• ソフトバンク
  • エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
学校図書館

『目隠し遊びで始める インクルーシブ教育』菊原伸郎/編著 加藤健人/協力

2022年7月4日
BOOK REVIEW

3つの気づき授業に取り入れて

菊原伸郎/編著 加藤健人/協力
大修館書店
四六判 176頁
2090円

感覚器制限付き運動「目隠し遊び」は、視覚障害者サッカーの一つである「ブラインドサッカー」にヒントを得て考案された。①身体の使い方への気づき、②言葉の使い方への気づき、③障害者への気づき、の3つの気づきをもたらす運動だ。授業に取り入れることでインクルーシブ教育につながるだけでなく、普段の生活の中のコミュニケーションの取り方にも生かすことができる。

アイマスクなどを使って視覚情報を遮断した仲間と、二人一組やグループを作って行う。「目隠しウォーキング」等のウォーミングアップ、「だるまさんが転んだ」「目隠しボーリング」等のゲーム、ボディバランス等のトレーニングも写真や動画で丁寧に解説する。楽しんで運動することが様々な“違い”について考えるきっかけとなり、多様性のある社会に欠かせないニュートラルな心を育み、生きていくために必要な力を育んでいく。

インクルーシブ教育や特別支援教育について解説。7種類の障害者サッカーの紹介、インタビュー「障害を持つ子どもとスポーツ」等も収録。

教育家庭新聞 教育マルチメディア号 2022年7月4日号掲載

関連記事

  • アイキューブドシステムズ
    フィンランドの英語教科書
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2022年08月01日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP