• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

学習eポータル+AI型教材「Qubena」Ddrive社の自治体独自データ利活用基盤と連携

2022年11月10日

COMPASSは11月8日、学習eポータル+AI型教材「Qubena」を、Google for EducationのスペシャリストカンパニーであるDdriveが構築する自治体独自データ利活用基盤へ連携させると発表した。これにより、学校が蓄積したQubenaの学習データとさまざまな教育データを統合し分析することが可能となる。

 

 

Ddriveは自治体向けに自治体独自のデータ利活用基盤を構築しており、これにより校務・教務システムや、学習管理システム(LMS)、デジタル教材などの学習ツール、アンケートやテストなどの既に学校にあるさまざまな教育データを統合して、分析・可視化を可能にしている。

今回、QubenaとDdriveが構築する自治体独自データ利活用基盤との連携により、自治体や学校がQubenaの学習データを蓄積し、独自の分析を行うことができるようになるだけでなく、他のさまざまな教育データとの掛け合わせによる分析とそれに基づく施策の実行が可能となる。

■Qubenaの学習データと他の教育データと掛け合わせた利用例

子どもたちの様子を教員が把握し、いじめや不登校を未然に防止することなどを目的として、Ddriveが開発したアプリケーション「きもちメーター」とデータ連携をし、生徒の心身の健康状態と、Qubena等での学習の取り組み状況をあわせて可視化することで、生徒の異変に早期に気付くための客観的物差しを増やす。

 

Ddriveが開発する「きもちメーター」の画面例

 

■11/12イベントでQubena学習データと連携したデータ利活用についての講演も

11月12日(土)にGoogle for Educationから新たに発表される、教育現場でのDXを推進するための「教育DXパッケージ」について、同リリース発表会においてGoogle for Educationの教育DXパッケージプログラム提供パートナーでもあるDdrive社が登壇し、Qubenaの学習データと連携したデータ利活用事例について講演する。

 

<イベント概要>

Google for Education 教育DXパッケージ発表会
〜ポストGIGAで実現する一歩先のICT活用のために〜

「Google for Education 教育DXパッケージ発表会」では、Google Workspace for Educationの機能を最大限活用し、教育データの利活用や、校務でのゼロトラストの実装を実現するなど、教育現場での DXを推進するためのパッケージソリューションを紹介する。また当日は、すでに一歩目を踏み出し変革を起こしている奈良県立教育研究所・大子町教育委員会が登壇し、自治体がどのように変革を起こせるか等の事例を講演。最後のセッションではGoogle for Educationで教育DXを実践するための技術ガイドラインをご説明した後、今後増えていくアプリやソリューションなどをどのように整理して整備を進めるべきか等も紹介する。

日 時 11月12日(土)13:00〜14:25

形 式 YouTube配信 ※当日参加できなくても、申し込みをすればアーカイブ視聴が可能

参加費 無料(事前登録制)

◆参加申込はこちらから

 

学習eポータル+AI型教材「Qubena」

株式会社COMPASS

Ddrive株式会社


  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年02月19日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP