• アイテス
  • 教育委員会対象セミナー東京開催
  • 教育委員会対象セミナー松山開催
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
学校図書館

『イギリス発! ベル先生のコロナ500日戦争』遠藤野ゆり/編著 セネック アンドリュー、川﨑徳子、 大塚類、佐藤桃子/著

2022年4月4日
BOOK REVIEW

「学校を閉鎖」に応じられない中で

遠藤野ゆり/編著
セネック アンドリュー、川﨑徳子、
大塚類、佐藤桃子/著
明石書店
四六判 196頁 1870円

イギリスは新型コロナウイルスの感染拡大の進行が最も早い国の1つであり、教育への影響も大きかった。一斉休校となったのは2020年3月20日。イギリス政府は学校に対して多くの指示を出した。ヴァネラブル(貧困、障害、家庭環境など何等かの援助が必要)な子供や、エッセンシャルワーカーの子供たちを登校させる、フリースクールミール(給食無料)の子供たちに食事を届ける、学びを止めてはいけない。そして、誰がどの様にそれを行うのかの一切は、学校長に一任されていた。日本と異なる仕組みで動いている公立学校は、日本とは違う形でコロナ問題と格闘することになったのだ。

本書の舞台となったレイクウッド小学校は、移民系が多い土地柄、英語力が十分でない子供たちが多い。貧困が深刻な地域でもある。「コロナだから学校を閉鎖」に応じられない緊急の子供たちを多く抱える中、学校は何をどのように決定し、実行したのか。ロックダウン下、バブル方式の学校…と時系列で追いながら、ベル校長先生と学校の奮闘を描く。

教育家庭新聞 教育マルチメディア 2022年4月4日号掲載

関連記事

  • アイキューブドシステムズ
    フィンランドの英語教科書
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2022年06月17日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP