• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

地層処分について学習を希望する学校・団体を募集~原子力発電環境整備機構(NUMO)

2022年5月2日

原子力発電環境整備機構(NUMO)は、地層処分についての理解を深めてもらうため、地層処分に係る学習活動への支援を希望する2022年度分の学校・団体を募集する。


■最新動向や様々な知見から総合的な判断を

課題解決学習には「正解がないジレンマの生じる切迫感ある」課題が求められている。「地層処分」という課題はまさにそれだ。最新動向や様々な知見を吸収して総合的に判断する必要がある。

 


■「選択型学習支援事業」と「自主企画支援事業」で募集

地層処分の理解・普及を図る目的で設立した原子力発電環境整備機構(NUMO)は毎年、地層処分について学習を希望する団体を支援してきた。2022年度も定められたメニューから選択する方式の単年度の「選択型学習支援事業」と、企画書方式での複数年度の活動も可能な「自主企画支援事業」の2事業を実施する学校・団体を募集する。

 


<地層処分とは>

地層処分とは原子力発電所で使い終わった燃料を再処理(リサイクル)した後に残る「リサイクルできないもの」を、地下深くの安定した岩盤に閉じ込めて処分する方法。安全に処分できるようガラスと混ぜて固めたものを、地下深くの安定した岩盤に閉じ込めて処分する。地層処分は地表から300m以上深い岩盤の中で行われるが、地下深くの岩盤は物質を長期にわたって閉じ込めておくことに適していることから、高レベル放射性廃棄物の処分方法として地層処分が選ばれた。

 


<支援の内容>


【選択型学習支援事業】

募集枠:100団体

支援期間:支援決定から20231月末まで

支援金額:1団体あたり原則100万円まで(税込)

支援内容:

・専門家やNUMO職員の講師派遣

・地層処分関連施設の見学会

・情報ツール(パンフレット、チラシ、DVD等)作成支援

 


【自主企画支援事業】

募集枠:30団体

支援期間:支援決定から最長20251月末まで

支援金額:1団体あたり200万円まで(税込)

(特に必要と認められた場合に限り、同300万円まで)

支援内容:支援希望団体から提出された活動企画書を外部審査委員からなる選定

委員会が審査し、その内容に基づいて支援

(例)勉強会+施設見学会+意見交換会

 


<応募方法>

応募方法等については、以下のWebサイトを参照する。

【選択型学習支援事業】

 

【自主企画支援事業】

 

 

地層処分の理解に向けた「学習支援事業」に係る2022年度分支援希望団体の募集について


  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年02月19日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP