• EDIX東京
  • 教育委員会対象オンラインセミナー 5/20開催
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
教育ICT

学校情報化認定制度 1人1台PC環境に合わせて更新~新チェックリストを紹介JAET

2021年3月2日

 学校情報化認定制度を運用している日本教育工学協会(JAET)は、GIGAスクール構想による1人1台PC配備に伴い、認定の基準となるチェックリストを改訂する。それに伴い学校情報化診断システムも4月に更新する。

■チェックリストを紹介

日本教育工学協会(JAET)では、GIGAスクール構想による1人1台PCに伴い、学校情報化認定制度のチェックリストを更新した。全国にICT環境が整うことで今後、本チェックリストはさらに広く活用されることになりそうだ。新しいチェックリストを紹介する(下図参照)。前回チェックリストと最も変更が多いのは、4分野のうち「情報教育」の部分だ。赤字は、前回のチェックリストと変更があった部分。

先進的・発展的な取り組みが行われている状態:レベル3
学校として充分な取り組みが行われている状態:レベル2
部分的に取り組まれている状態:レベル1
取り組みが不充分な状態:レベル0

チェックリスト(PDF)をダウンロード 

 

■学校情報化認定制度2014年度から開始

JAETでは学校情報化診断システムを活用して学校の情報化の状況を自己評価し、総合的に情報化を進めた学校(小学校、中学校、高等学校)を認定する「学校情報化認定」に2014年度から取り組んでいる。

■学校情報化優良校

「情報化の推進体制」を整え、「教科指導におけるICT活用」「情報教育」「校務の情報化」各分野に積極的に取り組んでいる学校は、学校情報化優良校として認定される。認定基準は、各項目のレベルが1以上であること、かつ学校情報化チェックリストのすべての項目の平均が2以上であることを満たした上で、指定されたエビデンス(自己評価の裏付けとなる各種情報・資料※)をすべて入力した学校を対象に、JAETの役員で構成される学校情報化認定委員会が審査する。

■学校情報化先進地域

さらに学校情報化優良校として認定された学校が自治体で80%に達した地域は、学校情報化先進地域として認定される。校種別の申請もできる。随時応募可。

■学校情報化先進校

学校情報化先進校は、学校情報化優良校の認定後に申請できる。認定基準は、チェックリストのすべての項目がレベル2以上であり、かつ応募するカテゴリの5項目のうち3項目以上がレベル3であること。応募期間は4~6月頃。

学校情報化優良校については2021年2月時点で累計1144校が認定済。認定期間は3年間。それを超えると再認定が必要。学校情報化先進校は累計29校、同先進地域は累計15地域。

学校情報化先進校は毎年秋に開催する全日本教育工学研究協議会全国大会(JAET全国大会)で表彰される。今年度は大阪市が開催地区。

■学校情報化診断 システムに登録を

学校情報化診断システムに登録すると、全国の学校との比較や、既に優良校の認定を受けた学校の申請内容(エビデンス)を参照できる。現在は3170校(2019年度末時点)が登録。

■改訂のポイント
JAET副会長山本朋弘氏

学校情報化認定は、GIGAスクール構想によって整備が進む児童生徒1人1台の情報端末環境に対応してチェックリストの一部項目を更新した。

主な変更点として、児童生徒のICT活用環境の整備に関する項目「レベル2」「レベル3」を大きく変更。

さらにオンライン学習に関する内容や学校Webサイトによる情報公開、保護者との連携等、コロナ禍での対応から発展させ、今後の新しい生活様式に対応した内容に修正している。

教育家庭新聞 教育マルチメディア号 2021年3月1日号掲載

thumbnail
thumbnail

関連記事

  • シスコシステムズ
    Jamf
    アイキューブドシステムズ
  • 教育委員会対象オンラインセミナー 5/20開催
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2021年04月16日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP