• Ad
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 都道府県教育旅行リンク集
最新ニュース

第1回「カシオ・ワンダーキッズ 発明アイディア コンテスト」が開催されました

2018年11月19日

第1回「カシオ・ワンダーキッズ 発明アイディア コンテスト」が開催され、東京都大田区立清水窪小学校 谷口 青(たにぐち はる)さんが、「樫尾俊雄賞(最優秀賞)」を受賞しました。

このコンテストは、発明による社会貢献の喜びを次世代に伝えることを目的として小学生を対象に、樫尾俊雄記念財団が運営する樫尾俊雄発明記念館により開催されたコンテストで、決勝大会は11月18日(日)、東京電機大学カシオホールにて開催されたました。

コンテストの応募期間は、今年の6月11日から9月25日までで、全国の100名を超える小学生からアイディアが集まりました。

第1次審査・第2次審査で選出された優秀者14名が決勝大会に参加し、それぞれのアイディアについての発表と審査が行われました。決勝大会に参加した14名は、東京都からの7名、埼玉県からの1名、静岡県からの1名、愛知県からの1名、京都府からの1名、高知県からの3名です。

決勝大会に残った作品は、熱中症予防に役立つもの、寝るときに嫌な音が聞こえないマクラ、くさい匂いを好きな匂いに変えてくれるものなど、自分が直面している等身大の悩みから環境問題を解決するアイディアまで、発想力豊かな力作ばかりでした。

決勝大会では、最優秀賞のほかに、優秀賞の発明記念館賞、発明アイディア奨励賞、審査員特別賞が発表されています。

優秀賞は、高知県南国市立久礼田小学校 橋田 幸芽(はしだ こうめ)さんが受賞され、発明アイディア奨励賞は、静岡県浜松市立与進小学校 犬塚 千尋(いぬづか ちひろ)さんが受賞され、審査員特別賞は、3名受賞されています。

審査は、株式会社音力発電 代表取締役 速水 浩平氏、特定非営利活動法人ガリレオ工房 理事長 滝川 洋二氏、サイエンスパフォーマー すずき まどか氏、樫尾俊雄記念財団 理事長の樫尾 隆司氏の4名で行われました。

樫尾俊雄発明記念館Webサイト

  • Ad
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 都道府県教育旅行リンク集
最新号見本2018年12月04日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP