• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

理化学研究所と国立情報学研究所が相互の研究開発能力と人材を活かした連携・協力に関する協定を締結

2021年4月14日

理化学研究所(理研)と情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII)は、相互の研究開発能力と人材を活かした連携・協力に関する協定を2021年4月13日(火)に締結した。

協定締結式の様子


■我が国の学術情報基盤構築の推進に寄与

現代の科学では、ビッグデータやIoTAIといった分野に限らず、あらゆる研究分野においてデータを扱う機会が増えている。そのデータをできるだけ公開し、広く社会と共有することで、効率的な科学の発展を目指す「オープンサイエンス」が世界的に注目されている。本協定は、理研とNIIが相互の研究開発能力と人材を活かして連携・協力することにより、我が国の学術情報基盤構築の推進に寄与することが目的となる。

 


<連携内容>

①データプラットフォームの開発および運用、オープンサイエンスの推進、

データ駆動型研究の推進、ならびに情報学に関わる共同研究等の研究協力

に関わる地域連携や国際連携の相互支援

に関わる人材交流や人材育成の促進

に関わる研究施設及び設備の相互利用

⑤その他本協定の目的を達成するために両機関が必要と認める事項

 


■NIIが構築してきた共通基盤を理研が実際の研究活動で活用

今後、理研とNIIはオープンサイエンスの推進に向けた戦略的組織間連携のベストプラクティスを、本協定・協力の中で培っていく。NIIが構築してきた共通基盤を、理研が実際の研究活動で活用し、研究現場からのフィードバックを受け、共同で基盤の拡充や運用の改善を進めていく。

 


■研究成果の社会還元に向けて協力

こうした取組が、多くの研究分野や研究機関のモデルとなり、日本全体の研究環境の改善と研究力の強化に繋がることが期待される。また、より広範な領域においても、双方の特長を生かし、研究施設・設備の相互利用等による研究者の交流の活性化を図るとともに、イベントへの参加等による研究成果の社会還元に向けた相互協力を進めていく。

 


<有効期間>

締結日から5年間

期間満了に際し、両機関の合意に基づいて延長できる。

 

理化学研究所

国立情報学研究所


  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年05月02日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP