• ゼッタリンクス
  • EDIX東京
  • 教育委員会対象オンラインセミナー 5/20開催
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
教育ICT

電子書籍読み放題で1人1台端末の活用度を上げる【ポプラ社】

2021年5月3日
EDIX特集

朝読や家庭で

読書や探究体験を提供
MottoSokka!

閲覧履歴が自分専用の本棚に並ぶ

閲覧履歴が自分専用の本棚に並ぶ

多くの児童書を出版しているポプラ社(東京都)は新規事業「こどもっとラボ」を立ち上げ、教育ICT分野に本格参入する。「GIGA端末の活用度を上げたい」「持ち帰り学習を教育委員会から依頼されているが頻繁にコンテンツを制作できない」「安心して調べ学習に取り組むことができるコンテンツがほしい」等の課題を解決するものが小・中学校向け本と学びのコンテンツ「MottoSokka!(もっとそっか!)」だ。読書体験や探究体験を通じて、好奇心から始まる自発的な学びの循環の創出を目指す。

電子書籍で読書体験
Yomokka!

読書を楽しむ仕掛けも用意

その第一弾が、小・中学生向け電子書籍読み放題サービス「Yomokka!(よもっか!)」だ。

端末とネットワークがあれば、いつでもどこでも電子書籍を読み放題。学校の朝読書で、昼休みに、家庭でも活用できる。

電子書籍なので、同じ書籍を皆が同時に読むことができ、授業で並行読書ができる。現在約450作品程度が閲覧可能。2021年度中には約1000作品の掲載を予定している。

本を読んだ感想を書き込んで友達と共有できる機能、ガチャをまわして新しい本と出会う仕掛け「きょうの1さつ」、読んだ本の履歴を残すことができる「自分の本だな」など、「本」を楽しめる工夫を盛り込んだ。

契約主体は教育委員会もしくは学校。個人購入はできない。

2021年度は無償で提供する

2021年度はトライアルとして、無料でID提供を予定。7月から20223月末まで、小学校を対象に「Yomokka!」の学校向けサービスを開始。中学校対象のサービスは秋から開始する予定だ。

無料期間に提供するのは、ポプラ社発行の児童書。有料化は20224月から。

安心して調べ学習を
Sagasokka!

20224月に提供開始を予定している「Sagasokka!(さがそっか!)」は、15年以上の実績がある同社のインターネット百科事典「ポプラディアネット」の後継サービスだ。良質で確かな情報提供により、安心して調べ学習ができる。

動画やゲームなどを使って学びの世界を広げるデジタルコンテンツも搭載予定。

デモID申し込み
ブースで受付

ポプラ社ではEDIX(東京、関西)NewEducationExpoに出展する。出展ブースでは「Yomokka!」デモIDの申し込みを受け付ける。

離島を含む小規模自治体向けに、GIGAスクール端末へのMottoSokka!導入支援キャンペーンも用意する。詳細・問合せ=https://mottosokka.jp/lp

教育家庭新聞 教育マルチメディア号 2021年5月3日号掲載

EDIX特集トップページへ

thumbnail
thumbnail

関連記事

  • シスコシステムズ
    Jamf
    アイキューブドシステムズ
  • 教育委員会対象オンラインセミナー 5/20開催
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2021年05月07日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP