• フィンランドの英語教科書
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
教育ICT

【第54回】ICTキャンパス 崇城大学「新入生が “AIオセロ大会“ “AI活用能力“育む契機に」

2018年7月9日
連載

新入生プログラムの一環として実施

会場の様子。勝敗が決まるたびに、対戦を見守る学生らから歓声があがった

会場の様子。勝敗が決まるたびに、対戦を見守る学生らから歓声があがった

崇城大学は6月7日、「第2回学長杯 AIオセロ大会」を池田キャンパスにおいて開催した。

同大学は工学部、情報学部、薬学部、生物生命学部、芸術学部の5学部10学科を持ち、熊本市に本部を置く。

同学の教育の特色は、専門知識だけでなく、「豊かな人間性」を持つプロフェッショナルになることを目指すことにある。さらに学部にかかわらず、コミュニケーションツールとしての英語力と、情報収集・分析・受発信を主体的に行える情報リテラシー能力の育成に力を入れている。

「AIオセロ大会」は、情報学部情報学科の新入生プログラム「トリプルJ」の一環として行われている。「J」とは情報学部の「ジェイ」だ。同プログラムは、学び合う仲間を作る「新入生育成プログラム」、学部の特色を深く理解する「宿泊研修」、そして今回の「AIオセロイベント」の3つで構成されている。

勝負の行方を決める「戦略ファイル」

 参加対象は、情報学科の1年生167人全員。情報技術に触れながら、新入生同士で協力し合ってゲーム競技に取り組むことで、技術への理解を深め、これからの勉学へのモチベーションアップとすることが主な目的だ。

学生は9~10名ほどのチームを作り、チーム対抗で予選リーグと決勝トーナメントを戦っていく。

上位3チームには賞状のほか、賞品として大学食堂の学食券がプレゼントされた(優勝チームには1人あたり1500円分、2位には同1000円分、3位は同500円分)。

ゲームは、教員が製作した、オセロ盤面の各マスに点数を付け、点数の高いマスから石が打たれていくプログラムを使用して対戦する。

各チームは事前に3週間ほどかけて作成した「戦略ファイル」でゲームに臨んだ。

この戦略ファイルをどのように作るかで強さが決まり、勝負の行方が決まるため、学生たちは戦略ファイルの作成に力を注ぐ。

対戦はコンピューターで自動的に進むため、1ゲームわずか10秒かからないで終了することもある。対戦が始まると、学生たちは大画面に映し出されたオセロ盤面の様子を見守り、一喜一憂。勝負が決まるたびに歓声が上がり、会場は盛り上がりをみせた。

地元メディアからも熱い注目

優勝したチームの学生は「(戦略ファイルの作成には)エクセルを用いて、数字のケースを合わせるなど試行錯誤の連続だった。優勝できて嬉しい」とコメントした。

担当教員の杉浦忠男教授は「最近のはやりでもあるAIをリードするような技術者になってもらいたい」と話し、学生の今後の学習や活躍に期待した。

当日は、くまもと県民テレビ、熊本朝日放送、熊本日日新聞社が取材するなど、地元メディアも注目した。

学生の勉学に対するモチベーション効果

入学したばかりの学生にとって、このオセロ大会は、コンピュータプログラムの面白さを体感できる点で、生涯の思い出になりそうだ。さらに、これから大学で専門分野の勉学を続けていくにあたって、大きなモチベーションとなるに違いない。

大学にとっても、「AI」という今後ますます活用の幅が広まる分野に強い大学という認知を広めることにつながり、大学のブランディング効果も期待できるイベントとなりそうだ。
(蓬田修一)

教育家庭新聞 教育マルチメディア号 2018年7月9日号掲載

ICTキャンパス

関連記事

  • イーキューブスクール勤怠管理システム
    イーキューブスクール勤怠管理システム
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
  • JBKジュニア防災検定
  • 教育旅行特集2019
    都道府県別教育旅行リンク集
最新号見本2020年02月17日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます
教育家庭新聞 Facebookページ
教育家庭新聞 Twitter

PAGE TOP