• ソフトバンク
  • エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
学校図書館

『国境で読み解くヨーロッパ 境界の地理紀行』加賀美雅弘/著

2022年7月4日
BOOK REVIEW

現地ならではの理解と考察

加賀美雅弘/著
朝倉書店
A5判 176頁
3300円

ヨーロッパの国境から、歴史、民族問題、観光、多様性、鉄道などのテーマを掘り下げ、その地誌をひも解く。著者が自ら越えた国境から特徴的なものを選りすぐり、体験と考察をまとめた。

「EUを象徴する国境を訪ねる」では、ドイツ・フランス国境を取り上げ、アルザス人・フランス人・ドイツ人について考える。また、旧東西ドイツ、ドイツ・チェコ国境、北イタリアの言語境界、アウシュヴィッツ、多文化都市ブラティスラヴァ、バルカン半島を取り上げ、コラムも充実。

現地でしから得られない経験や理解は貴重だ。「長い期間にわたってあり続けている国境もあれば、最近になって引かれた国境もある。現場で目にする景観は多岐にわたり、国境の歴史や人々の暮らしについての物語は果てしなく広がる」。豊富な写真と共に考えを深めながら“国境への旅”にいざなわれる。

同じ国境でも、かつて戦場となった場が、EU域内となって通勤や通学で行き来する様子は、ヨーロッパ特有のものだろう。地理・歴史の授業に活かしたい一冊。

教育家庭新聞 教育マルチメディア号 2022年7月4日号掲載

関連記事

  • アイキューブドシステムズ
    フィンランドの英語教科書
  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
  • KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2022年08月01日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP