• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新ニュース

小中学生向け「デジタルワークキャンプ2022 in 錦江町」 8/3~8/5開催

2022年7月24日

鹿児島県錦江町と「TECH PARK」を展開するグルーヴノーツは、小中学生がテクノロジーとものづくりについて学ぶ「デジタルワークキャンプ2022 in 錦江町」を8月3日(水)から5日(金)に開催する。


■2017年から「錦江町 『MIRAI』づくりプロジェクト」を展開

錦江町では深刻化する町の少子高齢化問題を真摯に受け止め、将来の担い手である子供や孫たちに、夢を実現できるフィールドを提供。新たな仕事を生み出しながらコミュニティを支えられる人に成長できる「まち」を目指して、2017年より独自の地方創生総合戦略として「錦江町 『MIRAI』づくりプロジェクト」に取り組んでいる。

 


■プロジェクトの一つの事業としてデジタルワークショップを開催

今回のデジタルワークショップは、「錦江町 『MIRAI』 づくりプロジェクト」のひとつの事業として、最新技術と教育に強みを持つテックパークがコンテンツの企画・開発を行うことで、錦江町とテックパークで共同開催する。

 


■オリジナルの絵柄のルームランタンの制作に挑戦

小学46年生向けの「デジタルファブ(デジタルファブリケーション)」コースでは、プレゼンテーションツールを使ってオリジナルの絵柄をデザインしたデータをもとにルームランタンを制作する。

 


■3Dモデリングソフトを使って錦江町の特産品を制作

中学生向けは「3DCGモデリング」コースとして、3Dモデリングソフトを使って立体的な図形を描き、錦江町の特産品を制作する。また、3Dプリンタを提供するマイクロボード・テクノロジーとクラフトハウスの協力のもと、作品を実際に3Dプリンタで出力する。

 


【錦江町 新田敏郎町長 コメント】

錦江町が目指す将来像の1つが、「なりたいもの、やりたいことがある子どもたちが、夢にチャレンジできる町。そして彼らを本気で応援できる町」。その実現に向けて錦江町の『MIRAI』づくりプロジェクトがあります。2021年に「あなたの『未来』に向けて挑戦したいこと」に関する政策提言アイデアを募集したところ、採択された小学生部門のアイデアの1つとして「少しでもプログラミングを利用しておじいちゃん・おばあちゃんの畑しごとを楽にしたい」があり、事業化いたしました。それが今回のデジタルによるものづくり、デジタルワークキャンプです。

 


<「デジタルワークキャンプ2022 in 錦江町」開催概要>

開催日程:202283()5()23日)

参加対象:錦江町の小学4年生~6年生、中学生

内容:

小学生向け「デジタルファブ」コース

中学生向け「3DCGモデリング」コース

定員:20人程度(応募者多数の場合は抽選)

参加費:子供1 1,000

開催場所:錦江町役場田代支所(鹿児島県肝属郡錦江町田代麓827-1

主催:錦江町まち・ひと・『MIRAI』創生協議会、錦江町教育委員会、グルーヴノーツ(テックパーク)

協力:マイクロボード・テクノロジー、クラフトハウス

 

TECH PARK


  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年05月02日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP