• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

中高生のアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2022」、丸井グループとライフイズテックが共同開催 新部門も設置

2022年7月11日

全国の中学生・高校生を対象にしたアプリ・Webサービスの開発コンテスト「アプリ甲子園2022」を、丸井グループとライフイズテックは共同で開催。作品および企画のエントリーを9月4日(日)まで受け付けている。


■中高生が開発したスマートフォン向けアプリ・Webアプリを募集

「アプリ甲子園」は次世代を担う若手クリエーターの発掘と健全な育成支援を目的として、2011年より開催しているコンテスト。「君のクリエイティブを世界に解き放つ」をテーマに、全国の中高生が開発したスマートフォン向けアプリ・Webアプリを広く募集し、企画力と技術力の観点から優秀な作品を選出・表彰する。

 


■企業の課題を解決するアイデアを提案する「アイデア部門」を新設

今年はこれまでの「開発部門」に加え、協賛企業から提示された課題をテクノロジーの力で解決するための、イノベーティブなアイデアを企画・提案する「アイデア部門」を創設。決勝大会では「開発部門」で選出された中高生が一堂に会して、公開プレゼンテーションを行う。

 


<「アプリ甲子園2022」応募概要>


【開発部門】

応募資格:生年月日が200442日以降の人 ※グループでの応募も可能

選考対象:

iPhoneiPod TouchiPadなどのiOS用アプリ・Android OS用アプリ

Webブラウザ(PC・スマートフォン)上で動作するWebサービス

スマートフォンアプリの場合:

・原則、App StoreGoogle Playなど、マーケットに始めにリリースした日が20219月〜現在までのものとなる。リリース前でも応募可能。

iPhoneiOS14.3以上、AndroidAndroid12.0以上で動作するように制作。審査の際はAndroid12.0以上の端末を使用する。

・「アプリ甲子園」に一度エントリーした作品は再度応募できない。

Webサービスの場合:

・原則、Webブラウザ(Google ChromeFirefoxなど)上で動作するWebサービス。

・審査の際は、PC・スマホ版ともにGoogle Chromeを使用。

・審査の際にどちらかで審査してほしいかを指定することができる。

作品テーマ:自由。テーマがある方がつくりやすい人は「学校で役に立つもの」「みんなの元気が出る」をヒントに制作。

審査基準:UI/UXデザイン、企画力(独創性・新規性、消費者支持度)、技術力(実装力、技術チャレンジ)

審査員:  

齋藤精一氏 パノラマティクス主宰

田中里沙氏 事業構想大学院大学学長/宣伝会議取締役

千代田まどか氏 外資系IT企業/Cloud Developer Advocate 

中澤仁氏 慶應義塾大学環境情報学部教授、博士(政策・メディア)

鷲崎弘宜氏 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長・教授

竹内秀行氏 イエソド代表取締役 / 株式会社UB Ventures テクノロジーパートナー

 


【アイデア部門】

応募資格:生年月日が200442日以降の人 ※グループでの応募も可能

選考対象:各協賛企業から提案された課題をテクノロジーの力を使って解決するアイデアの企画書

審査基準:貢献性、新規性

審査員:各協賛企業

提出形式:

・スライドの提出は必須。

・かならず、PDF(推奨)もしくはJPEGで提出。それ以外の形式で提出された場合、審査ができない可能性がある。

・プレゼンテーション動画(mp4/mov)の提出も可能(12分まで)

 


<スケジュール>

本エントリー開始:76()

応募締切:94()

決勝大会:1030()

 

アプリ甲子園2022

  • フィンランド教科書

  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年07月02日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP