• 文教向けOS搭載タブレットPCの検証校・教委を募集
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
  • 都道府県別教育旅行リンク集
最新ニュース

パナソニック教育財団の実践研究助成 今年度の応募要項が間もなく公開

2019年10月30日

パナソニック教育財団は、子どもたちの「生きる力」を育むため、ICTを効果的に活用して学校現場の教育課題の改善に取り組む実践的研究を応援するための助成を行っています。1年間の研究に対して50万円の助成をする「一般」と、2年間で150万円を助成する「特別研究指定校」の2種類があり、2020年度(第46回)の実践研究助成の募集が始まります。

 

応募期間は2019122日(月)より2020115日(水)17時までとなっています。またパナソニック教育財団のホームページで、2019111日より応募要項が公開され、また応募に先行して必要な事前登録も行えます。事前登録を済ませ、11月25(月)までに申請書を提出した学校(団体)に対して、当該申請の選考に直接関わらない財団の専門委員が、提出された申請書に対してのアドバイスコメントを先着20校(団体)に送ります。これを参考にして、応募する学校や団体は申請書を期間中に再度提出することができます。このアドバイスを受けたことが、選考に直接影響することはありません。

 

一般助成では、さまざまなICTを効果的に活用して、学校の教育課題改善に取り組む、実践的研究を助成し、その研究成果について広く公開します。助成件数は6070件程度です。特別研究指定校では、多くの学校が抱える普遍的な教育課題の改善に対し、全校体制で取り組み、他校のモデルケースとなり得るような実践的研究を助成し、その研究成果・実践のプロセス等について広く公開します。また助成期間中、財団が指名する大学の研究者による訪問アドバイスを計6回実施します。助成件数は35件程度です。

 

助成金によって、タブレットPCやデジタル教科書など、ICT環境を充実させることができます。また、ICT先進校の視察なども可能で、行内研究をより活性化することができます。贈呈式においてはグループディスカッションや情報交流会を行い、助成校間の交流を促進し、研究内容がより深まるようにしています。これから本格的にICTを取り入れる学校にとって、検討する価値のある制度ではないでしょうか。

 

2020年度 実践研究助成111日(金)より事前登録受付スタート!

  • イーキューブスクール勤怠管理システム
    イーキューブスクール勤怠管理システム
  • 文教向けOS搭載タブレットPCの検証校・教委を募集
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
  • 都道府県別教育旅行リンク集
最新号見本2019年11月19日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP