ジュニア英語名作ライブラリー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
  • 都道府県別教育旅行リンク集
教育ICT

業務改善・セキュリティ確保<エムオーテックス>

2018年3月5日
特集:教育情報セキュリティ

紛失・盗難PCを遠隔で暗号化
発見時に即復旧 多台数の情報端末を一括管理

文部科学省は「平成30年度以降の学校ICT環境整備方針」を通知した。本通知では、すべての小中学校において3クラスにつき1クラス分程度の学習者用情報端末・PCの整備を求めている。

端末数が多くなるほど、効率的な管理や運用が求められる。

IT資産管理システム「LanScope」シリーズを学校や自治体、企業に導入しているエムオーテックス(大阪市・河之口達也代表取締役社長)では、多台数の情報端末・PCを一括管理できる「LanScope An」を提供しており、教育委員会に導入が始まっている。

本製品には、一般的なMDM管理とは異なるメリットがあるという。同社クラウドサービス本部の池田淳本部長に主な機能と最新バージョン3・0の計画を聞いた。

9割以上の継続利用率

情報端末の管理ツールを導入したものの複雑で管理が難しい、サポートが遅いなどの声を聞くことがある。

「LanScope An」は使いやすいインターフェイスで、継続利用率は9割以上。Windows、iOS、Androidに対応。LTE端末も管理できる。

端末の各種情報を確認できる「資産情報管理」では「どの端末にどんなアプリが入っているのか」など最大81項目を一括管理。アプリの許可・不許可・保留などに分類して管理できる。

教育委員会管轄下での学校別、端末の種類別、アプリ別の管理も可能だ。

違反端末の検知や万が一の紛失対策

利用ルールに反した設定変更やアプリ利用、端末操作はアラートで把握。不許可アプリのインストールなどセキュリティリスクのある端末を、危険度に応じたランキング形式で表示して「危険」「注意」に該当した端末情報を管理者にメール通知できる。

端末の現在位置も地図上で一覧表示。各端末の1日の行動は時系列に地図上で確認でき、紛失時や校外活用状況の把握に役立つ。
万が一の紛失時や盗難時には、遠隔で端末画面のロック、データ初期化を実行。ヘルプデスクは無償で提供している。

App Storeの無償アプリや「VPP(Volume Purchase Program)」ストアで購入した無償・有償アプリを管理端末に一括で配信。

端末・PCの未稼働(電源が入っていない状態)日数も把握できるので、活用状況がわかる。

メッセージや自由記述・選択形式のアンケートの一括配信も可能だ。

最新バージョンで暗号化運用を支援

今春リリース予定の最新バージョン3・0では、Windows版の管理機能を強化。Windows10に標準添付されている、ハードディスクの暗号化機能「BitLocker」の運用を支援できるようにした。

文書の暗号化には様々な製品があるが、Windowsの更新スピードに対応できない場合も多く、企業では、Windows10で無償提供される「BitLocker」による暗号化に切り替える動きがある。予算化が難しい教育委員会でも同様の動きが生じそうだ。

「3・0」では、管理画面から「BitLocker」の暗号化によるアクセスロックと48桁の回復キーも管理できるようにした。これにより、紛失・盗難したPCの暗号化でPCの中身を見えないようにしてセキュリティを確保し、見つかった際にはすぐに復旧することができる。

さらに今後は、LanScope Catで提供しているPC管理機能も「An」に追加する準備を進めている。▼詳細=www.lanscope.jp/an/

関連記事

  • イーキューブスクール勤怠管理システム
    イーキューブスクール勤怠管理システム
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
  • 都道府県別教育旅行リンク集
最新号見本2019年08月20日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP