• Ad
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 都道府県教育旅行リンク集
最新ニュース

U-22プログラミング・コンテスト2018 最終審査結果レポート公表!

2018年12月6日

U-22プログラミング・コンテストは、1980年から経済産業省主催として、優れた人財の発掘・育成を目的に開催している、作品提出型のプログラミングコンテストです。2014年からは民間企業による実行委員会主催として再スタートしました。さらに今年2018年には、全国小中学生プログラミング大会(JJPC)と連携し、「アイデアをカタチにする」という共通点と、それぞれのコンテストの特徴を活かした施策を検討するなど、更なる発展を目指しています。

 

今年度のU-22プログラミング・コンテスト2018は、1021日(日)に最終決戦が行われ、各賞が決定しました。今回の授賞作品の概要及び評価ポイントをはじめ、最終審査会の様子や表彰式、さらに受賞特典として行われた会社見学の様子などが、U-22のホームページにおいて公表されています。

 

作品の審査は、以下の3つのカテゴリに着目して行われています。

◇プロダクト:有用性・芸術性面、ビジネス展開できる可能性を秘めている。

◇テクノロジー:機能性・アルゴリズム面、作品制作にあたって高度な技術と知識を有している。

◇アイデア:独創性・将来性面、今後の発展性が期待できる。

 

経済産業大臣賞は、上記の3つのカテゴリそれぞれにおいて特に優れている作品と、全応募作品のうち、3つのカテゴリの観点から見ても大変優れており、総合的にバランスのとれている1作品、計4作品が選出されました。総合的に優れていると評された作品は、早稲田実業学校 初等部の菅野 晄さんの「写刺繍〜Sha-Shi-Shu〜」です。刺繍を行う際に、一番難解である設計図「図案」を簡単に作成できるアプリです。受賞者の菅野さんによると、ものづくりを面白く、便利にするアプリをこれからも作っていきたい、ということでした。

 

この他、経済産業省商務情報政策局長賞(各カテゴリ2作品)、スポンサー企業賞(9作品)、CSAJ会長賞(5作品)、BestViewer賞(1作品)が選ばれています。ただ、複数の賞を受賞している作品もあり、最多では4つの賞を受賞した作品もありました。レポートではそれぞれの作品の詳細やWebで公開されているものはURL、そして受賞者の喜びのコメントが掲載されています。プログラミングを学んでいる人、興味はあるけどまだトライしていない人、ぜひレポートを読んでみてください。ヒントをもらえたり、勇気づけられたり、きっと背中を押してくれますよ。

 

U22プログラミング・コンテスト2018 最終審査結果発表!

  • Ad
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 都道府県教育旅行リンク集
最新号見本2018年12月04日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP