• ソフトバンク
  • エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

AI型教材「Qubena 小中5教科」を来年度に大幅アップデート プロダクト・アップデート発表会を8/20オンライン開催

2022年8月6日

COMPASSが提供するAI型教材「Qubena(キュビナ) 小中5教科」は、現在搭載中の67,000問に加え、2023年度には国語・英語・社会・理科の4教科に18,000問の新規追加&アップデートを実施。機能についても児童生徒と教員の双方の視点から、より使いやすくなるような機能のアップデートを行う。このプロダクト・アップデート内容を発表するため、オンラインイベント「Qubena-Action 2022〜来年度プロダクト・アップデート発表会〜」を、学校教育関係者に向けて8月20日(土)に開催する。


■発表会では座談会やトークセッションも予定

820日の発表会では、来年度プロダクト・アップデート内容の発表のほか、Qubenaの開発協力校や活用先進校の教員による座談会や、横浜創英中学・高等学校の工藤勇一校長を迎えてトークセッションを予定している。

 


<「Qubena 小中5教科」プロダクト・アップデート概要>


①授業内でより活用しやすく、学びやすい問題を18,000問大幅追加

小学生の問題では、授業内で活用しやすく、授業の土台を支える問題を追加。基礎となる力を身につけるための問題を豊富に追加するだけでなく、単なる知識の詰め込みにならないように、予想して答える問題も拡充。中学生の問題では、理解を問う問題を追加、単なる暗記では解けない、さらに深い理解が求められる問題や、複数の知識を組み合わせる必要がある問題、一般的な問題集の応用・発展レベルの問題を追加する。

 


⓶児童生徒のより主体的な学習をサポート

分散学習理論を応用した「5分間復習機能」が、学習者自身で学習範囲と期日を設定できるようになることで、より計画的に学習に取り組むことができるようになる。また、学習者のホーム画面をリニューアルし、自身の学習計画・学習履歴・習熟度の可視化を強化。学習の計画と振り返りが容易になり、主体的な学習をサポートする。

 


③児童生徒の学習支援をスムーズに実施

教員が児童生徒へ問題を配信できる「ワークブック機能」で、問題がさらに視覚的・直感的に選択しやすくなり、手軽に配信が可能となる。また、導入の際に手順が複雑だった児童生徒のアカウント作成から配布までが簡易化され教員の作業が大幅に削減される。

 


<Qubena-Action 2022~来年度プロダクト・アップデート発表会~開催概要>

開催日程:820() 14:0017:00(予定)

対象者:全国の自治体担当者・学校関係者

参加費:無料

会場:Zoomオンライン配信(要事前申し込み)

メインプログラム:

・工藤勇一氏×神野元基氏 スペシャルトークセッション

「一歩先の“個別最適な学び”」とは

・来年度プロダクト・アップデート

Qubena新機能&教科別活用ポイントの紹介

・キュビナレッジ・トーク

Qubenaの開発協力校、活用校による授業活用実践レポート

※当日のタイムスケジュール等は後日発表

申し込み:以下のフォームから申し込む

 


<各プログラムについて>


【スペシャルトークセッション】

「一歩先の“個別最適な学び”」とは

横浜創英中学・高等学校 校長であり、前任の千代田区立麹町中学校 校長の在任時には、定期テスト、宿題、固定担任制など数々の学校の当たり前を廃止し、生徒主体の公立中学校を創りあげた工藤勇一氏と、COMPASSファウンダーであり、現在は中高一貫校の校長として学校経営にも携わる神野元基氏によるスペシャルトークセッション。「個別最適な学び」を一歩先に進めるため、教育の環境は、教育者・教材の役割はどう変わっていくべきなのか、意見を交わす。

 

※登壇者

横浜創英中学・高等学校 校長 工藤勇一氏

合同会社LINKALL 代表/学校法人 東明館学園 東明館中学校・高等学校 校長/宮崎市 教育CIO/中央教育審議会 初中等部会臨時委員/産業構造審議会 教育イノベーション小委員会委員/COMPASS ファウンダー 神野元基氏


【プロダクト・アップデート】

2023年度Qubena新機能&教科別活用ポイントの紹介

昨年度の5教科対応以降、順次新機能を拡充し、この4月には搭載問題数の大幅追加&アップデートを行った「Qubena 小中5教科」。来年度のアップデート内容について、教科ごと・機能ごとの特長や授業における活用のポイントをそれぞれの開発担当者が紹介する。

 

※登壇者

COMPASS コンテンツ・機能開発メンバー

 


【キュビナレッジ・トーク】

開発協力校・活用先進校による「一歩先の“個別最適な学び”」実践レポート&座談会

来年度のアップデート内容の一部をすでに活用している開発協力校、また2022年度のアップデート内容を活用している活用校の教員を迎えて、活用実践レポートやQubenaのプロダクト・アップデートについて座談会を開催する。

 

※登壇者

パネリスト:Qubena開発協力校・活用先進校の教員(後日発表)

モデレーター:COMPASS 取締役 未来教育ユニット ユニット長 木川俊哉氏

 

AI型教材「Qubena

  • アイキューブドシステムズ
    フィンランドの英語教科書
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2022年08月01日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP