• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

こども未来教育協議会、一般社団法人化で活動が本格化  3/21から「EduHub」提供開始

2024年3月9日

TOPPANホールディングス、BPS、Lentrance、東京書籍、帝国書院、新興出版社啓林館の6社は、デジタル教科書の活用による教育DX推進を目的とした「こども未来教育協議会」を昨年9月6日に設立。同協議会は3月1日、一般社団法人化し、「一般社団法人 こども未来教育協議会」として本格的に活動を開始した。

活動の第1弾として、協議会各社のコンテンツやビューアーが利用できる教科書ポータル「EduHub」の提供をTOPPANグループより3月21日から開始する。提供開始に先立ち、教育委員会や学校などからの利用申し込みを2月1日より受け付けているす。今後も同協議会では、デジタル教科書の活用促進に向けて、多くの企業・団体の参加を募るとしている。

 

■デジタル教科書を起点に学びをつなぐEduHubで教育DXを推進

今回、協議会の参画各社が協働し、TOPPANグループより提供を開始するEduHubは、教科書を起点に様々な教育サービスを繋ぐ教科書ポータルです。EduHubから教科書・教材の利用開始に必要なIDを発行することで、教科書発行者・教材会社ごとに繰り返していたユーザ登録作業を1つに集約できる。サービス併用による煩雑さの解消とともに、分野横断的な学びや探究的な学びなど、デジタルならではの利点を活かした教育DXを推進。児童生徒、教職員にとって利用しやすい学習環境の実現に取り組む。

 

■ EduHubの特長

◎登録支援機能

これまでは、デジタル上で利用する教科書や教材ごとに児童生徒一人ひとりのID発行を行う必要があり、教職員の業務負荷となっていた。本ポータルでは、校務支援システムなどに登録した児童生徒情報をEduHubに読み込むことで、デジタル教科書・教材の利用開始に必要なIDを一括発行できる。

 

「EduHub」サービスイメージ図(登録支援機能)

 

 

◎Web利用者台帳管理機能

これまで様々なファイルで管理していた各デジタル教科書の利用者情報を、EduHub上に集約し、一括管理することが可能。利用者情報の修正や追加もファイルを都度開くことなく、EduHubの画面上で可能となり、情報の散在を回避し、データガバナンスの強化に繋がる。

◎スムーズなデジタル学習を推進する各種機能を実装

これまでデジタル教科書を使用する際は教科書ごとに異なるアプリを開く必要があったが、「本棚機能」では、EduHubに対応する全ての教科書・教材が一覧表示され、教科書・教材をクリックすると個々のアプリの本棚を挟まず、すぐに目的の教科書を開くことが可能。

また、学校で既に利用しているID・パスワードで、EduHubへのシングルサインオンができる。学習eポータルなどの各種学習サービスとの連携も視野に、スムーズなデジタル学習や教育DXを実現する。

 

■ 利用料と申込方法

教育委員会、学校設置者、学校(教職員、児童生徒)は無償で利用可能。利用申し込みの受け付けはすでに開始しており、下記から申し込みが可能だ。

▶︎申込はこちら

 

「こども未来教育協議会」公式サイト

※3月18日より上記公式サイトからも企業・団体の参加申し込みが可能となる

最新セミナー情報

  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年04月15日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP