• エレコム
  • アライドテレシス
  • soliton
  • Lentrance

  • 教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
学校施設

テントメーカーが 「鉄ウエイト枠」発売<岸工業>

2020年6月15日
熱中症対策特集

運動会や体育祭等の学校行事ばかりでなく、プール指導等の屋外体育授業やスポーツイベントでの有効な熱中症予防策として、活用機会が年々増えるテント。直射日光や暑熱、風雨から児童生徒を確実に守る耐久性、設置・撤営に関する労力の負担軽減、そして容易に転倒しない頑強な設置ができることは安全対策の基本だ。

テントに関係する安全対策では、張り綱に足を引っかけて転んだり、突風強風にあおられてテントごと転倒したり巻き上げられる等の事故に気を付けたい。

突風のピークは9月

突風の多くは急な気象変化で発生する積乱雲がもたらす竜巻やダウンバースト。気象庁のデータでは1991年から2017年の間で、確認できた竜巻発生件数は458件。月別発生状況は最多の9月をピークに前後の7月から11月までの5か月間に全体の70%が集中。発生時刻は13時から16時の間が最多。夜間より日中・午後に発生する傾向が見られる。運動会や地域の祭り、水泳指導等の屋外行事が多く企画される時期で、午後の盛り上がりから撤収に差し掛かる時刻だけに、気象情報に注意を払うことが肝要だ。

総重量100㎏に

同製品の組み立てイメージ図

同製品の組み立てイメージ図

鉄ウエイト枠の総重量は100㎏

鉄ウエイト枠の総重量は100㎏

学校向け屋形テント「ブルドック® セーフティー」等の岸工業(株)は、ペグの打ち込みができない校庭やコンクリート面でもしっかりテントを固定し、強風でテントが転倒するのを防ぐ「鉄ウエイト枠」(100㎏タイプ)の販売を開始した。移設しやすい組み立て式で、枠だけでも自重は20㎏。さらに1個20㎏のウエイトを4個重ね入れると総重量は100㎏になる。

枠サイズは横280㎜×奥行280㎜×高さ440㎜。パーツは4種類で、分解・組み立てが容易なので収納や移動が簡便。重機や車両が入れない場所でも、台車等で搬入できるので組み立てて使用できる。

新型コロナウイルス感染症対策に取り組む今年の教育現場は、体育授業等は空気がこもりやすい体育館等の室内から校庭等の屋外での活動が求められる。季節を問わず、テントの使用頻度が増えることが予想される今後を見据え、テント使用についての安全対策を見直してはどうだろうか。

▼資料ダウンロード=https://xfs.jp/S8TNh9

問合せ=082・282・1461

教育家庭新聞 健康・環境・体験学習号 2020年6月15日号掲載

thumbnail
thumbnailthumbnail

関連記事

  • Chromebook
    シスコシステムズ
    バッファロー

  • 教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2020年07月30日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP