• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

「IMS Japan Conference2021」~「学びのDX」を実現する国際技術標準をテーマに~9/9~11日 オンライン開催

2021年9月3日

(一社)日本IMS協会は、「学びのDX」を実現する国際技術標準をテーマに「IMS Japan Conference2021」を9月9日(木)から11日(土)までオンラインで開催する。

 


■情報化の遅れを取り戻し世界の最先端を目指す教育政策

新型コロナウイルス感染拡大のなか、デジタル・トランスフォーメーションは進展し、ニューノーマルのかたちも見えてきた。我が国の教育政策でもGIGAスクール構想やデジタル教育プラットフォーム検討事業、未来の学校プロジェクトなど、これまでの情報化の遅れを取り戻し、世界の最先端をめざすトレンドが力強くなっている。

 


■AIや教育IoTなどの導入で最適化された学びが実現

今後、様々なシステムやツールでデータ連携が図られることで、多くの作業は自動化され、人間はより学びの本質的な活動に集中でき、新たな学びの実現や付加価値サービスを創出できるようになることが期待される。さらにAIや教育IoTなどの導入により、公正に個別最適化された学びは安心・安全に実現されることが予測される。

 


■IMS Globalにおける技術標準とGood Practiceの最新事例を紹介

教育デジタルエコシステムの実現は、リソース開発の様々な無駄を省くとともに、働き方改革を推進し持続可能な開発目標(SDGs)の理念にも合致したものとなる。この1年間、IMS技術標準は導入事例・実践事例も急増した。今年の「IMS Japan Conference」は、IMS Globalにおける技術標準とGood Practiceの最新事例を紹介するとともに、未来の設計図が語り合われる。

 


<「IMS Japan Conference2021」概要>

開催日時:

9月 9() 11:0017:40

9月10() 10:0017:30

9月11() 13:0017:50

 

参加方法:オンライン開催

 

定員:500人 先着順で締め切り。

 

費用:無料

 

主催:(一社)日本IMS協会(IMS Japan Society)

 

後援:(一社)ICT CONNECT 21NEW EDUCATION EXPO 実行委員会、NPO法人実務

能力認定機構、(一財)オープンバッジ・ネットワーク、(一社)日本電子出版協会、

日本オープンオンライン教育推進協議会、NPO法人日本イーラーニングコンソシアム、

(一社)大学ICT推進協議会、(一社)日本オンライン教育産業協会

 

対象:大学教職員/小学校・中学校・高校教諭/学生/一般

 

申込締切:202198()20:00

 

参加申込:以下のフォームより参加を申し込む。

※接続先などの情報は開催前にメールで通知する。

 


<プログラム(予定)>


【1日目(9月9日)】

11:00 テクニカル(LTI部会、応用)ハンズオン(45分、会員限定)

LTI 1.3 概説と最新動向 常盤 祐司 技術委員長

LTI 1.3 ハンズオン 田中 頼人 サイバー大学准教授

 

13:00 開会挨拶 常盤 祐司 技術委員長(10分、会員限定)

 

13:10 IMS Global 特別講演:

Improving EdTech Interoperability: Conformance, Certification and

Characterization(EdTechの相互運用性の向上:適合性、認証、および特性評価)」

(ビデオレター、45分、会員限定)Colin Smythe, IMS Global Chief Architect

 

14:00 テクニカルセッション:IMS Technical Congress 2021からみるIMS技術動向

45分、会員限定) 常盤祐司 技術委員長

 

15:00 開会挨拶 事務局(5分)

 

15:05 招待講演:熊本大学におけるIMS技術標準の活用(45分)

喜多敏博 熊本大学教授、中野 裕司 熊本大学教授

 

16:00 部会セッション(Caliper部会)(30分)

 

16:30 部会セッション(CASE研究会)(30分)

1.CASEとは何か 田中頼人 サイバー大学准教授

2.CASEにおけるREST APIとその利用 宮崎誠 帝京大学助教

 

17:05 閉会 事務局(5分)

 

17:10 IMS Global Q&A Colin Smythe, IMS Global Chief Architect

(ライブ、30分、会員限定)

IMS Global技術標準に関する質問に直接答える(逐次通訳あり)

 


【2日目(9月10日)】

10:00 テクニカル(デジタルバッジ部会、応用)ハンズオン(90分)

「ハンズオンセミナ: デジタルバッジの作成から検証まで」

オープンバッジ基本コンセプト・ハンズオン

株式会社デジタル・ナレッジ 秦隆博 シニア・フェロー

オープンバッジ・プラットフォーム・ハンズオン

一般財団法人オープンバッジ・ネットワーク 吉田俊明 常務理事

 

11:30 ビギナーズセッション(30分)

日本IMS協会 山田恒夫 理事・運営委員長、藤原茂雄 事務局長

 

13:00 開会挨拶 白井 克彦 早稲田大学 名誉顧問、日本IMS協会理事長(15分)

 

13:20 基調講演:Enabling All Learners to Achieve Without Limits(すべての

学習者が無制限に学習できるように)(ビデオレター、40分)

Rob Abel, IMS Global CEO

 

14:00 リーダーズトーク:「COVID-19パンデミックと教育デジタルトランス

フォーメーション(DX)」(60分)

白井克彦 早稲田大学 名誉顧問、日本IMS協会理事長

大久保昇 株式会社内田洋行 代表取締役社長、日本IMS協会副理事長

岸田徹 株式会社ネットラーニングホールディングス代表取締役議長、日本IMS協会

副理事長

川原洋 株式会社サイバー大学 代表取締役学長、日本IMS協会理事

吉田自由児 株式会社デジタル・ナレッジ代表取締役COO

司会: 山田恒夫 放送大学教授、日本IMS協会理事

 

15:05 招待講演:東北大学におけるオンライン学習環境の歩みと標準化対応(30分)

三石大 東北大学准教授

 

15:50 事例紹介(60分)

日本IMS協会(一般地域会員、連携会員)

 

17:00 閉会 事務局(10分)

 

17:00 IMS Global Q&A(ライブ、30分)

Rob Abel, IMS Global CEO

IMS Global CEO の Rob Abel氏が、IMS Global に関する質問に直接答える

(逐次通訳あり)

 

【3日目(9月11日)】

13:00 開会 事務局(5分)

 

13:05 招待講演:「学びのDX」と国際技術標準(60分)

桐生崇 文部科学省 大臣官房 文部科学戦略官/総合教育政策局 教育DX推進室長

藤村裕一 鳴門教育大学大学院教授

 

14:15 招待講演:国際技術標準と教育データで教え方・学び方がこう変わる!(45分)

緒方広明 京都大学教授

 

13:10 事例紹介(45分)

日本マイクロソフト株式会社

 

16:00 部会セッション:学習eポータル 標準モデルと国際技術標準(30分)

石坂 芳実 一般社団法人ICT CONNECT 21技術標準WG

 

16:35 部会セッション(CASE研究会)(30分)

1.CASEとCASE Network 放送大学 山田恒夫教授

2.我が国におけるCASEの実践事例 株式会社内田洋行 森下誠太氏

 

17:05 総括・閉会挨拶 山田恒夫 放送大学 教授、日本IMS協会 理事(15分)

 

17:20 日本IMS協会 Q&A30分)

IMS技術標準等に関する質問に直接答える。

 

IMS Japan Conference 2021

  • フィンランド教科書

  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年06月14日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP