• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

教育機関向けネットワークアセスメントサービスの提供を開始〜アライドテレシス

2023年12月14日

アライドテレシスは12月12日、教育機関を対象にネットワーク環境の分析・調査を実施する「ネットワークアセスメントサービス」の提供を開始した。

ネットワーク専業メーカーである同社が、ネットワーク設計や構築に携わってきた経験と実績、過去の対応事例から現状の問題を解決する提案力など、長年培ってきた数多くのノウハウをもとに、学校における課題や要望をヒアリング、内容に応じた各種診断をさまざまな方法で行い、分析から問題の原因特定、結果レポートの報告と対策の提案までを一貫して実施する。

 

 

 

■ネットワークの遅延や不具合などが課題に

GIGAスクール構想から数年が経ち、今年2月に発表された文部科学省の「校内通信ネットワーク環境整備等に関する調査」によると、ネットワークの遅延や不具合などが課題として浮き彫りになった。この結果、生徒一人一台端末の利活用が充分に進められず、多くの場合、課題解決自体も難しい状態であることが確認された。

また、今後、デジタル教科書の導入、文部科学省CBTシステム(MEXCBT)による全国学力・学習状況調査、動画教材やクラウドベースでのデジタル教材の充実化やクラウドベースの次世代型校務システムの導入を進め、教育DXや校務DXを加速させる上でも、大容量の通信が発生することが想定されている。

このような状況を背景に、現在通信ネットワークに不具合が見られる教育委員会や、現地点では特段の問題が生じていない教育委員会においても将来を見据え、現在のネットワーク状態を把握する必要があり「ネットワークアセスメント」の実施が重要と考えられている。

■次期ネットワークリプレースに向けた課題の洗い出しと対策方法の検討

そうした状況を受け、文部科学省は2月5日に「通信ネットワーク環境の評価(アセスメント)の実施について(依頼)」として、ネットワーク診断実施に対する補助を行うことを発表。現在、「ネットワークアセスメント実施促進事業」として2023年度の補正予算が成立し、2024年度の概算要求内で検討が進められている。

そこで同社は2023年度と24年度の補助金に対応したメニューをラインナップさせた「ネットワークアセスメントサービス」の提供開始に至った。

同社が提供するネットワークアセスメントサービスの概要は以下のとおり。

 

 

●構成調査/現状のヒアリング

ヒアリングシートに沿って現状のネットワーク構成や機器設定、課題についてヒアリング。その内容に基づいて問題の原因と考えられる要素を特定し、必要な調査内容を検討する。

●無線LAN調査

無線LAN環境の設計、運用状況について調査。近隣からの電波干渉の有無や電波の到達エリアを把握することで、アクセスポイントの台数と設置場所が適切かを判断し、無線LAN設計の改善につなげることができる。

●通信の遅延測定

通信の遅延が起きている箇所を調査・特定する。学内ネットワーク、インターネット回線、特定のWebサイトなど、ボトルネックとなっている箇所と通信品質を可視化し、傾向を把握することが可能。

●トラフィックの可視化

ネットワーク上の通信の詳細を調査・可視化。通信量の多い時間帯やよく使われているアプリケーション、送信元から送信先への経路を把握することで、ネットワークをより効率的に活用するための見直しに役立つ。

 

ネットワークアセスメントサービス

アライドテレシス株式会社


  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年02月19日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP