• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

インテル、第13世代インテル Coreプロセッサーを発表

2022年9月29日

インテルは9月28日、第13世代インテル Core i9-13900Kを最上位製品とした、第13世代インテル Core プロセッサー・ファミリーを発表した。10月20日に発売予定。今後、第13世代インテルを搭載した高性能PCが各企業からラインナップされることになる。

 

 

■ゲームとクリエイティブのための完全なオールラウンド・プラットフォーム

第13世代では、インテルの高性能ハイブリッド・アーキテクチャーにより、史上最速で動作するP-coresと最大2倍のE-coresを組み合わせ、シングルスレッドとマルチスレッドのパフォーマンスを向上させ、次のことが可能となる。

 

  • 世界最高峰のゲーム体験
    最大24コア(8 P-cores、16 E-cores)と32スレッドに対応する新しいインテル Core i9-13900K プロセッサーにより、ゲーム、ストリーミング、録画において最高レベルのユーザー体験が可能になる。

 

  • コンテンツ制作時のパフォーマンスの継続的な向上
    より多くのE-coreを搭載してコア数が増加。マルチスレッドのパフォーマンスが最大41%向上し、複数の高負荷なワークロードにも対応することができ、クリエイティブな作業も淀みなく遂行できる。

 

  • 比類のないオーバークロック体験
    エキスパートから初心者まで、あらゆるユーザーに比類のないオーバークロック体験が期待できる。P-cores、E-cores、DDR5メモリー全体で、平均のオーバークロック時のスピードが向上。また、ワンクリックで簡単にオーバークロックできるインテル スピード・オプティマイザーも第13世代プロセッサーに対応するようアップデートしており、ユーザーは最小限の労力でオーバークロックを実施できる。インテル エクストリーム・メモリー・プロファイル(インテル XMP)3.0のエコシステムは、オーバークロック・モジュールの選択肢を広く提供。この機能は、インテル ダイナミック・メモリー・ブーストと組み合わせることにより、DDR4でもDDR5でも手間をかけることなくメモリー・オーバークロック体験を実現する。

 

■デスクトップ・プラットフォーム向けの業界最先端の機能

第13世代インテルCore デスクトップ・プロセッサーは、次のような新機能や改良された機能により、ゲーム、コンテンツ制作、仕事など多岐にわたり、最先端のパフォーマンスとユーザー体験を提供する。

 

  • インテル アダプティブ・ブースト・テクノロジーとインテル サーマル・ベロシティー・ブースト: 所定のワークロード実行中の電力と温度にその余地がどれぐらいあるかに基づき、条件を満たした場合に、プロセッサーのクロック周波数を上昇させる。アンロックされたインテル Core i9にて利用可能。

 

  • インテル Core i5/i7/i9 プロセッサー全体でE-cores数を増加: マルチスレッドのパフォーマンスを飛躍的に向上させ、ユーザーのマルチタスク/メガタスク体験を向上。

 

  • PCIe Gen 5.0をサポートし、プロセッサー接続で、最大16レーンに対応。

 

  • DDR4は引き続きサポートしつつ、DDR5-5600とDDR5-5200までメモリーのサポートを拡大。

 

  • 最大で2倍のL2キャッシュを搭載し、L3キャッシュの容量も増強。

 

 

インテル

 

 


  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年02月19日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP