• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

一人の日本人から始まった“武力に頼らない”紛争解決~NPO法人アクセプト・インターナショナルの取組 NHK「ザ・ヒューマン」で3/26日放送

2022年3月26日

ウクライナ情勢の深刻化を機に、 国内でも紛争問題への関心が集まっている。テロ・紛争問題の解決に取り組むNPO法人アクセプト・インターナショナル(代表理事 永井陽右)は、投降兵・テロリストの更生・社会復帰など“武力に頼らない”紛争解決を呼びかけているが、その取組が3月26日(土)放送のNHK長編ドキュメンタリー番組「ザ・ヒューマン」で紹介される。


■憎しみの連鎖を断つことが平和につながると考え

NPO法人アクセプト・インターナショナルは、紛争地にいる若者たちが武器を置き、社会を良くする若者として復活していくことが、“憎しみの連鎖を断ち、テロや紛争の解決に繋がると考え、社会から見放されがちな 加害者側への支援事業を展開している。

 


■学生NGOとして発足した活動が国際社会からも評価

これまで武力に頼らない形で、紛争解決に取り組んで来た中で、日本から初めて「パリ平和フォーラム」に選出された他、国連に諮問的地位を有する国連NGOとなるなど、学生NGOとして発足した活動が、国際社会からも評価をされるようになってきた。


■“テロ・紛争のない世界”の実現を目指して

“誰一人取り残さないをスローガンにSDGsが大々的に叫ばれる中、アクセプト・インターナショナルは「排除するのではなく、受け入れる」という理念のもと、“真に取り残されない社会と“テロ・紛争のない世界の実現を今後も目指していく。そして、そのためにも日本中の多くの人に、普段知られることのない現地の状況や紛争地における活動を知ってもらいたいと考える。

 


■紛争の最前線で活動する永井氏を追う

NHKのヒューマン・ドキュメンタリー番組「ザ・ヒューマン」では、紛争の最前線で「憎しみの連鎖」を解くべく活動に取り組む代表の永井氏を中心とした、アクセプト・インターナショナルの活動を紹介。テロ組織からの投降兵や逮捕者の更生・社会復帰を支援するソマリア事業を中心に、団体の歩みやこれまで公開されなかった活動の様子も放送予定。


<放送概要>

番組名:「ザ・ヒューマン」

放送局:NHK BS1

放送日時:326() 22:0022:50 50分)

※再放送予定

3月27() 8:008:50

3月29() 17:0017:50

※番組の詳細・予告編は以下のWebで確認

 


<代表理事 プロフィール>

永井陽右(ながい ようすけ)

1991年、神奈川県生まれ。NPO法人アクセプト・インターナショナル代表理事。国連人間居住計画CVE(暴力的過激主義対策)メンター。テロと紛争の解決をミッションに、主にソマリアなどの紛争地にて、いわゆるテロ組織の投降兵や逮捕者、ギャングなどの脱過激化・社会復帰支援や過激化防止を実施。また、テロ組織との交渉および投降の促進、専門家会議委員および専門作業部会委員として国連機関の政策立案やレビューなどにも従事。London School of Economics and Political Science紛争研究修士。国内外で受賞・選出多数。著書に『共感という病』(かんき出版)、『僕らはソマリアギャングと夢を語る:「テロリストではない未来」をつくる挑戦』(英治出版)、『ぼくは13歳、 任務は自爆テロ。:テロと戦争をなくすために必要なこと』(合同出版)など

 

NPO法人アクセプト・インターナショナル

  • フィンランド教科書

  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年06月14日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP