• Ad
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 都道府県教育旅行リンク集
最新ニュース

2040年に向けた高等教育改革に関する意見を公募~文部科学省

2018年10月11日

文部科学省が、「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン(答申(案))」に関する意見を募集しています。

「第4次産業革命」の進展や、本格的な人口減少社会の到来など経済社会の大きな変化の中で、高等教育機関が求められる役割を真に果たすことができるよう、概ね2040年頃の社会を見据えた、これからの時代の高等教育の将来構想について、総合的な検討を要請されました。それを受け、中央教育審議会では大学分科会の下に設置された将来構想部会を中心に審議が進められ、中央教育審議会総会において「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン(答申(案))」が大筋了承されました。そこでこのたび、答申に向けた最終的な議論の参考とするため、意見を公募します。

意見の観点としては「2040 年の展望と高等教育が目指すべき姿―学修者本位の教育への転換-」「教育研究体制―多様性と柔軟性の確保―」「教育の質の保証と情報公表―「学び」の質保証の再構築―」「各高等教育機関の役割等―多様な機関による多様な教育の提供―」「高等教育を支える投資―コストの可視化とあらゆるセクターからの支援の拡充―」「今後の検討課題」「その他」を軸に17の論点に分類されています。複数の論点に意見を出す場合は論点毎になります。

中央教育審議会の高等教育段階に関する答申は、今まで教育内容、質の保証、規模、役割、ガバナンス等について様々な提言がなされてきました。多くの提言の内容については、各高等教育機関で取組が進んでいますが、様々な要因や制約の中で、全ての高等教育機関での取組に至っていないものもあります。今回の答申で、2040年を見据えて、そこから逆算的に考え、必要な提言を行います。提言の中には、速やかに始めなければ間に合わないもの、議論を深めていくことで更に大きな改革につなげるべきもの、また、その改革が終了するまで一定の期間を要するものがあります。高等教育改革が2040年までに実を結べるように、必要な政策が着実に遂行されていくことが求められます。

意見募集に関する資料は、e-Gov内のパブリックコメントページにて公開しています。

<意見の提出方法>
提出手段: 郵送・FAX・電子メール
提出期限 :平成30年10月26日(金) 必着
住所:〒100-8959 東京都千代田区霞ヶ関3-2-2
文部科学省高等教育局高等教育企画課高等教育政策室 宛
FAX番号:03-6734-3385
電子メールアドレス:koutou01@mext.go.jp

PAGE TOP