• ゼッタリンクス
  • アイテス
  • 教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
学校施設

小6半数が「視力1.0未満」 実態調査し対策検討を~文科省

2021年8月16日

先ごろ文部科学省が公表した「令和2年度学校保健統計調査」の健康状態調査では、裸眼視力「1・0未満」の割合が、小学1年年生は4人に1人(24・22%)、6年生では約半数(49・47%)にのぼり、小・中・高等学校のいずれの段階でも過去最高を記録した昨年度に続き、視力の低下傾向に歯止めがかからない現状が明らかになった。

令和2年度学校保健統計調査から

新型コロナウイルス感染症拡大のため、例年の調査時期を変更拡大して令和2年度中の調査となった今回は、時期が異なるため過去との単純な比較はできない。

裸眼視力「10未満」の子供の割合について、前回調査では幼稚園平均2606%、小学校3457%、中学校5747%、高等学校6764%だったが、今回は幼稚園が2790%、小学校3752%、中学校5829%、高等学校6317%。高等学校でわずかに下回った以外には、幼稚園から中学校までの全校種で昨年を超えていた。

一方で「むし歯(う歯)」の割合は、1980年前後をピークに、昨年度までは全学校種が減少傾向で推移してきた。今回調査結果は幼稚園3034%(前回3116%)、小学校4021%(4482)、中学校3216%(3400)、高等学校4166%(4368)で、いずれの学校種も下回っている。

年齢別に「むし歯」の被患率をみると、5歳から8歳にかけて上昇し、ピークの8歳では4751%だった。その後は減少に転じ12歳で2944%が最少。それ以降、徐々に増加する傾向にある。8歳から12歳までの間で減少する理由は、乳歯から生え変わり時期であることの影響とみられる。

また、顕著に減少しているのが「鼻・副鼻腔疾患」で、全学校種が前回調査を下回った。幼稚園は238%(前回321%)、小学校1102%(1181)、中学校1021(1210)、高等学校688(992)という結果だった。小学校全年齢を通じて10%以上にのぼり、9歳が1173%で最も高くなっている。

裸眼視力「10未満」の被患者の割合が、ほぼ年齢が高くなるにつれて増加する傾向について文科省は、全国の小中学生を対象に近視実態調査を実施している。生活習慣との関係等、視力悪化の詳細(近視、遠視、乱視)を明らかにし、視力低下の予防に必要な対策を講じるとしている。

教育家庭新聞 健康・環境・体験学習号 2021年8月16日号掲載

thumbnail
thumbnail

関連記事

  • NTTコミュニケーションズ
    アイキューブドシステムズ
  • 教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2021年09月17日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP