• StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
年頭挨拶

GIGAスクール構想を次のステージへ<文部科学省初等中等教育局 修学支援・教材課長 山田 哲也>|【省庁 年頭挨拶】

2023年1月27日

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 201912月にGIGAスクール構想が打ち出されてから3年が経ちました。現行学習指導要領では、「情報活用能力」などの資質・能力を育成することを目指していますが、この実装の切り札として登場した「11台端末」の活用により、授業において、今まで主流だった「先生―子供たち」というタテの関係だけでなく「子供同士」というヨコの関係を効果的に進められるようになってきました。これは、同じく現行学習指導要領に掲げられている「主体的・対話的で深い学び」につながるものであり、デジタルを使うことにより、子供たちの学びは確実に変わってきています。

 一方、活用が始まることで課題も出てきており、自治体間・学校間での端末利活用の状況や教員の指導力の格差が拡大していると感じています。

 各学校、各教育委員会の個性は大切にしつつ、「出来るところから」「出来る範囲で」「少しずつでいいので」ICT利活用に関する全体的な底上げを図る必要があります。

 そのため、文部科学省は、GIGAスクール運営支援センターの機能強化、学校DX戦略アドバイザーやICTコーディネーターの措置、及びICT支援員により、GIGAスクール構想を進める自治体・学校の皆さまをトータルでサポートします。

 GIGAスクール構想はまだ道半ばです。この構想を一過性でなく持続可能なものにしていくため、ICT端末の利活用により、こんないいことがあった、あんなメリットがあった、これがないともはや授業が成り立たない、という声を全国の学校現場、教育委員会からどんどん挙げていただきたいと思います。

 そのような声がエンジンとなり、GIGAスクール構想は必ず次のステージに進むと信じています。

 この1~2年が正念場です。産学官の力を結集し、ともに前に進みましょう。

教育家庭新聞 新春特別号 2023年1月1日号掲載


  • StuDX Style
    教育委員会対象セミナー
    KKS 学校教材 学校教材をお求めの方
    JBKジュニア防災検定
  • ブックレビュー
    都道府県別教育旅行リンク集
    おうちミュージアム
最新号見本2024年02月19日更新
最新号見本
新聞購入は1部からネット決済ができます

PAGE TOP