• Ad
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 都道府県教育旅行リンク集
教育旅行・体験学習

宿泊·体験先の出会いが思い出に<東京都中学校長会修学旅行対策委員会 委員長 池田富太郎氏>

2018年6月18日
教育旅行特集2018
池田富太郎氏

池田富太郎氏

教育旅行における宿泊・体験学習施設の選定基準として、最近は旅行先の土地ならではの伝統文化や衣食住が体験できる点を重視する傾向が多く見られます。加えて、現地の人との温かいふれあいは、学校・保護者ともに重視されているポイントです。都内の中学校は約96%が修学旅行を関西(京都)方面で実施していますが、伝統工芸品作成体験や歴史の残る風景を感じる街歩きなどが班別学習などで取り入れられています。多くの学校が歴史学習をテーマにしていても、求めているものは“人との出会い”なのです。

人とのふれあいが生徒の心に残る

規模の大きな宿泊・体験施設では、食事のアレルギー対応など安全面に安心が持てる一
方、スタッフと生徒の関係が希薄なまま終わってしまう傾向が見られます。今年2月に都内中学校13校を対象に行った調査※では、修学旅行生の47%が宿泊施設内のレクリエーションについて「強く感動した」と回答しており、交流・体験の重要性が表れました。食事の場面ひとつでも、ただ提供するだけでなく、方言を使った会話など生徒との交流が充実していれば、学校の満足度も高まるのではないでしょうか。

そして、観光振興だけではなく、教育的な意義・価値があることも重要です。地元の教職員からも意見を聞いてみてください。

本委員会では、スタッフとの対人関係などがもとで起こった些細なトラブルなども施設側に伝え、改善に努めています。互いに信頼関係を構築できるよう、今後は施設と学校が直接話し合える機会を増やしていきたいです。

※「生徒の意識調査による修学旅行の体験活動に関する分析と考察」(日本修学旅行協会、東京工業大学の共同研究)より

教育家庭新聞 健康・環境・体験学習号 2018年6月18日号掲載


関連記事

  • Ad
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 都道府県教育旅行リンク集
最新号見本2018年11月05日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP