• 第64回教育委員会対象セミナー 福岡開催
  • フィンランドの英語教科書
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
教育ICT

進化する大型提示環境を提供する~ブラビア

2020年1月5日
ソニーマーケティング㈱ ビジネスソリューション本部 開発営業部統括部長 真砂野 透 氏

ソニーマーケティング(株)
ビジネスソリューション本部
開発営業部統括部長
真砂野 透 氏

令和元年度補正予算に学校のICT環境整備の強化が盛り込まれた。2020年は学校のICT環境がさらに加速しそうだ。文部科学省「平成30年以降の学校におけるICT環境の整備方針」において必須事項の1つである大型提示環境の全教室整備について、2018年から学校向けに提供を開始した「ブラビア」が、学校現場のニーズを探りながら進化している。ソニーマーケティング(株)ビジネスソリューション本部 開発営業部の真砂野透統括部長に、法人向け「ブラビア」の今後の活用を聞いた。

明るい教室でも鮮明に見える

これまで培ってきたソニーの技術力による様々なブラビアの特徴が学校現場の課題解決に貢献できるのではないかと考え、2019年は、法人向け「ブラビア」を学校用ディスプレイとして提案してきました。

学校のテレビをデジタルテレビに入れ替える2009年の「スクール・ニューディール」時には提案することができませんでしたが、当時の導入製品の入れ替え時期でもあり、いくつかの学校にブラビアを提示環境として提案したところ、とても良い反応を頂くことができました。

3センチ程度の葉を拡大すると立体感や繊毛などが詳細に観察できる

3センチ程度の葉を拡大すると立体感や繊毛などが詳細に観察できる

学校関係者に評価された点は、解像度が極めて高く、観察物や教科書・資料を拡大しても色合いや質感をそのまま鮮明に表現できること、テレビとして開発してきた経緯から音にも臨場感があり、英語のリスニングや音楽の授業にも対応できること、映り込みが少なく、明るい教室でカーテンを閉めなくても画面が明るく鮮明なこと、視野角が広いので教室前方端からでも見ることができることなどです。

「ブラビアでは、生徒は、教室のどこに座っても『見えない』と言わない」「大画面で発色も良く、細部が見やすいので伝わる情報量が圧倒的に増えた」「植物や虫、化学実験などで、本来の『色』が再現できる」「目が疲れない」などの評価も頂きました。薄型でフレームも最小限となっており、大画面でありながらコンパクトで、「デジタル模造紙」のような外観も好評です。製品が評価されるのは、大変うれしいことです。

地図帳も4Kで拡大しても鮮明だ

地図帳も4Kで拡大しても鮮明だ

歴史の教科書に掲載しているモノクロの戦時中の写真を拡大すると、教科書で見る以上に鮮明に投影されていました。2K画像を4K解像度レベルまでアップコンバートする機能もあり、実物投影機を使って地図帳や教科書・資料集などの細かい文字や写真を拡大しても、鮮明に表現できるのです。3センチ程度の小さな植物も、立体感や繊毛などを顕微鏡のように詳細に観察できました。

使い勝手の良い4K電子黒板へ

その後様々な教育展示会に出展し、営業と開発が一体となって、学校にとって必要な機能を次々と追加しています。ブラビアのOSがAndroidであることから、低コストで開発しやすく、スピード感をもって機能を拡張することができるためです。まず、タッチパネルの装着により画面タッチを可能にし、ペンツールも活用できる電子黒板としての提案も可能になりました。

AirPlay 2(Apple)も搭載(2019年度内を予定)し、iPad画面からビデオや写真、音楽、プレゼンテーションをワイヤレスで提示・再生することも可能です。

Chromecastは当初から搭載しており、Androidスマートフォン・タブレットやChromebookから画面提示ができます。

Windows PCを安定して使用したい場合は、Microsoft Wireless Display やスクリーンビームなどのMiracastアダプタの使用を推奨しています。

リース提供も好評

リース提供も始めています。2019年度に導入頂いた教育委員会の多くがリースによる契約で、故障の際は修理スタッフが学校に出向いて対応をしています。

予算の関係から、初年度はディスプレイとして導入し、その後後付けで電子黒板にする、という提案も可能です。

PCなしで遠隔授業
デジタル教材にアクセス

さらに新たな開発として、遠隔授業への対応と、学校現場にニーズの高いコンテンツの1つであるNHK for schoolなど、デジタル教科書・教材への対応を準備中です。

PC不要で、ブラビアをタッチするだけでNHK for schoolなどにアクセスできるようになります。

小規模校においても柔軟な学びを提供できることから、文部科学省では、希望するすべての学校に遠隔授業を提供することとしています。これを手軽かつ安価に提供します。

従来のシスコシステムズなどのビデオ会議システムのほか、Microsoft TeamsやZoomミーティング、Googleハングアウトなどを各教室・各拠点のブラビアで、ワンタッチで活用できるように対応していく予定です。

既に遠隔授業のニーズは高く、なるべく早い段階で、全国で検証を行う準備を進めています。

ブラビアがあれば、バージョンアップによりこれらの新しい機能を手軽に活用できます。

今後も弊社の強みを活かし、視覚情報の質を上げることで、学びの質の向上に貢献できる電子黒板として、学校のニーズに対応していきたいと考えています。

教育家庭新聞 新春特別号 2020年1月1日号掲載

関連記事

  • イーキューブスクール勤怠管理システム
    イーキューブスクール勤怠管理システム
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
最新号見本2020年01月18日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP