• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

さいたま市教委がバスケットボールの普及・振興を目指して、ブロンコス20と連携協定を締結

2021年4月28日

さいたま市教育委員会は、子供たちの健全な心身の発達に資することを目的に、バスケットボールチーム「さいたまブロンコス」を運営するブロンコス20と連携協定を4月23日(金)に締結した。


■小中高生がバスケを好きになるようなアイディアを

調印式には、さいたま市教育委員会の細田眞由美教育長と、ブロンコス20代表の池田純代表、さいたまブロンコスの田中良拓選手が出席。細田教育長は「さいたま市教育委員会がプロスポーツチームと協定を結ぶのは初めてのこと。バスケットボールが大好きな小中高校生には、どうしたらバスケットボールを大好きになってもらえるか、ブロンコスの皆さんと生徒たちがアイディアを出し合ってイノベーションを起こしていきたい」と語った。

 


■子供たちと共にチームも成長を

池田代表は「スマートデバイスやネットワークを活用した新しいスポーツとの関わり方も含めて、さいたま市の取組に一緒に関われることを楽しみにしています。さいたまブロンコスも、さいたま市で子供たちと共に成長していきたいと思っています。バスケットボールという競技に限らず、何かできることがないか、教育委員会と一緒に考えていきたい。生徒の皆さんも、選手が学校に行きますので待っていてください」とメッセージを送った。

 


■さいたま市をスポーツで盛り上げる

チームを代表して参加したキャプテンの田中選手は「自分が子供のころは、スポーツ選手が学校に来るという経験がなかったので、これから皆さんと一緒にさいたま市をスポーツで盛り上げられるよう、力になりたいと思いますので、よろしくお願いします」と意気込みを語った。

 


■高校生からの質問に回答

市内の高校を代表して、大宮北高等学校のバスケットボール部員と大宮国際中等教育学校の生徒会がオンラインで参加。「キャプテンとしてチームをまとめるために大切にしていることはなにか」という生徒からの質問に対し、「様々なバックグラウンドをもった選手が集まってくるので、些細なことでも会話をたくさんすること心がけている」と田中選手が回答するなど、交流が行われた。

高校生とオンラインで交流

 


<さいたまブロンコスについて>

前身は 1982 年創部のマツダオート東京バスケットボール部。創部2年目にサンタクララ大学のランダヘッドコーチから同大学のチームニックネーム“Broncos”をプレゼントされ継承する。1996年「所沢ブロンコス」としてクラブチーム化、所沢を拠点として活動するも、以後、ホームタウンを埼玉県全域に広げ、埼玉県を代表できるチームを目指し「埼玉ブロンコス」と改名した。2020-2021シーズンより、経営の健全化と、地域に愛され地域に貢献できるクラブチーム作りを目指し再始動。再スタートの象徴として71日から「さいたまブロンコス」にチーム名を変更。チームロゴも一新し、新たな船出を迎えた。チームスローガンは「WILD POWER」。

 

さいたま市

さいたまブロンコス


  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年05月02日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP