• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

酒井京子講演会「田畑精一さんとの絵本づくり」~ちひろ美術館・東京 4/25 オンライン開催

2021年4月2日

ちひろ美術館・東京は、田畑精一展の開催を記念して、『おしいれのぼうけん』を編集した酒井京子氏による講演会「田畑精一さんとの絵本づくり」を4月25日(日)、オンラインで開催する。


■三位一体での絵本づくりとは

ちひろ美術館 初のオンライン講演会となる、酒井京子講演会「田畑精一さんとの絵本づくり」では、古田足日氏、田畑精一氏との三位一体での絵本づくりや、田畑作品の魅力について語られる。

 


<酒井京子講演会「田畑精一さんとの絵本づくり」概要>

開催日時:2021425() 15:0016:30

開催形態:Zoomによるオンライン

講師:酒井京子氏(童心社 会長)

定員:70

参加費:700

申し込み:以下のPeatixサイトから申し込む

 


<講師プロフィール>

酒井京子(さかい きょうこ)

1946年千葉県に生まれる。1968年、株式会社童心社に入社。編集部に配属される。以後、紙芝居と図書の編集に携わる。初めて担当した本は『宮沢賢治・花の童話集』(いわさきちひろ・画)。『おしいれのぼうけん』、「14ひきのシリーズ」(いわむらかずお・作)、『びゅんびゅんごまがまわったら』(宮川ひろ・作/林明子・絵)、『にちよういち』(西村繁男・作)、『えのすきなねこさん』(西巻茅子・作)などの絵本を手がける。 取締役編集長をへて、1998年代表取締役社長に就任、現在は会長。また、紙芝居の普及にも力を注ぎ、「紙芝居文化の会」の代表も務めている。

 


<没後1年 田畑精一『おしいれのぼうけん』展>

同時開催 ちひろ・子どもは未来

2021年316()613() 開催中

1974年に刊行された『おしいれのぼうけん』は、子供たちの絶大な人気を集め、232万部を超すミリオンセラーとなっている。本展では昨年89歳で亡くなった絵本画家・田畑精一の画業を偲び、『おしいれのぼうけん』の原画を展示するとともに、作家と画家と編集者が三位一体となった絵本づくりを紹介し、世代を超えて読み継がれる作品の魅力を解き明かす。

 

ちひろ美術館・東京


  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年05月02日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP