログラムの体験と受講者相互による指導を経験するワークショップ形式で行われます。
 この講習会はプロジェクト・ワイルド日本事務局(財.公園緑地管理財団)の公認を受けています。

講習日:2003年1月19日(日)
会 場:奈良県文化会館(奈良市)
時 間:10時〜19時ごろ
参加費:4,000円(別途テキスト代4,000円必要)
申し込み:主催者宛に、講習名・氏名・年齢・性別・住所・電話番号・参加動機を明記してメールORファクスでお申し込みしてください。

主催者:野の塾 工房たまご
FAX: 06-6719-8848
E-meil tamagono@oct.zaq.ne.jp

以上よろしくお願いします。


Icon 12月10日<火>15時48分:管理者さん
http://www.kknews.co.jp/asia.htm
日本のICT教育の目指すものとは?
12月14日にアジア教育フォーラムが開催されます。
日時:12月14日 13:00〜
場所:東京江東区・パナソニックセンター
主催:松下視聴覚教育研究財団
詳しくはhttp://www.kknews.co.jp/asia.htm


Icon 11月30日<土>21時5分:上原行義さん
http://www.tim.hi-ho.ne.jp/zentokkatu/
全国特別活動研究会の冬の宿泊研究会のご案内をいたします。
◆主題:「子どもたちの明るい未来を創造する特別活動」
◆期日:平成14年12月26日13時〜27日12時
◆内容:26日…実践報告:小学校2,中学校1,高等学校1
        協議会、講評、分科会
    27日…講演
◆講演:「これからの教育と特別活動の果たす役割」
    講師:常磐大学招聘教授 熱海則夫先生
◆会費:15,000円(参加費、資料代、宿泊費)
◆申込:12月14日までに事務局次長 小野寺輝子(校長)宛
    電話(03-3885-6773)Fax(03-3884-5335)


Icon 11月30日<土>10時5分:塚田直樹さん
http://www.schoolpress.co.jp/cgi-bin/webcal/schedule.cgi?form=2&year=2003&mon=3&day=1
野口塾群馬事務局の塚田と申します。
授業道場野口塾in群馬・太田のご案内をさせていただきます。
どうぞ宜しくお願い致します。

○名 称 第3回両毛教育フォーラム
     《第13回授業道場野口塾in群馬》
○日 時 2003年3月1日(土) 9:30〜16:30
○会 場 太田市民会館・大会議室
○講 師 野口芳宏先生(鍛国研主宰)
○内 容 ・野口先生国語模擬授業
     ・野口先生道徳模擬授業
     ・野口先生教養講座
     ・実践発表(3名)
     ・交流会・Q&A
○参加費 一般:5000円(当日6000円)
○主 催  教育NPO「両毛教育ネットワーク」
○後 援  太田市教育委員会他両毛地区教育委員会/現代教育新聞社/kyositu.com/他
《問合せ・申込先》 野口塾群馬事務局 (太田市立沢野小学校内)
          TEL:0276−38−0455  FAX:0276−38−6586
          塚田直樹 rm-kf@sunfield.ne.jp


Icon 11月24日<日>23時36分:善財 利治さん
http://www1.rurbannet.ne.jp/~suge/
教科 環境教育 総合的な学習
名称  第34回全国小中学校環境教育研究大会
テーマ豊かな人間性を育む環境教育
日程 平成15(2003)年1月24日(金)
会 場 千葉県成田市立吾妻中学校・小学校

内 容
●公開授業 小学校・中学校
●全体会 
全国各地の先生による環境教育の実践研究発表 4件
講演 「環境問題 千葉県の取り組み」
堂本暁子千葉県知事


問い合わせ  千葉県佐倉市立和田小学校
〒285-0065千葉県佐倉市直弥59−1
043−498−1509
事務局長
佐倉市立和田小学校長 綿貫 沢
メール
  suge@rurbannet.ne.jp

http://www1.rurbannet.ne.jp/~suge/
その他 ●参加費(資料代)2000円●お申し込みは所定の用紙にてお願いしてい
ますので参加ご希望の方は上記事務局もしくはメール先にご連絡下さい。折り返し,
申し込み用紙をお送りいたします。

2003年1月24日(金)に初めて千葉県で全国小中学校環境教育研究会の研究大会
が開かれます。全国小中学校環境教育研究会は昭和39年に発足し,小中学校の職員
により構成された歴史ある研究会です。毎年1月に開かれる全国研究大会は,文部科
学省、環境省、開催地の都・県教育委員会を始めとした多くの団体から御後援をいた
だき,毎年約七百人の方に参加していただいています。全国各地の先生による環境教
育の実践研究発表が4件、開催県の「環境」に関わりの深い方による講演、会場校
(小・中学校)の公開授業が例年の主な内容です。以前の岐阜大会では、世界遺産白
川村の村長さんに講演をしたいただきました。本大会は千葉で開催しますので、参議
院議員時代に環境基本法,生物多様性条約などの立法,審議に関わるなど,地球環境
保護のために精力的に活動を行い、また,国内だけではなく,世界自然保護連合理事
や地球環境国際議員連盟世界総裁を務めるなど,地球的規模で環境保護活動に携わっ
てきた堂本暁子知事に講演をお願いしました。



Icon 11月15日<金>8時59分:管理者さん

第4回高校生パフォーマンスロボット競技大会
都内の工業高校生たちが、自作ロボットを持ち寄り
スピードと技を競います。
思わず笑っちゃい、感動する大会です。
日時:11月17日(日)12:30〜
会場:府中工業高等学校


Icon 11月15日<金>8時55分:管理者さん
http://www.kknews.co.jp/
11月26日★ 茨城県 茨城大学教育学部
           附属中学校・公開研究会
     TEL:029-221-5802 FAX:029-221-3387
     http://www.edu.ibaraki.ac.jp/fu-chu
     かかわりが育む確かな学び(1年次)
     −一人一人を生かし伸ばす指導と評価を求めて−
     ・全体会 ・公開授業(必修9教科)
     ・学校保健実践発表 ・分科会
     ・講演(福井大学教授・安藤輝次)
     ※参加費3,000円,参加申込締切11月22日
     ※8:40受付開始,9:10開会(〜16:30)

11月26日★ 京都府 京都市立山階小学校・
           山科支部自主研究発表
     TEL:075-581-2143 FAX:075-581-2144
     心豊かに生き生きと学習を楽しむ子
      −自ら学ぶ力を育てる指導と評価をめざして−
     ・公開授業 ・パネルディスカッション 他
     
11月26日★ 京都府 京都市立朱雀第二小学校・
           公開授業研究会
     TEL:075-841-3202 FAX:075-841-3216
     人や自然とひびき合い自分の学びを創る子
      −情報活用を基軸とした学習の展開と評価−
     ・公開授業 ・研究協議会
     ・講演(立教大学教授・奈須正裕)
     
11月26日★ 兵庫県 宝塚市立光明小学校・公開研究発表会
     TEL:0797-72-5577 FAX:0797-71-1949
     自己表現力を育てる授業の創造
      −互いにかかわり合い,高め合える子ども−
     ・公開授業
     ・講演(文部科学省教科調査官・井上一郎)
     
11月26日★ 岡山県 岡山大学教育学部附属
           小学校・教育実践発表会
     TEL:086-272-0511 FAX:086-271-3455
     http://www.fuzoku.okayama-u.ac.jp/
        el/index.htm
     ・公開授業 ・テーマ別研究協議会
     参加費無料
     13:30受付開始 14:00開会(〜16:00)

11月28日★ 兵庫県 第5回近畿地区小学校生活科
           教育研究協議会・兵庫大会
     主催者:近畿地区小学校生活科教育研究協議会
         兵庫県小学校教育研究会生活部会
      会場:神戸市立北須磨小学校
     連絡先:神戸市立菅の台小学校・藤原校長
       TEL:078-791-0233 FAX:078-791-0234
     心・人・地域のかけ橋 生活科
      −自らの求めや願いをもとに主体的に
        問題解決する子どもの育成を目指して−
     ・全体会 ・公開授業 他

11月29日★ 千葉県 習志野市立香澄小学校・道徳公開研究会
     TEL:047-451-6399 FAX:047-451-6363
     豊かな心を持ち,進んで
      実践する子どもを育てる道徳教育
      −「生きること」を学ぶ道徳教育をめざして−
     ・授業公開 ・全体会 ・分科会 ・講演 
     
11月29日★ 東京都 目黒区立中目黒小学校・研究発表会
     TEL:03-3711-7628 FAX:03-3711-7626
     わかる学習 できた喜び 輝く子どもたち
      −国語科・算数科における少人数
        学習集団による指導の工夫を通して−
     ・公開授業 ・研究発表 ・鼎談
     
11月29日★ 東京都 品川区立旗の台小学校・研究発表会
     TEL:03-3785-1687 FAX:03-3785-1753
     http://www1.cts.ne.jp/~hatano
     多様なかかわりの中で自らの生き方を考える子
      −その子らしさが生きる指導と評価−
     ・公開授業 ・研究発表会 ・講演
     12:50受付開始,13:25開会(〜16:30)
     参加申込は同校HPの書式を利用してFAXにで

11月29日★ 新潟県 上越教育大学学校教育学部
           附属小学校・冬の研究会
       TEL:025-523-3610 FAX:025-523-5098
     E-MAIL:eteach@juen.ac.jp
     http://www.juen.ac.jp/element/index.html
     生き生きとした子供が育つ学校
      −子供の学びが生成するカリキュラム−
     ・活動公開 ・トークタイム 他
     8:40開会,参加費3,500円は当日徴収
     17:30よりパーティー(費用5,000円)
     参加申込は同校Webを参照(締切11月20日)
     参加者は上履きを持参のこと

11月29日★ 兵庫県 芦屋市立朝日ヶ丘小学校・
           教育実践研究発表会
       TEL:0797-32-1115 FAX:0797-38-7389
     E-MAIL:ashjs@edu.city.ashiya.hyogo.jp
     共に学び,自ら活動する子どもの育成
      −オンリ− one の指導を目指して−
     ・公開授業 ・提案授業 ・協議会 他
     資料代2,000円,8:20受付開始

11月29日★ 山口県 山口大学教育学部附属
           山口中学校・中学校教育研究発表会
     TEL:083-922-2824 FAX:083-921-0103
     ともに在ることを大切にする学校の創造
      −学校のよさをとらえ直すー
     ・公開授業 ・全体発表 ・分科会 他
     参加費3,000円(予定)

11月30日〜12月1日★ 東京都 日本総合学習学会 2002年度年会
      会場:東京大学大学院 数理科学研究科棟(目黒区駒場)
     連絡先:同学会事務局
       TEL:075-753-3737 FAX:075-753-3707
     E-MAIL:mugen@kusm.kyoto-u.ac.jp
     http://www.kusm.kyoto-u.ac.jp/~mugen/sougoidx.htm
     11月30日:会長挨拶
          講演(多摩市立和田中学校・小寺隆幸 他)
     12月1日 :講演(神戸大学附属明石小学校・鎌田真幸 他)
     ※参加費:会員1,000円,非会員2,000円


11月30日★ 東京都 生活科教育研究会 第36回研究会
      会場:世田谷区立守山小学校
     連絡先:同研究会事務局
       FAX:0424-66-0599
     学び合い育ち合う生活科授業の創造
     ・事例発表 ・事例に基づくオープン討議
     ・コーディネーターによる指導助言
     参加費1,000円

11月30日〜12月1日★ 神奈川県 日本学校メンタルヘルス
            学会・第6回大会
       会場:東海大学湘南校舎(平塚市)
      連絡先:東海大学文学部心理・
          社会学科近藤研究室内 同大会事務局
        TEL:0463-50-2409
      学校メンタルヘルスを問い直す
      ・講演:山田洋次(映画監督)他
      ・シンポジウム ・一般発表 他
      ※参加費:事前予約会員5,000円,
           非会員6,500円,学生2,000円

12月10日★ 岡山県 第10回 岡山県国際理解教育研究大会
     主催者:岡山県国際理解教育研究会
         全国海外子女・国際理解教育研究協議会
      会場:久世町立米来小学校
     連絡先:岡山市立城東台小学校
       TEL:086-208-6430 FAX:086-278-3865
     E-MAIL:kokusai@po.harenet.ne.jp
     (URL)http://www1.harenet.ne.jp/~kokusai/
     世界にはばたく子どもの育成
      −豊かな国際感覚の基礎を身につけ,
       ともによりよく生きようとする子どもをめざして−
     ・授業研究授業 ・授業反省会
     ・分科会(人間理解,世界の現実理解 他)
     ・講演(龍谷大学教授・小島 勝)
     参加費1,000円,参加申込締切11月26日
     9:00受付開始,9:35開会(〜15:45頃)


Icon 11月5日<火>10時27分:管理者さん
http://www.kknews.co.jp/joho/
実施まであと4か月! 如何に授業を展開するか?
高校新教科「情報」直前セミナー

日 時   11月30日(土)10:00〜17:00
場 所   電気通信大学講堂 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
    新宿から京王線約20分調布駅下車、徒歩5分
主 催   電気通信大学、教育家庭新聞社

スケジュール
9:30〜  受付開始
10:00〜10:10 開会挨拶 梶谷誠電気通信大学学長
10:10〜10:50 講演 崗霾鷁紛軌に伝えたいこと」
中村一夫(文部科学省初等中等教育局教科調査官)
10:50〜11:30 講演◆屐愍霾鵝拏汰での評価基準の考え方」
       岡本敏雄(電気通信大学大学院教授)
11:30〜12:10 講演「情報モラルの授業展開」
       田邊則彦(慶應義塾湘南藤沢中・高等部教諭)
       
12:10〜13:10 昼食・休憩(展示ブース・大ホールで情報交換をお楽しみ下さい)
13:10〜13:50 実践報告 崗霾鷁覆亮汰カリキュラム作成と留意点」     小林道夫(神奈川大学附属中学・高等学校)
13:50〜14:30 実践報告◆屐愍霾鵝拏遜の進め方」    
        福島毅(千葉県立行徳高等学校)
14:50〜15:30 実践報告「情報科で使える指導事例」
        渡久山朝一(千葉県立佐倉南高等学校)
15:30〜17:00 パネル討論「教科『情報』の授業を如何に指導・評価・推進するか」
    コーディネータ 岡本敏雄氏
    パネラー    小島淳子(神奈川県立大岡高等学校)
            天良和男(都立駒場高等学校) 
            川角博(東京学芸大学附属高等学校)
            柴田功(神奈川県立川崎北高等学校)
    指定討論者   香山瑞恵(専修大学)

展示コーナー(9:30〜17:20)「情報」に関する教材やシステムなどの展示


Icon 10月9日<水>10時38分:管理者さん
国際環境フォーラム10月19、20日 東京都杉並区高井戸地区センターで。主催・環境博覧会すぎなみ2002実行委員会
フォーラムや展示、各種エコ工作・体験教室など。
フォーラム1 19日13時〜16時「1人ひとりが主役の環境先進都市をめざして」カールスル−市(ドイツ)、アムステルフェーン市(オランダ)や日野市などの担当者が参加しディスカッション。


Icon 10月7日<月>18時31分:管理者さん
http://www.cgarts.or.jp/
CG-ARTS協会主催 「情報」授業研究会

【日時】 10月19日(土)  14:00〜17:00
【場所】 工学院大学 第5会議室(11F)新宿区西新宿1-24-2

【プログラム】
■開会挨拶 14:00〜14:05
■教科「情報」授業事例紹介 14:05〜14:45
講師:小島淳子氏 神奈川県立大岡高等学校教諭
■パネルディスカッション 14:55〜16:30
テーマ:情報教育における実習の評価と指導について
実際の生徒の作品をいくつか例としてポートフォリオ評価と指導につ
いて討論を行う。
コーディネーター:中村直人氏 千葉工業大学 情報科学部教授
パネラー :小林道夫氏 神奈川大学附属中・高等学校教諭
パネラー :若林尚樹氏 東京工科大学 メディア学部助教授

■情報教育の評価の研究について 16:30〜16:50
■閉会挨拶 16:50〜17:00

【定員】 120名
【対象】 高校教科「情報」担当者、中・高一貫校「情報」担当者
【資料代】 1,000 円
【申込方法】
・CG-ARTS協会のwebサイトの申込みフォームをご参照の上、 e-mailまたはFAXにて
お申し込みください。
・お申込後、参加票をe-mailかFAXにてお送りいたします。
・先着順で定員になり次第締切らせていただきます。
・内容に変更がある場合もありますので、予めご了承ください。

★主催/お問合せ
CG-ARTS協会(文部科学省認可) 教育事業部 <mailto:educ@cgarts.or.jp>



Icon 10月7日<月>15時4分:管理者さん
http://www.kknews.co.jp/h-seminer11.htm
このたび、全国4会場で総合的な学習の時間における
学校・地域の「共同プロジェクト」を提案するセミナーを開催いたします。
主催:日立製作所 協力:教育家庭新聞社
☆全国縦断 日立 学校教育ITセミナー☆
近未来型「総合的な学習の時間」の実践〜ASPが支えるゆとり学習〜
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
//// 名古屋・札幌・東京・大阪の4会場で実施!! ////
日立製作所が同社のIT技術を提案するとともに、「総合的学習」の時間における 
 
学校・地域「共同プロジェクト」を提案します。

 名古屋会場 11月15日 10:00〜16:30 名古屋市中区日立システムサポートプラザ
 札幌会場  11月19日 10:00〜16:30 札幌市中央区ホテル札幌ガーデンパレス
 東京会場  12月上旬 10:00〜16:30を予定
 大阪会場  12月上旬 10:00〜16:30を予定


Icon 10月7日<月>14時56分:管理者さん
http://hide-family.net/kouryu/gakushukatsudo.html
宮城県迫町立佐沼小学校
10月30日に県指定の公開授業を実施
佐沼小学校は、低学年はTT形態と少人数指導、中学年はコース別学習、高学年は教科担任制をいうシステムで授業を展開しています。
教科担任は、全国でも珍しい形態。
授業では、小学生に適した教科担任のシステム構築ねらいとし、また一単位授業と単元構成をそれぞれ、問題解決過程として編成、4つのステージを意識して授業を行う。


Icon 10月7日<月>14時51分:管理者さん
http://member.nifty.ne.jp/debate/
 【教室ディベート研究会】
 議論のルールを身に付けよう−ディベートの授業づくりのために−

 新学習指導要領の本格実施に伴い、論理的思考力、表現力やコミュニケー
ション能力などが求められています。新しい教科書にもディベートの文字が
目立つようになりました。全国教室ディベート連盟では、ディベートの授業
づくりのための定例研究会を開催しています。
今回は、「議論にはルールがある」ことを説かれている福澤一吉氏を迎え
て、ディベート教育がなぜ必要なのか、そのバックグラウンドをわかりやす
く解説します。また、教室にディベートを導入する際、参考になる演習(論
理トレーニング)も体験します。

    ■日時 2002年12月15日(日) 
     午後1時30分から5時(受付1時から)
    ■会場 日本青年館
 東京都新宿区 電話03-3401-0101
*JR千駄ヶ谷駅より徒歩7分。地下鉄銀座線・外苑駅より徒歩5
     分。大江戸線・国立競技場駅より徒歩5分
    ■内容
    13:30〜14:50 講演:議論のルールを身につけよう
           演習:論理トレーニング
講師:福澤一吉氏(早稲田大学教授)

    【講師紹介】 専門:言語病理学、認知神経心理学
           著書:『議論のレッスン』(生活人新書)、
               『認知科学の最前線:脳の認知機能と失語症』
 (岩波書店)ほか多数

15:00〜15:50 質疑応答・ディスカッション

16:00〜17:00 ディベートの授業づくりのためのレポート発表

■お願い 
     参加されるみなさん、ぜひレポートをお持ちください。テーマは自由
ですが、A4判1枚程度で読み上げてわかるようにまとめてください。
申込者には、個別に案内をおくります。そのとき、部数などをお知ら
せしたいと思います。
●進行:藤川大祐(本連盟常任理事、千葉大学教育学部助教授)
■参加費 2000円(教室ディベート連盟会員1500円)
●申込方法
参加ご希望の方は、下記の必要事項を記入し、下記申込先まで
 ハガキかFAXまたは電子メールにてお申し込みください。
参加費は当日受付でお支払いください。
1)氏名、2)会員・一般の別、3)〒・住所、4)電話番号(FAX番号)、
5)電子メールアドレス 6)勤務先(在籍校)
●お問い合せ・申込先
 全国教室ディベート連盟事務局(鈴木宣昭 KFD02107@nifty.ne.jp)
〒162-0814 東京都新宿区新小川町6-21-201
教室ディベート研究会係  TEL/FAX:03-3269-3715
------------------------------------------------------------------------


Icon 10月7日<月>14時7分:管理者さん
http://jhs.niigata.ed.niigata-u.ac.jp/
平成14年度新潟大学教育人間科学部附属新潟中学校教育研究発表会(11月1日(金))
テーマ「学びを自覚していく授業」
6 お申し込み・お問い合わせ
  新潟大学教育人間科学部附属新潟中学校
  〒951−8535 新潟市西大畑町5214番地
  電話 025−223−8341
  FAX 025−223−8351



Icon 10月7日<月>14時3分:管理者さん
http://www.school.hyogo-u.ac.jp/element/index.htm
兵庫教育大学教育学部附属小学校平成14年度研究発表会(平成15年1月30日)
テーマ「学びをひらくカリキュラムの創造(2年次)」
−子どもの学びを促す「指導と評価」の構造化−