• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

大阪芸術大学 卒業生の2人のアーティストがパラスポーツをテーマに展示 9/23~10/24開催

2021年9月17日

大阪芸術大学は、写真学科卒業生でフォトグラファーの越智貴雄氏とデザイン学科卒業生・客員教授で墨絵イラストレーターの茂本ヒデキチ氏による展覧会「撮る×描く パラスポーツの世界~支配されない表現者たち~」を9月23日から10月24日まで開催する。


■パラスポーツ22競技をテーマに

パラスポーツを写真と墨絵イラストで、より知ってもらうため開催。大阪芸術大学卒業生の作家2人がコラボレーションし、パラスポーツ22競技をテーマとした写真と墨絵イラスト作品を大阪芸術大学スカイキャンパス(あべのハルカス24)で展示する。

 


■両氏がコラボした作品を展示

作品のモデルには、パラリンピック競技者のほか、大阪芸術大学舞台芸術学科卒業生でダンサーの大前光市氏や舞台芸術学科在学生の梶本瑞希氏、義足ファッションモデルの海音さんが登場。越智氏が撮影し、その写真を元に茂本氏が墨絵イラストを描くというジャンルを超えたコラボレーションが実現した。

 


■てんねんD&I展を同時開催

また、パラカヌーのパラリンピアンである瀬立モニカ選手をモデルにダイバーシティ&インクルージョンをテーマとした「てんねんD&Iモニカが村にやって来た越智貴雄写真展」を同時開催する。

 


■村で合宿した100日間の様子を撮影

東京2020パラリンピックにカヌー競技で出場した瀬立モニカさんは、東京大会と同じ海の練習場所として沖縄県大宜味村という人口3000人の小さな村を合宿地に選んだ。3年間にわたる村での合宿の様子を100日間密着して撮影した記録を展示する。

 


撮る×描く パラスポーツの世界~支配されない表現者たち~

<同時開催>てんねんD&I展 -モニカが村にやって来た-越智貴雄写真展 概要

 

会期:2021923()1024()

開催時間:11001900(入場は1830まで)

休館日:毎週月曜日・1015日(金)

会場:大阪芸術大学スカイキャンパス(あべのハルカス24階)

入場料:無料

主催:大阪芸術大学

企画:一般社団法人 カンパラプレス

協力:一般社団法人 パラスポーツ推進ネットワーク

 


【作家プロフィール】


■フォトグラファー/越智貴雄

大阪生まれ 大阪芸術大学写真学科卒

2000年からパラスポーツ取材に携わり、競技者としての生き様にフォーカスする視点で撮影・執筆。 2004年、パラスポーツの魅力を多くの人に伝えたいとパラスポーツニュースメディア「カンパラプレス」を立ち上げる。 2012年、パラアスリートの競技資金集めの為、セミヌードの「カレンダー」を1万部出版し、国内外で話題となる。 2016年、リオデジャネイロパラリンピック閉会式でのフラッグハンドオーバーセレモニーで、越智貴雄写真集「切断ヴィーナス」が使用される。 2020825日、幻のパラリンピック開会式に合わせて、高輪ゲートウェイ駅前で義足女性によるファッションショー「切断ヴィーナスショー2020」を行い、世界中で話題になる。

 


■墨絵イラストレーター/茂木ヒデキチ

愛媛県松山生まれ 大阪芸術大学デザイン学科卒

デザイナーを経てフリーイラストレーターに。 日本の画材『墨』によるドローイングを得意としそのスピード感あるタッチでミュージシャン、黒人、アスリート等、既存の墨絵では描かれなかったモチーフを取り入れたその独特な墨作品は、日本国内はもとよりNYでも話題を呼び、海外からのオファーも多い。 最近はオリンピック開催年にスポーツブランドに招致され、北京やロンドンで開幕前にライブペイントを披露。現在、東京国際空港(羽田空港)国内線旅客ターミナル内のボーディングブリッジ壁面に2020年東京オリンピックパラリンピック(MIZUHOホールディングス)応援看板墨絵が掲げられている。2018年、大阪芸術大学デザイン学科客員教授に就任。

 

大阪芸術大学


  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年02月19日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP