• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

本を媒介としたコミュニケーション装置「ほんのれん」の活用に向けて体験ワークショップを開催~大阪経済大学

2024年5月22日

大阪経済大学は本を媒介としたコミュニケーション装置「ほんのれん」を3月27日に全国の大学で初めて導入。それに伴い、学生や教職員が「ほんのれん」を積極的に活用できるよう、本を囲んで対話する体験ワークショップを5月31日(金)に同大学の図書館ラーニング・コモンズで開催する。

「ほんのれん」導入イメージ

 

■学習支援のさらなる活性化を図るため「ほんのれん」を導入

大阪経済大学は20239月、図書館1階にラーニング・コモンズを新設し、教育・学習支援センターを併設した。20243月には学習支援のさらなる活性化を図るため、同窓生の会「大樟春秋会」からの寄贈を受けて「ほんのれん」を導入した。

 

■毎月のテーマに沿った5冊の本や「問い」が書かれたプレートなどを設置

学校やオフィスの図書空間の活性化のために開発された「ほんのれん」は、丸善雄松堂と編集工学研究所が共同で運営する。たたみ一畳分のオリジナルデザインの本棚には100 冊の本と毎月のテーマに沿った5冊の本と「問い」が書かれたプレートなどがセットされる。そこに居合わせた人は「本」や「問い」を媒介として自然に交流することができる。

 

■9冊の本を手がかりにホントの自分を考える

5月31()のワークショップでは、学生と教職員に基礎演習やゼミなどで「ほんのれん」を活用してもらうため、導入事例の紹介と対話体験会が行われる。40人の参加者が5人ずつ8グループに分かれ『「ニセの自分」で生きています-心理学から考える虚栄心』や『アバターと共生する未来社会』など9冊の「本」を手掛かりにホントの自分?アバター時代の「たくさんの私」”という「問い」について考え対話する。

 

■「ほんのれん」を利用したワークショップに向けて旬会ナビゲーターを育成

ワークショップでは丸善雄松堂の「ほんのれん旬会ナビゲーター」がファシリテーターを務め、各グループをまわりながら参加者の発言を促していく。今後、「ほんのれん」を利用したワークショップを学生が企画できるよう、学内で「旬会ナビゲーター」を育成することも視野に入れる。

 


<「ほんのれん」体験ワークショップ概要>

日時:2024531() 14:2516:20(受付13:55~)

場所:大阪経済大学 大隅キャンパス 図書館ラーニング・コモンズ

※住所:大阪市東淀川区大隅 2-2-8

大阪メトロ 今里筋線「瑞光四丁目」駅下車 徒歩約2

阪急京都線「上新庄」駅下車徒歩約15分、

大阪シティバス「大阪経大前」「大阪経大正門」下車すぐ

対象:大阪経済大学学生、教職員の参加希望者40(5人×8グループ)

テーマ:「〜問いと対話で場の創発を促すコミュニケーション装置〜」

【スケジュール】

14:25 開会挨拶

大阪経済大学 教育・学習支援センター長 森詩恵(副学長・経済学部教授)

丸善雄松堂 西日本支社長兼大阪支店長 新村岳

編集工学研究所シニアプランナー 姜舜伊(かんすに)

14:37 アイスブレイク 参加者自己紹介

14:45 「ほんのれん旬会」体験会

小冊子(旬感ノート)を活用した対話ワークショップ

ファシリテーター 丸善雄松堂 ほんのれん旬会ナビゲーター

今回の「問い」ホントの自分?アバター時代の「たくさんの私」

〇書籍

〈今月の旬感本〉5 冊

『「ニセの自分」で生きています―心理学から考える虚栄心』 稲垣智則

『「盛り」の誕生―女の子とテクノロジーが生んだ日本の美意識』 久保友香

『アバターと共生する未来社会』 石黒浩

『私とは何か―「個人」から「分人」へ』 平野啓一郎

『擬 MODOKI―「世」あるいは別様の可能性』 松岡正剛

 

〈あわせて読みたい百考本〉4 冊

『脱アイデンティティ』 上野千鶴子

『江戸とアバター—私たちの内なるダイバーシティ』 池上英子、田中優子

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』 フィリップ・K・ディック、浅倉久志(訳)

『ポストトゥルース』 リー・マッキンタイア、大橋完太郎(訳)

14:50 対談「ほんのれん」とは

「ほんのれん」の成立背景、大学で期待される価値、利活用のアイデア・可能性など

編集工学研究所シニアプランナー 姜舜伊

大阪経済大学 図書館長 草薙信照(副学長・情報社会学部教授)

大阪経済大学学生

16:10 質疑応答

16:17 閉会挨拶

大阪経済大学 図書館長 草薙 信照(副学長・情報社会学部教授)

ほんのれんクロス(左)、小冊子 旬感ノート(右)

ほんのれん

大阪経済大学

  • フィンランド教科書

  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年06月14日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP