• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

静岡大学×鹿児島大学×カスペルスキー共同開発 情報セキュリティ啓発教材「ネットの『あやしい』を見きわめよう(GIGAスクール版)」無償提供開始

2023年6月1日

静岡大学と鹿児島大学およびカスペルスキーはこのほど、小学校高学年~中学生用の情報セキュリティ啓発教材「ネットの『あやしい』を見きわめよう(GIGAスクール版)」を共同で開発し、授業などで利用できる教材一式の提供を開始した。

本教材は、2017年にカスペルスキーと静岡大学が共同で開発した教材を刷新し、GIGAスクール構想による1人1台端末環境の普及に伴いPC・タブレットで使用できるようにしたもの。

 

 

 

■ネット利用時の「リスクの有無とそのレベル」の判断力を育む

教材には、現在増加しているなりすましや不正ログインなどのセキュリティ脅威を盛り込んだ。リスクを「ある」「ない」の二択で考えるのではなく、「どれくらいのリスクがあるのか」を考えさせる形式になっている。子供たちが直面する可能性のある実例に基づいたリスクの場面が、端末画面を模してカードに描かれており、子供たち自身が各カードのリスクの程度を考え議論することによって、リスク発見のスキルを養うことが期待できる。

今回はGIGAスクール構想に応じ、子供たちがオンラインでカードを操作できるWeb版を用意した。

 

 

■教材の内容例

子どもたちが使うカード:ネットやアプリ利用時に直面する可能性のある場面が、端末画面のイメージとセリフで表されている

 

 

カード台紙(Web版):各カードのリスクを判断し「大/中/小」いずれかにドラッグ&ドロップする

 

 

指導者用説明スライド:授業で使えるスライドには、各カードの回答とアドバイスを掲載

 

 

指導者用ガイドブック:教材を使用する際のポイントや指導案、授業展開例を掲載

 

 

■提供する教材について

【指導セット】授業を行うための指導者用ガイドブック/説明スライド/ワークシート/カード台紙

【カード】カードの印刷用PDFデータ(Web版を利用しない場合)

 

▶︎Web版カードと台紙:学校編家庭編

▶︎教材ダウンロードはこちらから

 

<教材の特長>

  • 主に小学校高学年~中学生を対象とする授業での利用を想定。高校生も利用可
  • 指導者向けには、指導用ガイドブックと授業で使用できる説明スライドを用意しており、準備の手間なく授業が行える。ワークシートは、体育館などでの集合研修時にカードの印刷版やWeb版の代わりに使用することもできる
  • 子供たちが使用するカードは学校編と家庭編に分けて各五つの場面を用意。印刷用カードのほか新たにオンラインで実施できるWeb版も用意しており、従来の印刷版カードに比べ授業の準備の手間が省け、手軽に実施することができる。印刷版カード利用時に使用するカード台紙は、カードをリスク大/中/小に分類して置くスペースがある。Web版カードと台紙はオンライン上のカードをドラッグ&ドロップ操作で該当するリスクに移動する
  • 実施時間は約50分(1コマ授業で完結、学校編か家庭編どちらかの場合は15分)。

 

■教材開発にあたってのコメント

静岡大学 教育学部 准教授 塩田真吾

「これからの情報社会では、『情報を上手に活用する力』と『情報のリスクに対応する力』である情報活用能力が求められます。この情報活用能力には、情報モラルや情報セキュリティに関する資質・能力も含まれ、学習指導要領の解説においても『情報には誤ったものや危険なものがあることを考えさせる学習活動』が推奨されています。ぜひ本教材をご活用いただき、子供たちの情報活用能力を育成いただきたいと思います」

 

鹿児島大学 大学院教育学研究科 助教 髙瀬和也

「安全人間工学の観点では、リスクがあるかないかを発見するだけでなく、そのリスクがどのくらいの大きさなのかを『分析』『評価』することが重要です。本教材を活用した情報セキュリティ教育では、ネットやアプリにまつわるリスクについて、どのくらい大きなリスクなのかを見極めるトレーニングとなることが期待できます。ぜひ本教材をご活用いただき、リスクに対応する力に着目した学習活動を実施いただければ幸いです」

 

株式会社カスペルスキー 代表取締役社長 小林岳夫

「2017年に、初めて静岡大学塩田先生と共同開発した情報セキュリティ教材「ネットの『あやしい』を見きわめよう(中高生編)」の提供から約6年がたちました。今やインターネットに触れることが日常になっている子供たちがトラブルやサイバー犯罪に巻き込まれることを避けるには、セキュリティリスクを見極めるスキルを持つことが非常に重要になってきています。このGIGAスクール版教材を通じて、子供たちが自分自身でリスクを判断できるようになり、インターネットがもたらす可能性を享受できるようになることを願っております」

 

▶︎教材ダウンロードはこちらから

 

国立大学法人静岡大学

国立大学法人鹿児島大学

株式会社カスペルスキー


  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年02月19日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP