• 文教向けOS搭載タブレットPCの検証校・教委を募集
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
  • 都道府県別教育旅行リンク集
学校施設

現状に合う運営を ベストは何か選択の時期<高P連会長 牧田 和樹氏>

2019年8月20日
PTA特集
高P連会長 牧田 和樹氏

高P連会長
牧田 和樹氏

「現状に合わせた大会の運営」、「ホームページとアンケートシステムの構築による通信手段の情報化」等の改革を進めてきた(一社)全国高等学校PTA連合会(高P連)の牧田和樹会長。大切なのは「その時々に何がベストなのか、その選択をしていくこと」だと語る。今年で69回目の全国大会になる京都大会の開催に向けての期待や、会長3年目の抱負を聞いた。

--京都大会では新たな試みがあるそうですね。

「来年は全国大会70回目の節目を迎えるうえで、時代に合わせた大会運営にするために、全国大会開催ガイドラインを改めた。今年の全国大会は京都府・市P連の協力を得て、そのプレ運用的な位置づけになる。最も大きな変更は、無理に1会場1万人規模でなくてもよいとしたこと。それだけの規模の会場となると会場費だけでも莫大なうえに、地域によっては会場確保だけでも容易ではない。今回は同エリア内にある2会場での準分散型での試行だが、来年・島根大会は県内の離れた4会場での完全な分散型になる。通信技術の進展によって、ネット配信での同時開催が可能になった」

「今大会から、期間は1日目午後からの開催、2日目昼に閉会として、従来延べ1日半だったところを延べ1日に短縮。分科会はそれぞれのテーマ設定をより今日的な課題にフォーカスした内容に大きく変え、同時に6分科会へと凝縮した」

--アンケートシステムの運用による「成人式」調査についてどうみますか。

「高P連の加盟4000校から55%の回答、調査結果としてまとめられたことは一定の成果だったと思う。自民党のワーキンググループのヒヤリングでも説得力のある発表ができた。結果内容ついては概ね予想通りだったとみている」

「『人生の節目、将来を考える機会』、『大人になった自覚を促す』等の理由で、多くが成人式の意義を認めながらも、過半数の54%が、成人式の対象は20歳が良いと考え、18歳(26%)の2倍以上。さらに18歳とした場合の影響では、『受験時期と重なるので参加できない人が多くなる』(75%)、『家計の負担が増える』(48%)などマイナス面への心配が大半を占めた。ベースにあるのは18歳引き下げについての理不尽さで、それを抱えての回答であることが透けてみえる」

--今大会の主催あいさつでは、家庭内の教育的対話が減っていることに警鐘を鳴らしていますね。

「AIの進展とビッグデータ活用やSociety5・0等、環境の変化とスピードは加速されている。新たなテクノロジーの時代に向かっている今日だが、これを使うのは人間だということを忘れてはならない。健全で前向きな思考ができる子供たちを育てなければならない。人格形成、人間教育は学校教育だけでは限界がある一方、家庭内での保護者との対話が益々重要な意味を持ってきた。その事に私たちは自覚を持たなければならないと思う」

「PTAの存在理由も時代と共に変わってきた。大事なことは、昔を懐かしむばかりではなく、節目のその時々に、何がベストなのかという選択をしていくこと。時代が変わればやり方も変えていかなければ生き残れない。変えるべきところは変え、時代に対応したPTAの在り方を議論していく時ではないか」

教育家庭新聞 健康・環境・体験学習号 2019年8月19日号掲載

関連記事

  • イーキューブスクール勤怠管理システム
    イーキューブスクール勤怠管理システム
  • 文教向けOS搭載タブレットPCの検証校・教委を募集
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
  • 都道府県別教育旅行リンク集
最新号見本2019年11月05日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP