• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

「paizaラーニング 学校フリーパス」の2023年度の申込学校数約570校・クーポン発行数12万人を突破

2024年3月31日

paizaは3月27日、提供する「paizaラーニング 学校フリーパス」の2023年度申込学校数が574校、クーポン発行数が12万人を突破したと発表した。

「paizaラーニング 学校フリーパス」は、⽉額1,078円の動画プログラミング学習サービス「paizaラーニング」の全250レッスン、2,000学習動画、4,000問の演習課題を⼩・中・⾼・⼤学・専⾨学校向けにすべて無料で提供するサービス。受講者は6段階で評価される「paizaスキルチェック」の結果をもとに、⾃⾝のスキル・能⼒にあった学習ができる。

 

 

高校の授業で活用する事例が増えている

拡大する数理・データサイエンス・AI教育や、文系IT人材・女性IT人材の育成への期待などを背景に、その活用範囲は拡大している。2025年度からは国⽴⼤学の⼊学試験に「情報Ⅰ」の科目が追加される。この「情報Ⅰ」の学習内容の一部に含まれているプログラミングを学習するため、高等学校の授業でpaizaラーニングを活用する事例が増えているという。

 

■学校におけるプログラミング教育上の課題

高校と大学など学校種により状況は異なるが、多くの学校では以下のような課題を抱えている。▽生徒・学生のプログラミングスキルにばらつきが大きく、上位層への発展的な学習機会、下位層へのフォローが十分ではない▽授業ではプログラミング学習の演習に十分な時間を割くことが出来ない▽専門の教員が不足しており、サポートできる人が限られる▽プログラミング学習が将来役立つ実感を持てず、生徒・学生の学習モチベーションの向上が難しい――など。

 

■「paizaラーニング 学校フリーパス」の特徴

 

◎無料でのサービス提供

学校を通した申し込みであれば、すべての⽣徒・学⽣は無料で「paizaラーニング」の全サービスを利⽤可能。

◎環境構築が不要

PCとブラウザがあれば、PC環境の差異にかかわらず環境構築不要で即サービスを利⽤開始できる。Chromebookでも利⽤可能。

◎多様な⾔語対応、レベル別の問題集で⽣徒・学⽣の理解度に合わせた指導が可能

「paizaラーニング」では、Java,PHP,Python,Ruby,JavaScriptなどの主要⾔語をカバーし、全250レッスン、2,000 の学習動画のほか、難易度の異なる4,000の演習課題が利⽤可能。さらに動画コンテンツと演習課題は毎⽉追加される。これらの豊富な教材を授業の予復習や演習課題として利⽤可能。また、⽣徒や学⽣は⾃分のレベルにあった教材で⾃ら学習を進めることができ、教員がレベル別に個別の教材を準備する必要がない。

◎“楽しさファースト”の仕様で⾃宅学習を促進

すべての学習動画は1本3分程度で視聴しやすく、さらに動画の解説をプロの声優が担当したり、学習の進捗状況をRPG形式で表⽰したりするなど、“楽しく学べる”⼯夫を凝らしている。⾃宅での取り組みやすさから「反転学習」に活⽤し、⽣徒同⼠で教え合う授業も実現できる。

◎就職直結の仕組み

上記に加え、ITエンジニアやプログラミング学習者向けの国内最⼤の転職・就職・学習プラットフォームであるpaiza(https://paiza.jp/)では、「paizaラーニング」で学んだ成果を活かし、「paiza新卒」サービスを通して、スキルに合った仕事とのマッチングも可能。

 

◆申し込みはこちらから

 

【問い合わせ先】

e-mail:learning_free_pass@paiza.jp

 

paizaラーニング 学校フリーパス

paiza株式会社

最新セミナー情報

  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年04月15日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP