フィンランドの英語教科書
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
  • 都道府県別教育旅行リンク集
学校施設

働き方改革を支援<タカコム>

2019年1月11日
学校施設特集:業務改善

働き方改革の推進と防災対策に向けて学校の施設整備が進む中、自動音声応答装置や緊急地震速報受信装置を導入する自治体が増えている。通信機器メーカーのタカコムでは、学校や公共施設に向けた各種ソリューションを提供している。

テキスト入力で留守録を設定 AT-D39SⅢ
緊急地震速報を低コストで導入 EDR-200A

■留守番電話を自動化 時間外労働を抑制
AT―D39SⅢ

時間外の電話応答を自動化

時間外の電話応答を自動化

3回線音声応答装置『AT―D39SⅢ』は、3回線同時の電話に対応できる留守番電話だ。最大9通りのメッセージ録音ができる。

録音媒体はフラッシュメモリカードを採用。装置から抜いても録音メッセージは消えない。

離れた場所から「応答メッセージ録音・再生」「マニュアル/タイマー応答のセット・解除」「マニュアル応答切替」の操作も可能で、外出先でも対応できる。時間外の留守応答の自動化で教員の残業抑制につながることが期待できる。

カードアダプタでさらに便利に

さらに別売のカードライトアダプタ「CWA―200」により、PCのテキスト入力でメッセージを作成できる。タイマースケジュールもPCで登録できるので、年間を通して「応答セット・解除」「メッセージ切替」の操作を自動化できる。アナウンサーの手配、メッセージ作成、タイマー操作の負荷の軽減が可能だ。

■地震速報でパニックを抑制
EDR―200A

緊急地震速報を低コストで導入

緊急地震速報を低コストで導入

緊急地震速報電話ページング装置『EDR―200A』は、緊急地震速報の放送を低コストで簡単に導入できるものだ。

民放FMラジオ局及びNHK―FMラジオ局から放送される「緊急地震速報」を受信して、学校の電話機や放送設備のスピーカーから緊急地震放送を行うことができる。

放送はFMラジオの音声を送出する「ラジオ放送」、あらかじめ本装置に録音されている「固定アナウンス」、任意で録音する「独自アナウンス」のいずれかを選択。「独自アナウンス」は施設や環境に合わせた適切な放送ができる。

避難訓練にも対応

緊急地震速報の放送から強い揺れが来るまでの時間はごくわずか。あわてず適切な行動をとるためには日常的な訓練が重要。テスト放送で学校の避難訓練に利用できるのも利点だ。▼詳細=https://www.takacom.co.jp/

教育家庭新聞 新春特別号 2019年1月1日号掲載

  1. 人に優しい学校施設を整備
  2. 働き方改革を支援<タカコム>
  3. スライド式曲面ドアでスペースを有効に活用する<三和シヤッター工業>
  4. 学校の熱気対策に大型循環送風機<ナカトミ>

関連記事

  • イーキューブスクール勤怠管理システム
    イーキューブスクール勤怠管理システム
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
  • 都道府県別教育旅行リンク集
最新号見本2019年07月08日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP