• アイテス
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
教育旅行

北海道教育旅行 新型コロナ対策の支援金申請の受付を開始  貸切バスや宿泊部屋数増の費用を支援

2022年5月17日

北海道教育旅行支援事業北海道は、道内で実施する教育旅行において、新型コロナウイルス感染症対策として貸切バス等や、宿泊施設での感染リスク低減への取組に対する支援を実施する。感染リスク低減のために、貸し切りバス等の追加借り上げや、宿泊施設数増等にかかる増加経費を、予算の範囲内で支援する。

 

対象となるのは、北海道内外の学校が北海道内で実施する教育旅行で、対象旅行期間は令和4年4月1日から令和5年3月10日帰着まで。

 

北海道支援表

  • 支援金の対象となる貸切バス等及び宿泊施設の経費について、他の支援金等を利用する場合は、当該経費の実費から他の支援金等の額を差し引いた額を上限とする
  • 区分(1)と(2)は、どちらか一方の利用、または併用が可能
  • (3)の冬季観光施設を利用する日帰り活動での貸切バス支援の申請受付開始は、令和4年10月初旬に開始予定
  • 申請は旅行出発日から起算して30日前まで。令和4年4月1日から同6月8日発までの間に実施される教育旅行についてはこの限りではない

 

■支援金交付対象者(申請を行う者)

  1. 北海道内で教育旅行を実施する国内の学校に対し、貸切バス等および宿泊施設での感染リスク低減に取り組む旅行会社。
  2. 北海道内で教育旅行を実施するため、貸切バス等および宿泊施設での感染リスク低減に取り組む旅行の手配を自ら行う国内の学校。

 

■対象となる教育旅行

  1. 令和4年(2022年)4月1日から令和5年(2023年)3月10日帰着までの間に実施されること。
  2. 表中(1)および(2)については、道内において、見学や体験を実施し、かつ1泊以上宿泊すること。
  3. 表中(3)については、道内の冬季観光施設において教育課程に位置づけられているスキー、スケート等の冬季観光施設を利用する活動を実施すること。
  4. 支援金交付の対象となる教育旅行について、道が実施するほかの支援事業等を利用していないこと。

 

■利用する貸し切りバス等、宿泊施設の条件

支援金交付対象者が手配する貸切バス等事業者、宿泊事業者、冬季観光施設は、道が定めた「新北海道スタイル」安心宣言を掲示し実践する事業者であり、かつ、道の「感染拡大防止ガイドライン策定普及モデル事業」により策定したガイドラインを遵守する事業者とする。なお、本取組状況については、支援金交付対象者が確認するものとする。

 

申請はインターネットにて行う。(インターネットによる申請ができない場合は下記事務局へ要問合せ)。

 

北海道教育旅行 支援金交付 申請サイト

必要書類のダウンロードや、各種ガイドラインへのリンクもこちらから

http://hokkaido-syuryo.com/support_project/

 

北海道教育旅行サイト

支援金・教育旅行・北海道の感染症対策の詳細について全般

http://hokkaido-syuryo.com/

 

感染症対策や教育プログラム、モデルコース等、教育旅行全般の相談を受付中

教育旅行支援事業事務局

電話 011-218-0135  e-mail  kyoikushien-info@hkd-kyoryo.com

関連記事

  • アイキューブドシステムズ
    フィンランドの英語教科書
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2022年06月17日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP