• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

校務DXで年間192時間節減を実現 ルネサンス高校グループ

2024年3月6日

eラーニングで学べる広域通信制・単位制高校のルネサンス高校グループは、学習管理システム「learningBOX」を導入し、時間節減などの教育DX実現に関する成果が出ているという。このほど、提供元のlearningBOXが同校における導入事例記事を公開した。

learningBOXは、価格と使いやすさにこだわった、クラウド型eラーニングシステム。直感的なUI/UXで専門的なIT知識がなくても手軽に教材の作成や管理、メンバー管理、成績の保存や閲覧などが行える。

 

 

■生徒数増加傾向の通信制高校、教育DXの必要性急務に

文部科学省「学校基本調査」によると、2023年5月1日での高等学校(通信制)の生徒数は26万4,974人。前年に比べて11.1%増と過去最高になっている。

2003年に導入された教育特区により、2004年以降に複数の株式会社が通信制高校を開校。さらに2020年のコロナ禍以降には、急激に通信制への認知が広がり、全国各地で通信制高校の新規開校やキャンパスの新設などが増えている。また、全日制を設置している高校が通信課程を併設する事例も増えており、中学校卒業後すぐに通信制高校へ入学している生徒も多い。

小・中学校からの不登校問題とも関係があると考えられているが、転入・編入のしやすさや、スポーツ、留学、芸術など学外活動との両立のしやすさなども含め、選択肢が広がったことでさまざまな需要が生まれているといえる。

こうした社会状況を背景に、生徒数の増加が続く通信制高校だが、生徒数の増加に伴い運営・管理業務の煩雑化等の問題も生じている。そこで急がれるのが教育DXの推進だ。カリキュラムや学習のあり方を革新するとともに、教職員の業務や組織、プロセスなどを革新し、時代に対応した教育を確立することが求められている。

 

■通信制高校にも適応した学習管理システムで教育DXを加速化

ルネサンス高校グループにおける学習管理システム「learningBOX」導入事例の主なポイントは以下のとおり。

 

◎導入前の背景や課題
  • 学習指導要領改訂に伴う「3観点」の評価を実施するための仕組みが必要だった
  • 生徒それぞれのレベルに応じた問題の出し分けをしたかった
  • 約8,000名いる生徒の授業運営をスムーズに行いたかった
  • 新規ユーザー登録などの管理業務に時間がかかっていた
◎導入の決め手
  • 信頼できるエンジニアと出会ったため
  • 必要な機能が一通り揃っており、使い勝手が良かったため
  • 追加で欲しい機能の開発依頼が可能なため
◎導入後の効果
  • 機能開発を依頼し、3観点別の評価に対応できるようになった
  • 機能開発を依頼し、レベルに応じた問題を解き進められるようになった
  • 機能開発でより最適な環境を構築でき、授業運営もスムーズに進んでいる
  • API連携により、ユーザー登録作業にかかっていた年間192時間を節減

実際のメディア学習(動画授業)の画面(左)、learningBOXの学習画面(右)

 

▶︎導入事例記事の詳細はこちら

 

ルネサンス高校グループ

learningBOX(ラーニングボックス)

learningBOX株式会社

最新セミナー情報

  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年04月15日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP