• ジュニア英語名作ライブラリー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 都道府県教育旅行リンク集
最新ニュース

文科省「次世代学校支援モデル構築事業」成果報告会の開催

2019年2月19日

文部科学省は、実証事業「次世代学校支援モデル事業」の成果報告会を、総務省の「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」と合同で、3月1日に開催します。

「次世代学校支援モデル事業」は、スマートスクール・プラットフォームにより、児童生徒が学習用コンピュータ等を活用した際の学習履歴等と、教員が校務事務で入力したデータ等を連携・活用して、学びを可視化することを通じ、教員による学習指導や生徒指導等の質の向上、学級・学校運営の改善等を図ることを目的に実証研究を行う事業です。

「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」は、児童生徒や教職員が教室、家庭等で授業や自己学習に利用する「授業・学習系システム」と教職員が職員室等で出欠管理や成績評価等に利用する「校務系システム」との間の安全かつ効率的な情報連携と、当該連携により生成されるデータの効果的活用を実現するシステムについての実証研究を行う事業です。

福島県新地町、渋谷区、大阪市、奈良市、愛媛県西条市の5地域で両事業の連携により、実証研究は行われました。授業・学習系システムと校務系システムを連携した「スマートスクール・プラットフォーム」がどのように教育現場で活かされたか、データ活用の在り方の検討やデータに基づいた学校運営等の有効性などの成果がわかります。

傍聴は総務省ホームページより受け付けています(2月26日(火)12時まで)。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/02ryutsu05_04000161.html

 

文部科学省実証事業「次世代学校支援モデル構築事業」成果報告会
日時:3月1日(金)13時~17時30分
場所:文部科学省第2講堂(旧文部省庁舎6階)

PAGE TOP