• ジュニア英語名作ライブラリー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 都道府県教育旅行リンク集
教育ICT

活用・定着するほど導入の効果が上がる<大阪市教育委員会事務局・山本圭作課長代理>

2018年5月7日
第48回教育委員会対象セミナー・金沢

3月24日、金沢市の金沢商工会議所で第48回教育委員会対象セミナーが開催された。5人の講師による講演の内容を紹介する。次回の第49回教育委員会対象セミナーは、7月5日に東京都墨田区のKFCホールで開催される。

月1回の運用定例会でPDCA

大阪市教育委員会事務局・山本圭作課長代理

大阪市教育委員会事務局・山本圭作課長代理

大阪市教育委員会学校経営管理センター(講演時)の山本圭作氏は統合校務支援システムの効果等について報告。

市では平成23年度から校務支援ICT事業の検討。アンケートと現場実態調査の結果、学校ではPC不足、機種の古さによるICT化の遅れ、セキュリティ不足等の課題が連鎖して問題が複雑・深刻化している実態が明らかになった。

24年度に校務用ネットワークを構築して教員1人1台PCを整備、25年度にはグループウェア・コミュニケーションサービスを全校で稼働した。システム調達に当たっては、より良いものを安く調達するために、総合評価一般競争入札を実施した。勤務情報システムも導入した。

導入前には事業の周知を図るために、校長・教頭約千人に事業説明をした。その際に学校には校務支援システム担当者(CIO)の設置をお願いした。校内でのシステム活用促進のリーダーで、年度当初の校務分掌や学年等のメンバー登録の設定や管理職が行うシステム操作を支援する。情報セキュリティ担当者としての役割もあり責任者を補佐する。新任のCIOには毎年研修を行っている。

初年度の削減効果は担任で年168時間

25年度には31校で校務支援システムの試験運用を開始。事業目標を教育の質の向上、保護者・地域への情報発信の促進、教員のICTリテラシーの向上と情報セキュリティの強化とし、重要業績評価指標(KPI)として、教員1人当たり年間100時間の校務時間の削減を掲げた。システムの活用で職員朝礼や職員会議の回数を減らしたり、会議時間を短縮したりした。成績処理ではこれまで教員が手書きで転記し、書き直しやミスがあったが、システムの活用で一度入力すれば転記作業はなく、マスターデータを修正すれば関係するシステム全てに反映される運用を徹底して大幅に作業を軽減できた。校務データは専用クラウドで管理、遠隔地での保管も実施。アンケート調査(試験導入校528名)によると、教頭1人当たり年間136・3時間、クラス担任1人当たり年間168・1時間の削減効果があった。

月1回事業者と運用定例会を開催し、PDCAサイクルを回して学校の声を反映させながらサービス内容の改善を図っている。28年度までの校務支援サービスの定着度を見ると、校長は41か月連続で100%利用、教員は運用開始から半年ほどで100%利用になった。システムの機能の利用状況を見ると、当初は月10万回程度の利用だったが、成績処理などでは月128万回と大きく増加した。運用2年目に実施した全校アンケートでは、連絡掲示板の活用で職員朝礼を減らせた、通知表作成での評価基準の統一や誤字チェックの精度向上等で高評価を得た。教員のリテラシー向上や利用シーン拡大等により26年度は教頭1人当たり年間229・8時間、クラス担任1人当たり年間224・1時間の削減となった。

テレワーク導入の理由は持ち帰り仕事時のセキュリティ強化とワークライフバランスの実現。自宅PCで安心して活用できるように仮想シンクライアント化。情報漏えい防止からハードディスク・外部インターネット・外部デバイス・印刷等は行えないが、学校PCと同じ環境を実現した。コールセンターでは24時間体制で対応、リモートサポート等サポートサービスも豊富に用意。外部委託により保守サービスコストを大幅に削減した。

市は29年度から31年度にかけて文部科学省の「次世代学校支援モデル構築事業」に取り組んでいる。校務支援データと学習系のデータを連携し、ダッシュボードで「先生ボード」「児童生徒ボード」「管理職ボード」として教育情報を提供する実証を行う。安心安全な学校、子供の学習の質の向上と変化をいち早く見抜いて指導を行う体制づくり、権限に応じた有益な情報の提供等を目指している。

【講師】大阪市教育委員会事務局・山本圭作課長代理

 

【第48回教育委員会対象セミナー・金沢:2018年3月24日

教育家庭新聞 教育マルチメディア号 2018年5月7日号掲載

  1. 國學院大學・田村学教授
  2. 加賀市教育委員会学校指導課・可部谷孝嗣指導主事
  3. 大阪市教育委員会事務局・山本圭作課長代理
  4. 富山県立砺波高等学校・東海直樹教諭
  5. 星稜中学高等学校・濱野加代子教諭

関連記事

  • イーキューブスクール勤怠管理システム
    イーキューブスクール勤怠管理システム
  • ジュニア英語名作ライブラリー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 都道府県教育旅行リンク集
最新号見本2019年05月13日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP