• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

千葉市、教職員向けの包括的メンタルヘルス対策を推進へ メンタルヘルステクノロジーズが支援

2023年11月14日

産業医及び保健師等による役務提供サービスと従業員の心身の健康管理に関する各種クラウド型サービスを提供するメンタルヘルステクノロジーズは11月9日、100%子会社であるAvenirが、千葉市教育委員会が推進する“教職員のメンタルヘルス対策”において、11月より始動する「千葉市立学校教職員のメンタルヘルス対策に関する調査研究事業」への支援を行うことを発表した。

 

 

■セルフチェックツールを活用し「メンタル不調予防」を主眼に対策

本取組みは、千葉市立学校における“教育職員のメンタルヘルス不調”に関する原因分析と効果的な予防対策及び長期休職からの円滑な職場復帰支援対策を講じるという目的を受け、「セルフチェックツールを活用した教職員のメンタルヘルス不調の未然防止及び休職者の復職支援の取り組みを強化することにより、休職者、再休職者の減少を目指す」をコンセプトに掲げ、始動する。

同社のメンタルヘルスソリューションサービス「産業医クラウド」などを通じて解決をめざし、下記プログラムの構築及び運用を行う。

  • セルフチェックを活用した教職員のメンタル不調の未然予防
  • 教職員のヘルスリテラシーの向上を目的とした教育研修の実施
  • 教職員が産業医・保健師等の専門職にオンラインで相談が出来る仕組みの構築
  • 休職者が心身共に安定し意欲高く復職することができ、職場も安心して復職される方を迎え入れることが出来る状況を目指した復職プログラムの構築

 

■千葉市立学校教職員のメンタルヘルス対策に関する調査研究事業

千葉市教育委員会約5,000名の教職員のメンタルヘルス対策として、具体的に以下の内容に取り組む。

  1. セルフチェックツールを用いた気づきと早期予防、相談窓口体制の構築
  2. 産業保健専門職によるセルフケア研修の実施
  3. 産業医及びコンサルタントによる管理職向け研修の実施
  4. ICTを活用した相談窓口の体制整備
  5. 復職プログラムの構築及び休職者の復職フォローの実施
  6. 全教員向けアンケート調査による休職者の傾向や休職要因の分析
  7. メンタルヘルス対策事業における関係者会議への参加

 

■「産業医クラウド」とは

「産業医クラウド」は、従来産業医が行っていた産業医業務を整理し、産業医のみが実施できる業務と保健師等の産業医以外の専門家やスタッフ、及びクラウドサービスに置き換え可能な業務に切り分け、企業における産業医業務に係る事務負担とコストを引き下げつつ従業員の健康管理の質を高めるというサービス。

これまでに2,000社以上の企業での利用実績を持つ。月額3万円(税別)からはじめられ、厚生労働省が提唱する4つのメンタルヘルスケアをサポートすることはもちろん、企業の健康経営を推進するためのクラウドサービス「EPLIS(エルピス)シリーズ」などさまざまなサービスを利用することができる。

▶︎産業医クラウド

 

株式会社メンタルヘルステクノロジーズ

千葉市教育委員会

  • フィンランド教科書

  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年06月14日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP