• ゼッタリンクス
  • 教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

【夏休み】親子でデータサイエンス~未来のデータサイエンティスト育成~締切7/25

2021年7月21日

小学生を対象とした、統計の基礎やグラフを使ってデータサイエンスの楽しさを親子で体験できるイベント「なつやすみ 親子でデータサイエンス」が7月31日(土)から8月21日(土)まで開催される。申し込みを7月25日(日)17時まで受け付けている。


■未来のデータ・サイエンティスト育成に向けて開催

このワークショップは、SAS Institute Japanが取り組んでいる未来のデータ・サイエンティスト育成支援および様々な社会課題をデータとアナリティクスの力で解決していく取組の一環として開催。2016年に第1回が開催され、今年で6回目の開催となる。

 


■データの集計・分析結果をポスターにまとめる

参加者は自身が興味のあるテーマについてデータを収集。データ分析のプロであるSAS 社員からオンラインでヒントをもらいながら、データの集計・分析結果を15日間かけてポスターにまとめる。作業の成果として作成するポスターは、夏休みの自由研究の宿題としても利用できる。

 


■Kick-offオンラインイベントでポスター制作の流れなどを説明

Kick-offオンラインイベントは731()に開催。参加者全員に対し、イベントの概要やポスター制作の流れと制作方法、また制作したポスターを提出する際のアピールビデオの撮影方法などを説明する。

 


■身近な題材を分析テーマに設定

参加者は「ワークガイド」にそって、「分析テーマの設定」「仮説を立てる」「仮説に基づいたデータの収集」の事前準備を実施。例えば、自宅前の時間あたりの交通量、天候と植物の成長、気温と電気の使用量など、身近な事象や興味があることを分析テーマに設定する。そのテーマに沿って仮説を立て、その仮説に基づいて観察してデータを集めたり、一般に公開されているデータを探したりしてデータの収集を行っていく。

 


■知見を人のために役立てるポスターを制作

続いて、準備したデータを分類・集計し、グラフなどを使ってデータを視覚化する作業を実施。事前に設定した仮説をデータに基づいて検証することで新しい発見をし、その知見を人のために役立てることを考えながらポスターを制作する。また、完成したポスターは、ポスターの説明をしたアピールビデオを撮影して提出する。

 


<なつやすみ 親子でデータサイエンス 概要>

主催:SAS Institute Japan株式会社

 

会場:オンライン (ZoomおよびMicrosoft Teams)

 

参加費:無料(事前登録制)

 

参加条件:     

小学2年~6年の児童およびその保護者(うち児童は2名まで)

インターネットを介してオンラインイベントおよびオンライン・サポートに参加可能な人

データの測定や収集が可能な人

自宅などでB2版のポスターの制作が可能な人(ポスター用紙はイベント開始までに送付)

制作したポスターの写真およびポスターの解説動画(2分程度)をスマートフォン

などで撮影し、イベント主催者にインターネットを介して提出可能な人

 

定員:20組

※応募多数の場合は抽選となる。

727()に「なつやすみ 親子でデータサイエンス」事務局より応募者全員に

Eメールで抽選結果を通知する。

 

申し込み方法:以下のWebから申し込む

 

申し込み締切:2021725() 17:00まで

 


<スケジュール>

Kick-off オンラインイベント (ライブ)

2021年731() 14:0016:00

 

ポスター制作期間

2021年81()815日(日)

 

ポスターおよび解説動画の提出締切

2021年815 ()

 

表彰式・閉会式 オンラインイベント (ライブ)

2021年821 () 14:0015:00

 

なつやすみ (オンライン) 親子でデータサイエンス

 

thumbnail
thumbnail
  • シスコシステムズ
    Jamf
    アイキューブドシステムズ
  • 教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2021年07月16日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP