• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

2024年度「女子枠」入試、19大学中12校が定員以上 工学部女子学生比率向上した大学も

2024年3月11日

公財・山田進太郎D&I財団は3月7日、理工系学部における「女子枠」入試を実施している24大学を対象に行った実態調査の結果を公表した。

2023年度入試から急速に拡大している理工系学部における「女子枠」制度について、社会的な関心が高まっている。「女子枠」導入にあたって、優秀な女子学生の獲得や学部のジェンダーバランス改善、学生の多様性促進が期待される一方で、「逆差別」や「女子枠のスティグマ化(特定の人や集団に向けられる否定的なラベリングやステレオタイプ)」などの課題も浮上している。

このような課題を正確に把握し、解決に向けた対策を講じるためには、女子枠入試に関する客観的なデータやフィードバックが不可欠。本調査は、「女子枠」入試が大学教育にもたらす影響を包括的かつ客観的に捉え、それを社会に正しく伝えることを目的としている。

調査項目は「女子枠」導入の背景や目的、効果に加えて、導入時期、応募状況、期待された効果と実現度などに焦点を当てた。また、一部の「女子枠」導入大学に対して、その具体的な取り組みや結果について聞き取り調査を実施した。

 

 

 

■「女子枠」入試の導入時期は2023年度入試以降が9割弱、まだ黎明期

2020年度以前に「女子枠」入試を導入した大学は3校(12.5%)、2023年度以降に導入したのは21校(87.5%)。「女子枠」制度への関心が急速に高まっていることを示した。

 

<「女子枠」の導入時期>

 

 

■ジェンダーバランス改善や多様性に期待、ハード/ソフト面整備は副次的な効果として期待

女子枠導入の目的として優秀な女子学生獲得や学部のジェンダーバランス改善、学生の多様性促進が8割以上を占めた。女子学生向けのハード/ソフト面の整備は33.3%となり、副次的な効果としての期待にとどまった。

 

<導入する際に期待していた効果>

 

 

■応募状況について19大学中12校が定員と同数あるいは上回ったと回答(非公開等の5大学を除外)

2024年度「女子枠」入試では19大学中12校が定員を上回ったか同数、定員を下回った大学はすべて初導入の大学で、高校等への周知不足などの広報面が課題。

 

<2024年度女子枠入試の応募状況について>

 

 

 

■20年度入試以前導入大学では女子学生比率の向上に寄与、23年度以降入試でも一部成果

20年度以前の導入校では工学部女子学生比率が8年で10%から15%に向上した大学も。23年度以降の一部大学も優秀な女子学生獲得に成功し、「女子枠」拡充を計画。

 

<具体的な変化や成果についての所感>

 

 

■偏見や逆差別との指摘への対応は必須、認知獲得のための広報活動や、入学後のサポート充実などが課題に

導入大学の半数以上が否定的な意見が寄せられたと回答し、逆差別やスティグマ化防止のために社会への説明が必要。導入初期段階の大学は認知不足や志願者不足に対処するための広報に課題。入学後のフォローアップでは物理等の補講や施設整備も課題に。

 

<女子枠入試に関して、どんな改善点や課題があると考えているか>

▶︎本調査の完全版はこちら

 

【調査の概要】

調査対象:理工系学部で「女子枠」を導入している全国の大学

回答した大学(五十音順):

愛知工科大学 / 大分大学 / 大阪工業大学 / 神奈川工科大学 / 金沢大学 / 北見工業大学 / 熊本大学 / 高知工科大学 / 山陽小野田市立山口東京理科大学 / 芝浦工業大学 / 島根大学 / 大同大学 / 電気通信大学 / 東京工業大学 / 東京理科大学 / 東北工業大学 / 富山大学 / 名古屋大学 / 新潟工科大学 / 人間環境大学 / 兵庫県立大学(工学部) / 福井工業大学 / 山梨大学 / 宮崎大学(合計24大学)

調査方法:インターネット調査と郵送調査の併用、一部大学への聞き取り調査

調査時期:2024年1月4日〜2月8日(聞き取り調査は2月29日まで)

 

 

公益財団法人山田進太郎D&I財団

最新セミナー情報

  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年04月15日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP