• アイテス
  • 教育委員会対象セミナー東京開催
  • 教育委員会対象セミナー松山開催
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
学校図書館

『中高生のための哲学入門 ―「大人」になる君へ―』小川仁志/著

2022年4月4日
BOOK REVIEW

考える「道具」でより善く生きる

中高生のための哲学入門

小川仁志/著
ミネルヴァ書房
四六判 204頁
1760円

成人年齢の18歳引き下げを機に、哲学に注目が集まっている。高等学校での「公共」の授業では哲学に触れる機会があり、「総合的な探究の時間」でも扱うことが可能だ。

哲学者の名前や概念を「知識」として覚えるのではなく、「自分のための道具」にして欲しい。著者は、哲学は「考えるための道具」であり、この道具の目的は「より善く生きていくこと」だという。考えることでより善く生き、さらに社会や世界をより善く変えることができる「哲学」について、親しみやすく紹介する入門書。

勉強、いじめ、周りとの付き合い方、家族、恋愛と性、さまざまな悩みについて、哲学者たちはどう考えたのか。哲学対話なども通じて、自分なりの考えを持ち、答えを見つける。自分と社会をどうつなぐのか。哲学はさまざまな視点をもたらしてくれる。

中高生に向けて哲学の持つ力を、また保護者や教員に向けて哲学による可能性を、新科目「公共」への期待を込めて発信する。「公共哲学」の実践の必要性や、山口県の高等学校における探究学習の実践も紹介。

教育家庭新聞 教育マルチメディア 2022年4月4日号掲載

関連記事

  • アイキューブドシステムズ
    フィンランドの英語教科書
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2022年06月17日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP