• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
図書館

『SDGsの原点 「地球憲章」を考える』地球憲章日本委員会 (代表 広中和歌子)/編著

2023年1月6日
BOOK REVIEW

制定の背景と新たな役割

地球憲章日本委員会(代表 広中和歌子)/編著 三省堂書店/創英社 四六判 300頁 1980円

地球憲章日本委員会
(代表 広中和歌子)/編著
三省堂書店/創英社
四六判 300頁
1980円

2000年に制定された「地球憲章」の出発点をたどると、1987年、日本政府が設置を提唱し資金支援した「国連環境と開発に関する世界委員会」(ブルントラント委員会)までさかのぼる。東京での最終会合で発表した「われら共有の未来」の中の提言から始まり、その後、法的原則だけでなく、人間や社会の倫理的原則も盛り込んだ「地球市民の憲章」として「地球憲章」が制定され、教育・人づくり、地域・自治体、企業活動などの分野で大きな役割を果たしていく。2005年からは「国連持続可能な開発に関する教育(ESD)の10年」が世界的に展開されていった。

「地球憲章」の起草・制定・普及には、ワンガリ・マータイ氏、旧ソ連のゴルバチョフ元大統領、リオの地球サミットで事務局長を務めたモーリス・ストロング氏、本書の著者の一人でもある広中氏らが関わった。本書では「地球憲章」の源流である「地球サミット」など、制定の背景をひも解きながら、「地球憲章」とSDGsの関わり、「地球憲章」の新たな役割について解説している。

教育家庭新聞 新春特別号 2023年1月1日号掲載


  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年02月19日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP