• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

データサイエンティストの育成にKaggleのプラットフォームを活用~スペクトラム・テクノロジー

2021年11月8日

スペクトラム・テクノロジーは、AI人材の中でもデータサイエンティストの育成が急務とされる中、Kaggleのプラットフォームを使った方法を提案する。


■AI人材の中でも急務とされるデータサイエンティストを育成

内閣府のAI戦略によると、AI人材育成目標として2025年までに25万人/年がAI応用力を習得することが目指される。そうした中、スペクトラム・テクノロジーはAI人材の中でもデータサイエンティスト育成が急務として、Kaggle(カゲル)のプラットフォームを使った方法を提案する。

 


■データ分析家がKaggleで最適モデルを競い合う

Kaggle(カグル)は企業や研究者がデータを投稿し、世界中の統計家やデータ分析家がその最適モデルを競い合う、予測モデリング及び分析手法関連プラットフォーム。10万ドルなどの賞金が設定されており、世界のAI技術者が課題解決を提案する。

 


■Kaggleの日本語のマニュアルを無償で提供

またPythonMLの基礎学習、他の人のプログラムも参照可能。今回、その使用方法を最新版(202111月)として日本語のマニュアルで無償提供を開始する。

 


<特徴>


①日本語マニュアルで安心

設定方法からNotebook作成方法、事例まで日本語で解説され、安心して利用できる。

 


②事例を提供

Mnist、タイタニックのデータを使ったCNN,linearモデル事例が提供され、基礎を学習することができる。

 


③企業側の出展も解説

コンペに出展するための企業側の作成方法なども解説している。

 


④無償で提供

AI技術者の育成のために、マニュアルを無償で提供する。

 


<提供プログラム>


①Code作成方法

Jupyter notebookに類似したnotebookの作成方法などを詳しく解説。data追加、公開方法なども説明。

 


②コンペ作成、利用方法

企業から提供されたコンペの課題への取り組み方法を解説。また、企業側の課題設定方法についても解説している。

 


③学習コース紹介

PythonMLなどの基礎を学習できるコースと利用方法について紹介している。

 

はじめてのAIプログラム学習キット5 Kaggle

  • フィンランド教科書

  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年06月14日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP