フィンランドの英語教科書
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
  • 都道府県別教育旅行リンク集
教育ICT

全生徒にタブレットPC「テンミニッツ」毎日実施<大阪府立寝屋川高等学校指導教諭・平尾一成氏>

2019年4月1日
第6回私立公立高等学校IT活用セミナー・大阪

教育家庭新聞社では、平成28年度から私立公立高等学校IT活用セミナーを開催している。平成30年3月2日、CIVI研修センター新大阪東で私立公立高等学校IT活用セミナーを開催。教員や教育委員会が約80名集まった。本年はeポートフォリオの事例に関心が集まっていた。

タブレットで毎日小テスト AL型授業も

大阪府立寝屋川高等学校指導教諭・平尾一成氏

大阪府立寝屋川高等学校指導教諭・平尾一成氏

創立109年、野球部の強豪校で国公立大学90名前後の入学実績など文武両道の学校として地域の人気校でもある寝屋川高等学校。英語科の平尾指導教諭が同校に赴任した14年前は伝統的な授業形式であったが、府の予算でプロジェクターが整備された平成30年度よりICT活用と学力向上に取り組んでいる。

タブレットPCの1人1台整備を始めて3年目で、現在は約400台を授業で活用している。

65分授業33単位の学校で、月1回ペースで土曜日に公開研究会や授業参観、オープンスクールなどを行っている。クラブ活動は16時からで18時完全下校と毎日忙しい。そこで平成28年から始めた10分間朝学習を現在、放課後10分間学習「テンミニッツ」とし、授業支援システムを使って毎日、5時間目終了後に小テストをスマートフォンやタブレットに配信。帰りのSHRが始まるまで取り組んでいる。

英語の単語テストから始め、国語や社会科からも出題。小テストには真剣に取り組んでおり、入学時のレベルはほぼ同様の1年生と2年生だが、テンミニッツにしっかり取り組んでいた学年で上位層が増え、下位層が減少した。

■数学の解法を動画にアップ

数学はプレゼン形式の授業を継続して取り組んでおり、タブレット画面を無線でプロジェクター画面に提示して生徒が解法を説明している。論理的な発表能力が鍛えられているからうまく機能していると感じている。さらに教員が、難しい問題の解法などを中心に予習動画や授業動画を作成して授業支援システム上にアップしており、生徒に好評だ。

英語科の教員も動画を作成しアップしている。

一度作成すると、何度も活用できる。

■AL型授業で主体的対話的に

若手教員が中心になり、AL型の授業を、ICTを活用しながら取り組んでいる。

視聴覚教室にはプロジェクターを2台設置してAL型の授業に取り組んでいる。疑問の提示がうまく、ALによる主体的で対話的な学びにつながっている。

コンセプトマップ(概念図)も活用。英語科では平成30年度、英語を読んだあとにコンセプトマップでキーワード化して英語でプレゼンテーションをする取組を開始。1年間続けた結果、リーディング力が伸びた。

体育の走り幅跳びでは、どのように跳べば遠くに跳べるのかをタブレットPCを使い、ユーチューブなどの動画を視聴して検討。バスケットボールでは、ゾーンディフェンスの方法について、グループごとにゲームを撮影して考えさせていた。

■授業づくりの意識研修で高める

英語科では平成30年度に研修支援に取り組み、研究授業を2回実施。アンケートによると、授業デザインに対する理解が深まった、表現活動に対する積極性が増した、CANDOを意識するようになったなどの回答を得た。次年度は全教科で取り組み、寝屋川の授業が良い、という評価を目指す。【講師】大阪府立寝屋川高等学校指導教諭・平尾一成氏

【第6回私立公立高等学校IT活用セミナー・大阪:2019年3月2日

教育家庭新聞 教育マルチメディア号 2019年4月1日号掲載

 

  1. 大阪府立寝屋川高等学校指導教諭・平尾一成氏
  2. 近畿大学附属高等学校ICT教育推進室長・乾武司氏
  3. 関西学院大学高大接続センター次長・尾木義久氏
  4. 同志社中学校・高等学校 情報科教諭・鈴木潤氏
  5. 大阪市立東高等学校 主務教諭・池田明氏
  6. 高槻中学校・高等学校教頭/AL推進チームリーダー・前田秀樹氏

関連記事

  • イーキューブスクール勤怠管理システム
    イーキューブスクール勤怠管理システム
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
  • 都道府県別教育旅行リンク集
最新号見本2019年08月20日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP