• Ad
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 都道府県教育旅行リンク集
最新ニュース

現場の負担も減らしてくれる、英語4技能対策ICT学習支援サポート

2018年11月6日

株式会社ECCは、教育現場の負担を軽減し、英語4技能対策に有効なICT学習支援サービス『ECC Intersection』の提供を開始しました。これはICTを活用して教員の業務をサポートし負担を軽減するとともに、生徒の自律的な学習を支援するサービスです。また、メインコンテンツである「Speaking & Writing Practiceコース」では学習指導要領改訂や大学入試改革などで課題となっている、英語4技能試験に向けての対策を行うことができます。

 

このサービスには「資料配布」「課題」「通知」「お知らせ」や「アンケート」等、多様な機能を搭載しています。さらにレッスン(授業)単位でのテストの作成も可能です。管理画面では生徒の学習状況の確認ができるので、生徒一人一人の学習の進捗状況の把握や、生徒への連絡を容易にすることができます。

 

Speaking & Writing Practiceコース」ではECC専任講師が採点業務をサポートしてくれます。生徒の回答は毎回、一律の採点基準によって採点が行われるため、英語力の伸びや得意・不得意の把握が容易にできます。教員はこの採点結果を利用して生徒の英語力ならびに学習状況を具体的に把握し、今後の指導に活かすことができます。

 

英語4技能対策で課題となっているのは、「話す」「書く」ですが、「Speaking & Writing Practiceコース」では、「話す」「書く」スキルの習熟度をECCが提供するテスト問題を通して測り、一律の採点基準に基づいたフィードバックを行います。4技能検定で役立つ「話す力」「書く力」を養成することができ、教員と生徒がフィードバック内容について共有することで、教員は効果的な学習の指導をすることができます。

 

生徒たちの習熟度チェックや採点サポートはこれまでにも見て来ていますが、資料配布やお知らせなどの、いわゆる事務的な業務について助けてくれるのは、職員にとって大きなメリットですね。授業準備や学習の振り返りなど、残った時間を有意義に使ってほしいものです。

 

教育現場での英語教員の負担を軽減 英語4技能対策に有効なICT学習支援サービスの提供開始

PAGE TOP