• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

国立科学博物館が歴史上の科学者に関する資料と物語をWebで公開「矢田部良吉デジタルアーカイブ」

2021年3月31日

国立科学博物館は、所蔵する「科学者資料」の中から「矢田部良吉デジタルアーカイブ」をWebで公開した。日本で最初の植物学教授であった矢田部良吉の資料をデジタル化して登録したIIIFデータセットと、それを活用した電子展示の2つで構成される。


■デジタルアーカイブで科学資料へのアクセスが容易に

矢田部良吉資料には、明治初期の植物採集記録や、精緻な標本画の原画、女子教育についての考えを述べた原稿など、科学と教育の歴史を証言する貴重な資料が多数含まれる。今回のデジタルアーカイブにより、これらの資料へのアクセスがいっそう容易になる。同時に、個々の資料情報だけでは分からない、資料を読み解いて得られる科学者の物語も、専門研究者の視点から垣間見ることができる。

 


■国立科学博物館の前身の初代館長を務める

矢田部良吉(1851年生まれ、1899年没)は、東京大学の初代植物学教授や、国立科学博物館(以下、科博)の前身である教育博物館の初代館長などを務めた人物。日本の近代植物学や高等教育に貢献しただけでなく、科博とも縁の深い科学者となる。

 


■矢田部良吉に関する約300点の資料をデジタル化

今回、矢田部本人に由来するノートや原稿、書簡など約300点をデジタル化。その画像と資料データを、国際標準規格であるIIIFの定める形式で公開した。さらに、このデータをもとにして、矢田部の生涯を紹介する電子展示も制作した。

 


■従来の科学者資料の展示とは異なる

国立科学博物館では、これまでも多様な科学者資料を収集・保管・研究・展示してきた。その成果の一端は「標本・資料統合データベース」から見ることができる。ただし、その多くは単なるデータの提示であり、資料の画像をユーザーが他の資料と並べて閲覧したり、自由に拡大縮小したりすることなどは、容易にできなかった。

 


■「科博IIIFデータセット」と「文明開化の科学者・矢田部良吉の生涯」で構成

電子展示「文明開化の科学者・矢田部良吉の生涯」

今回、公開されたデジタルアーカイブは、矢田部良吉資料をIIIFの定める形式に整理した「科博IIIFデータセット」と、それを用いて制作された電子展示「文明開化の科学者・矢田部良吉の生涯」で構成。この2つは、個々の資料の画像と情報をユーザーが広く利用可能な形式で提供する一方、それらの中からピックアップした資料を意味のある順序で並べ、専門家の解説とともに閲覧できる仕組みで提供する。

 

 

 

 

 

 

 

 

電子展示「文明開化の科学者・矢田部良吉の生涯」

科博IIIFデータセット


  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年05月02日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP